CATEGORY

ワイン ベース

キール・インペリアル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 木苺のリキュールとスパークリングワイン )

シンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・フランポワーズの酸味と甘みが飽きの来ない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル Pre-dinner cocktail )としてもおすすめなカクテルです。 キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変え、クレーム・ド・カシスをクレーム・ド・フランポワーズ変えたレシピで、キール・ロワイヤルで使っているクレーム・ド・カシスよりもクレーム・ド・フランポワーズの方が酸味が強いため、甘酸っぱいカクテルになっています。

ビア・スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビールと白ワイン )

ビア・スプリッツァーは、白ワインベースカクテル、スプリッツァーの派生カクテルです。 スプリッツァーの特徴である爽やかさを、白ワインの酸味とビールの苦みに特徴を変えてはいますが、アルコール度数の低さと炭酸の爽快感はスプリッツァーの特徴を受け継いでいると言えるカクテルです。 もう一つスプリッツァーの特徴として、簡単に作ることができるという点があり、このビア・スプリッツァーもその特徴を持っているカクテルです。 お家でビールを飲んでいる方は多くいます。 たまには違うビールを飲んでみたい方にはおすすめできるカクテルです。

クロンダイク・ハイボール|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( フレーバードワインのジンジャーエール割り )

クロンダイク・ハイボールのベースは、ベルモットと呼ばれるフレーバード・ワインのことです。 白ワインをベースに香草などのハーブや様々なスパイスを使って作られ、スイート・ベルモット(写真右)はさらにカラメル着色し、甘みを足しています。 その両方のベルモットを使い、ワインの香りとベルモット特有の甘みに、レモンの酸味をプラスし、それらをジンジャーエールで割るレシピ。爽やかな甘みと、レモンの酸味、ジンジャーエールの辛みがクセになる美味しさです。

キール・ロワイヤル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( スパークリングワインとカシスリキュール )

キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変えたシンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・カシスのコクのある甘みが飽きの来ない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル Pre-dinner cocktail )としてもおすすめなカクテルです。 ネーミングの意味は「 王のキール 」。 生まれた当初はクレーム・ド・カシスを25mlくらい入れて甘めのカクテルでしたが、最近では辛口傾向にあり、クレーム・ド・カシス15mlとなっている。

キール|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 白ワインとカシスのリキュール )

白ワインにクレーム・ド・カシスという両方ブルゴーニュ地方の特産カクテルです。 とてもシンプルなカクテルで、お家で簡単に誰でも作れるレシピで、世界的にも有名なカクテルです。 辛口のブルゴーニュ産白ワインに、強い甘みのクレーム・ド・カシスを加えることで、白ワインを飲みやすくしたカクテルで、ワイン慣れしていない人でも美味しく飲むことができます。 食前酒( プレディナー・カクテル )として飲まれるように考案されたレシピで、まさにあっさりとした甘みが魅力のカクテルです。

ポート・フリップ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ポートワインと卵黄 )

ポート・ワインをフリップスタイルにすることで、ポート・ワイン独特な甘みに卵黄のコクが加わり濃厚でまろやかなカクテルです。 ポート・ワインはワインの中でも甘みが強く、食後向きとして飲まれています。そのポート・ワインに甘さとまろやかさをプラスしているので、食後( ディジェスティフ )のみならず就寝前( ナイトキャップ )に向いています。

キティ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 赤ワインのジンジャーエール割り )

キティとは、赤ワインをベースに、ジンジャーエールと 1対1で割ったカクテルです。 赤ワインとジンジャーエールがあれば誰でも簡単、すぐに作ることができるレシピになってます。 赤ワインには渋味を感じる成分が含まれているため、渋味や酸味を感じます。 この渋味、酸味をジンジャーエールが抑えて、ワインの苦手な方でも美味しくワインを味わえます。 元々アルコール度数が低めのワイン( 15%前後 )を 1対1で割るので、更に飲みやすくなっています。

カーディナル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 赤ワインとカシスリキュール )

「 カーディナル 」とは「 枢機卿(すうききょう) 」の事で、すうきけいとも読むこともあります。 枢機卿とは、簡単に言うと「 教皇の選挙人 」。 味は赤ワインに甘みが強く、果実の香りがあるクレーム・ド・カシスを合わせたカクテルで、赤ワイン好きにはもってこいのカクテルです。 赤ワインにクレーム・ド・カシスを混ぜることで、かなり飲みやすくなっておりますが、アルコール度数はビールの倍くらいあるので、あまり飲みすぎると悪酔いしちゃいます。

オペレーター|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 白ワインのジンジャーエール割り )

非常に飲みやすいカクテルで、こういったカクテルには「 お酒に弱い方向け 」、「 女性にも 」、「 初心者向け 」などといった言葉を良く目にしますが、このカクテルはまさにその代表格であると言えます。白ワインの爽やかさに、レモンジュースの酸味をアクセントにし、ジンジャーエールの辛みと喉越しをプラスした飲みやすいカクテル中の飲みやすいカクテルです。