CATEGORY

ウォッカ ベース

ゴッド・マザー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ・アマレット )

ゴッド・マザーとは、ウィスキーベースの「 ゴッド・ファーザー 」から派生したバリエーションカクテルです。 ベースであるウィスキーをクリアさとキレが特徴のウォッカに変えることで、杏の種子からつくられたアマレットのアーモンド風味とナッツのような甘みを強く感じられます。 アルコール度数は高めで、ウォッカのガツンとくるアルコール感が、優しい甘みと同時に感じられ、飲みごたえと飲みやすさがクセになるかもしれません。

ウォッカベース ロングスタイル カクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つ、ロシア生まれのウォッカです。 ウォッカの特徴は、連続式蒸留器と白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過をすることで、無味無臭に近くクリアな味わいな所です。 他のスピリッツと違い原料が定まっていないことが特徴としてあります。 ジンと争う程の人気で、ジン同様カクテルレシピも数多く存在します。 有名なもので「 スクリュードライバー 」、「 ソルティドッグ 」、「 バラライカ 」があります。 それではウォッカベース・ロングスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

ケープコッダー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ・クランベリージュース )

「 ケープコッダー 」とは、アメリカ・マサチューセッツ州の東部にある半島の名前でクランベリーの名産地です。 アルコール感あるクリアな飲みごたえのウォッカを、ベリー特有の甘みと酸味を併せ持つクランベリージュースで割るレシピ。 甘みが目立つわけではなく、どちらかというとサッパリ・スッキリと飲めて、クリアでフルーティーなカクテルです。

グリーン・スパイダー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説 ( ウォッカ・グリーンミントリキュール )

ウォッカのクリアなアルコール感と、爽快感のあるグリーン・ミント・リキュールの二つのみを使ったシンプルなカクテルです。 見た目はグリーン・ミント・リキュールのエメラルドグリーンが綺麗で、その見た目通り爽やかな香りと口当たりが特徴的。少しの甘みも感じられ、後味もサッパリとしていることから、食後( digestif )として飲まれていることが多いです。

ウォッカベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つ、ロシア生まれのウォッカです。 ウォッカの特徴は、連続式蒸留器と白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過をすることで、無味無臭に近くクリアな味わいな所です。 他のスピリッツと違い原料が定まっていないことが特徴としてあります。 ジンと争う程の人気で、ジン同様カクテルレシピも数多く存在します。 有名なもので「 スクリュードライバー 」、「 ソルティドッグ 」、「 バラライカ 」があります。 それでは ウォッカベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

ウォッカ・コリンズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ・レモンジュース・ソーダ )

トム・コリンズのウォッカバージョンのカクテル。 ウォッカのガツンと来るアルコール感に、レモンジュースの柑橘類の酸味をソーダで割ったレシピです。 ベースをドライ・ジンからウォッカに変更することで、ドライ・ジンよりもウォッカの方がクリアなため、原酒の風味などはあまり感じません。 なのでレモンジュースの酸味をより感じる味となります。 物足りなさを感じる場合は、ウォッカをレモン、ライム、ハーブといった様々な種類があるフレーバード・ウォッカに変えて、自分の好みにするのも面白いかと思います。

クリーミードライバー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ・オレンジジュース・卵黄 )

クリーミードライバーの「 ドライバー 」とは、このカクテルと同じウォッカベースの「 スクリュードライバー 」と同じオレンジジュースを使っていることで付いた名前です。 スクリュードライバー( ウォッカとオレンジジュース )に卵黄と砂糖を加えたカクテルで、本家のスクリュードライバーの飲みやすさ、フルーティーに卵黄のコク、甘みが追加されたカクテルです。全体的にまったりとしたテイストに仕上がっていますので、食後にもおすすめできます。

クラウドバスター|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカとスパークリングワイン )

ウォッカにスパークリングワイン( シャンパン )で割り、レモンの香りを加えたシンプルなカクテル。 ウォッカは基本的に無味無臭に近いので、スパークリングワインの風味がそのまま出るカクテルで、爽快感があり、サッパリとして飲みやすいです、またレモンの香りがさらに飲みやすくなっています。 ただ、ウォッカが入る分アルコール度数は上がるので、注意が必要です。

ビア・バスター|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビール・ウォッカ・タバスコ )

個人的にはあまり紹介したくないカクテルです。 なぜかというとネーミングに「 バスター 」とあり、これは壊す人・騒ぐ人などという意味があり、バカ騒ぎ用のカクテルだからです。 できれば騒いで飲むより、何人かで和気藹々笑いながら飲んだり、カップル、または一人で趣味と一緒に飲んだりするのが美味しいお酒の飲み方だと考えるからです。 今回紹介したのは、ビールベースのカクテルは、スピリッツやリキュールなどのベースに比べて数が少ないので紹介しました。 ビールというお酒に多めのウォッカを入れ、タバスコでお酒自体を刺激的にしたまさに騒ぐのには打ってつけのカクテルです。 お酒を飲むという事は、20歳以上ということ、大人な呑み方を心がけましょう。

キュラソー・クーラー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカとブルーキュラソーのオレンジジュース割り )

キュラソー・クーラーは、ウォッカのクリアなパンチに、キュラソーの甘みとレモンジュースの酸味をオレンジジュースで割っているカクテルで、飲みやすさが抜群に良く、ブルー・キュラソーとオレンジジュースの混ざった色合いが綺麗さが特徴のカクテルです。 キュラソーとは、南米のベネズエラにあり、現在はオランダ領となっている島です。 その昔オレンジの皮を中南米で生産が盛んなラム酒に漬け、砂糖などを加えて作ったリキュール( 混成酒 )です。 ホワイト、オレンジ、ブルー、グリーン、レッドのキュラソーがあるが、全てオレンジの果皮を使用して作られています。