CATEGORY

ウォッカ ベース

アキダクト|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ・杏リキュール )

ウォッカのガツンとくるパンチに、杏のリキュールのスッキリとした甘さと、オレンジの果皮を浸して造られたホワイト・キュラソーの少しの甘みに、アクセントとしてライムジュースが加わったレシピです。 全体的にサッパリとやや甘めの味わいと飲むときのオレンジの香りがするのが特徴のカクテルですが、材料の殆どがお酒なので、アルコール度数は高めです。

キュラソー・クーラー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカとブルーキュラソーのオレンジジュース割り )

キュラソー・クーラーは、ウォッカのクリアなパンチに、キュラソーの甘みとレモンジュースの酸味をオレンジジュースで割っているカクテルで、飲みやすさが抜群に良く、ブルー・キュラソーとオレンジジュースの混ざった色合いが綺麗さが特徴のカクテルです。 キュラソーとは、南米のベネズエラにあり、現在はオランダ領となっている島です。 その昔オレンジの皮を中南米で生産が盛んなラム酒に漬け、砂糖などを加えて作ったリキュール( 混成酒 )です。 ホワイト、オレンジ、ブルー、グリーン、レッドのキュラソーがあるが、全てオレンジの果皮を使用して作られています。

神 風|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウォッカとホワイトキュラソー )

カミカゼの特徴はキレ味の鋭さとライムの酸味とパンチの聞いた高めのアルコール度数です。 ガツンとくるカクテルを飲みたい方や、お酒好きの方には持てこいのカクテルです。 このカクテルの由来は、1945年第二次世界大戦の日本部隊「 神風特別攻撃隊 」通称神風特攻隊です。 考案したのは日本の横浜米軍基地のアメリカ人であり、日本人ではありません。

ウォッカ・リッキー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカのソーダ割り )

とってもシンプルで飽きがくることがなかなかないカクテル。 ウォッカは他のスピリッツに比べて香りや甘みなどがより一層クリアなため、味気ないと感じる方もいると思います。 リッキースタイルは、グラスに入れた柑橘系をマドラーで少しずつ潰し、自分好みの味にしましょう 柑橘系で調整する他にも、ベースのウォッカをフレーバー・ド・ウォッカに変えて、様々なウォッカを試すとより一層ウォッカ・リッキーを楽しむことができます。

ウォッカ・トニック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカのトニック割り )

ウォッカのトニックウォーター割りというとってもシンプルなカクテルです。 ジン・トニックのウォッカ版とでも言います。 ただウォッカはジンの様に香りや風味などが少ない製法なため、ライムカットが味の決め手になります。 お好みでレモンに変えるのもいいかもしれません。 他にもウォッカをフレーバード・ウォッカに変えると、レモン、オレンジ、ライムといった様々な風味のウォッカを楽しむことができるので、ぜひお試しください。

バラライカ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウォッカベース )

「 バラライカ 」とは、三角の形をしたロシアの民族楽器である。 カクテル「 バラライカ 」は、グラスに入った逆三角形の形、ロシア生まれのウォッカを使用していることから、その名が付けられたのではと考えられています。 ウォッカのクリアな味わいと、ホワイト・キュラソーの風味、レモンジュースの酸味と少し辛めでアルコール度数の高いカクテルです。 ショート・カクテル全般に言えることですが、少しずつ味わいながら飲むことをオススメします。

ウォッカ・ソニック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカのソーダとトニック割り )

とってもシンプルで飽きがくることが中々ないカクテル。 ソーダとトニックを1対1で割るソニックスタイルで飲むスタイルで、ウォッカが好きな方は、様々なウォッカを試すにはもってこいのレシピ。 本来のウォッカ、様々なフレーバーを楽しみたい場合は、フレーバー・ウォッカを選びましょう。

ウーウー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカのクランベリージュース割り )

ウーウーの名前の意味は、求愛する、口説く、支持を得ようとする、といった意味があります。 1980年代アメリカで広く知れ渡り、その飲みやすさや、ピーチリキュールとクランベリージュースという果実の組み合わせから多くの女性に人気が出ました。 ジュースに近い味わいで、何杯でも飲めてしまうのですが、無味無臭に近いウォッカが入っているため、気づかず飲むと酔ってしまいますので注意が必要です。

アンジェロ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ+フルーツリキュール+フルーツジュース )

ウォッカは無味、無臭に近い材料ですが、その他の材料は全て個性の強い材料で、通常これだけの材料を混ぜるとバラバラになりがちなのですが、このアンジェロはとても美味しくまとまったカクテルです。 個人的には、ウォッカ以外の材料の中で、サザン・カンフォートが弱めなのと、個人的に大好きなリキュールなので、サザン・カンフォートを増やし、パインジュースはオレンジジュースよりも際立つので、パインジュースを減らし、オレンジジュースを増やしたレシピが好みです。

スクリュードライバー|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウォッカのオレンジジュース割り )

1900年代前半頃、イランの油田で働いていたアメリカ人が即席のカクテルを作りました。 ウォッカにオレンジジュースを入れて混ぜようとしたところ、マドラー等が無く、スクリュードライバー( ねじ回しの事、日本ではプラスドライバー・マイナスドライバーの事 )でかき混ぜた事が最初です。