有名な定番&人気の ロングカクテルリスト・一覧|スタンダードなレシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

カクテルには、世界中のどのBARに行って注文しても出てくる定番カクテルが多く存在しています。 もちろんヨーロッパでの定番、日本での定番などはありますが、世界中で飲まれていることは確かです。

定番カクテルと言われるもののほとんどが、誕生した国の文化や歴史に関連していたり、多くの人の支持を得ているものが多く、美味しいだけではなく時代の流れや流行に乗ったものが定番として現在でも飲まれ続けているのです。

今回はそんな定番・有名・人気のロングカクテルを、リスト・一覧形式で紹介いたします!!

※ 画像かタイトルをクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
アイスブレーカー テキーラベース + グレープフルーツジュース ) Recipe no.004

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・19%

独特なテキーラの風味と、特有の酸味を持つグレープフルーツジュース、そこにホワイトキュラソーとグレナデンシロップの甘味が加わり、フルーティーで飲みやすいカクテルです。

アイリッシュ・コーヒーウィスキーベース + コーヒー )   Recipe no.006

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・アイリッシュ
アルコール・・4%

アイリッシュコーヒーの誕生は1942年頃、 考案者は「 ジョー・セリダン 」彼は飛行場のシェフで、搭乗客に提供したのが始まりだそうです。ウィスキーの芳醇な香りと、コーヒーとの相性は抜群で、他にもウィスキーとコーヒーのカクテルは他にも多くある程です。乗客の体を温めるために生まれたこのカクテル。 寒い冬に仕事から帰ってこのカクテルはおすすめです。

エッグノックブランデーベース + ミルク )   Recipe no.007
  • ブランデー・・・・・・・・30ml
  • ダークラム・・・・・・・・15ml
  • シュガーシロップ・・・・・15ml
  • 卵黄・・・・・・・・・・・1個
  • 牛乳・・・・・・・・・・・Full
  • ナツメグ

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・6%

古くからアメリカ南部でクリスマスドリンクとして飲まれているカクテルです。ブランデーの香り、卵黄のコク、ミルクの甘味などが合わさり、とてもおいしいです。毎日ゴクゴク飲めるカクテルではありませんが、冬にホットタイプにして飲むのがおすすめです。

[ スポンサーリンク ]

アスターレモネードノンアルコール + ソーダ )   Recipe no.011
  • レモンジュース・・・・・・20ml
  • ライムジュース・・・・・・20ml
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • グレナデンシロップ・・・・15ml

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・0%

カクテルでよく使うレモンジュースとライムジュースを使います。 酸味の強いものをベースに炭酸で割り、グレナデンシロップの甘味を加えます。 さっぱりとしたノンアルコールカクテルで、見た目も赤のグラデーションがとてもキレイなエードスタイルのカクテルです。

オレンジ・フィズジンベース + ソーダ )   Recipe no.012
  • ドライジン・・・・・・・・45ml
  • オレンジジュース・・・・・30ml
  • レモンジュース・・・・・・15ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • オレンジカット

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・9%

ジン・フィズにオレンジジュースを加えたカクテルレシピです。サッパリとした柑橘系の酸味と甘味に、ソーダの爽快感がゴクゴク飲めてしまうカクテルです。「 フィズスタイル 」のカクテルは、多くありますが、その中でも飲みやすさは抜群で、お酒が苦手な方でもゴクゴク飲めるのではないのでしょうか。

イスラ・デ・ピノスラムベース + グレープフルーツジュース )   Recipe no.014

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・16%

1970年代にトロピカルカクテルが多く日本に上陸した際に、イスラ・デ・ピノスも日本に広く伝わりました。 現在では数ある代表的なトロピカルカクテルの中の一つです。アルコールが高いように思われますが、クラッシュ・ド・アイスは普通の氷よりも溶けやすいので、すぐにアルコール度数は下がります。トロピカルカクテルの特徴である甘く酸味が強いカクテルです。 酸味が強すぎる方は、グレナデンシロップを10ml程足してみても美味しいです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ スピリッツ|ドライジン ~

世界中で飲まれている定番ジンで、キレに定評があります。カクテルに最も合うジンの中のひとつで、マティーニで使われることが多いようです。ボンベイ・ブランド特有のふくよかな香りと味の主張が魅力的な一品です。

テキーラ・サンライズテキーラベース + オレンジジュース )   Recipe no.015
  • テキーラ・・・・・・・・・・45ml
  • オレンジジュース・・・・・・Full
  • グレナデンシロップ・・・・・10ml
  • オレンジカット
  • グレナデンシロップは底へ沈める

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・9%

世界的に有名になったきっかけは、1972年ロックバンドグループ「 ローリングストーンズ 」のボーカル 「 ミック・ジャガー」メキシコ公演の際にこのカクテルを大変気に入り、滞在中にこのカクテルをたくさん飲んだことが知れ渡りました。テキーラの独特な風味と、オレンジジュースの果実の甘みに、グレナデンシロップの甘味がアクセントになり、テキーラのアルコールを感じさせない飲みやすいカクテルです。

スクリュードライバーウォッカベース + オレンジジュース )   Recipe no.019
  • ウォッカ・・・・・・・・45ml
  • オレンジジュース・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・9%

ウォッカにオレンジジュースというとてもシンプルで簡単なカクテルです。 基本ウォッカは無味無臭ですから、オレンジジュースの果実の甘味を十分引き立ててくれているカクテルです。スクリュードライバーのような名前のカクテルは、カクテルの面白さ、自由さを物語っている代表的なレシピではないでしょうか。

アメリカン・レモネードワインベース + レモンジュース )   Recipe no.020
  • レモンジュース・・・・・・30ml
  • シュガーシロップ・・・・・15ml
  • ミネラルウォーター・・・・90ml
  • 赤ワイン・・・・・・・・・40ml
  • レモンスライス + マドラー

技法・・・ビルド & フロート
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・3%

スピリッツなどに比べてアルコール%が低い赤ワインを( 赤ワイン12% ~ 15% スピリッツ 35% ~ 40%程)さらにレモンジュースで割るため、何杯も飲めない方などにおすすめです。赤ワインとシュガーシロップの甘みがありますが、レモンジュースが多く入っているためけっこう酸っぱいです。酸っぱいと感じる方はシュガーシロップや赤ワインの量を増やしたり、レモンジュースの量を減らしたりして自分の好みに合ったレシピにしましょう。

[ スポンサーリンク ]

シャンディガフビールベース + ジンジャーエール )   Recipe no.021

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ピルスナーグラス
アルコール・・2%

シャンディガフはイギリスのパブなどで古くから飲まれているカクテルです。現在はビールとジンジャーエールですが、昔は黒ビールとジンジャーエールでした。 現在でも黒ビールとジンジャーエールで出てくるお店もあります。 カクテルらしく自由な形となって飲まれ続けているシャンディガフ。 レシピはとてもシンプルで、飲みやすさから世界で愛され続けています。

ジントニックジンベース + トニックウォーター )   Recipe no.022

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・9%

言わずと知れたロングカクテルの代表格的存在。 ドライジンのガツンとくるアルコール感と辛味、トニックウォーターのほろ苦さと甘味が見事にマッチしています。ドライジンのジュニパーベリー独特の香りを、トニックウォーターのほろ苦さが爽快感溢れる一杯にしています。 ライムカットの酸味と風味がアクセントになっていて、何杯でも飲めてしまうカクテルです。

サケ・サワー日本酒ベース + レモンジュース )   Recipe no.023
  • 日本酒・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・15ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・サワーグラス
アルコール・・5%

日本酒の風味にレモンジュースの酸味を加え、ソーダで割るカクテルです。サケ・サワーは、レモンとソーダの爽やかなカクテルなので、夏にぴったりなカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ スピリッツ|ウォッカ & ラム ~

通常ウォッカは穀物を原料としていますが、シロックはブランデーやワインで使われる「 ブドウ 」を使っています。低温抽出から独特のさわやかで新鮮な柑橘系の香りを生み出し、5回の単式蒸留器での蒸留から優雅で芳香に満ち、見事なまでのなめらかさがシロックの特徴です。

1860年カリブ海のアメリカ自治領プエルトリコに設立されたロンリコ社は、禁酒法時代にも唯一製造を許されていたラムメーカー。スペイン語で「 リッチな味わいのラム 」を意味するネーミングで、ホワイトラムの中でも正統派のラム。スッキリとした味わいは、カクテルに使うのには最適な一品です。