CATEGORY

ラムベース ショート

エル・プレジデンテ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ラム・オレンジジュース )

「 エル・プレジデンテ 」とはスペイン語で大統領や社長といった意味があります。 このカクテルは同じ名前のカクテルがありますが、今回紹介しているカクテルが生まれたのメキシコいあるこのカクテルと同じ名前のホテル「 エル・プレジデンテ 」から生まれたものです。 ホワイト・ラムの心地よい風味にオレンジジュースを加えたフルーティーなカクテル。 グレナデンシロップの甘みとレモンジュースの柑橘系酸味をアクセントに加え、奥深い味わいと風味になっています。フルーティーでサッパリとした味わいですが、後からアルコール感のパンチがやってきます。アルコール度数は高めなので注意が必要。

エル・プレジデンテ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ラム・ベルモット・キュラソー )

「 エル・プレジデンテ 」とはスペイン語で大統領や社長といった意味があります。 ホワイト・ラムの心地よい風味、ドライ・ベルモットの辛みと香り、オレンジ・キュラソーの少しの甘みにアクセントとしてグレナデンシロップを少し加えたレシピです。 見た目はオレンジの中にグレナデンシロップを少量入れることで、絶妙な色合いが綺麗です。ホワイト・ラムとドライ・ベルモットが深い味わいを出し、フルーティーでサッパリとした味わいですが、後からアルコール感のパンチがやってきます。

ラムベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのラム。4大スピリッツの中でも生産量は1位です。 カリブ海生まれが影響してか、カクテルレシピにはトロピカル・カクテルのレシピがたくさんあります。ほのかな甘みのある飲みやすいスピリッツなので、カクテルのみならずケーキやタルトなどのデザート、紅茶の香りづけ、フレンチ料理などのに使われることも多く、お酒の消費ではジンやウォッカに劣りますが、使われているジャンルは他を圧倒します。 それでは ラムベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

X.Y.Z|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ラム・ホワイトキュラソー・レモンジュース )

カクテル「 X.Y.Z 」の由来は幾つかあります。 このカクテルは究極のカクテルで、これ以上のものはないという意味。「 これで終わり 」という意味。 寝酒( ナイト・キャップ・カクテル )を表している。このカクテルのレシピは非公開だったらしく、3種類の材料をまるで方程式のように、「 XとYとZを混ぜ合わせたカクテル 」といったことからこのカクテルの名前がそのままX.Y.Zとなった。 ホワイト・ラムのキレとアルコール感、ホワイト・キュラソーの香りと少しの甘みに、レモンジュースの柑橘系の酸味が加わったレシピ。 程よい甘みとスッキリした口当たりが特徴で、飲みやすさと飲みごたえのあるカクテルです。

アップル・パイ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ラム・スイートベルモット )

「 アップルパイ 」という名前が付いてはいるが、アップルのリキュールは使っていないところが最大の特徴。 ラムのアルコール感にスイートベルモットの甘みと風味が強く感じられる。 隠し味やアクセントに、レモンジュース、グレナデンシロップ、アプリコット( 杏のリキュール )が使われている。口の中でまろやかさの中に酸味なども感じられ、複雑な甘みとなっている。 複雑ではあるが、甘みのバランスが良く飲みやすさもあるカクテル。

アカプルコ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ラム・ホワイトキュラソー )

「 アカプルコ 」とは、メキシコにある都市の名前です。 メキシコの首都メキシコシティから南西に380kmにあり、太平洋岸に位置し、海岸沿いにある人口650,000人の大規模なリゾート都市です。 アカプルコの特徴は、レシピがシンプルで、ラムの風味を感じられるということ。 ホワイト・ラムをベースに、コアントロー( ホワイト・キュラソー )の甘み、レモンジュースの酸味が加わり、リゾート地らしい爽やかなカクテルとなっています。

アイ・オープナー|カクテルレシピ・作り方・特徴・意味を解説( ラムと卵黄の目覚めのカクテル )

アイ・オープナーはラムをベースに、上記のアブサンのハーブ系の香り、オレンジ・キュラソーの甘み、卵黄のコクを加えたレシピです。 アルコール度数は高めで、アルコールのパンチが効いたカクテルです。 アイ・オープナーの名前は目を開けると直訳できます、目覚めの一杯に飲むカクテルに向いているという意味です。 アルコール度数が高いので、必ずしも目覚めの一杯とは言えません。

ダイキリ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ラムとライムジュース )

キューバにあるダイキリという鉱山があり、 1896年技師として働いていたアメリカ人 ジェニングス・コックスが、灼熱のような暑さから、キューバの特産物であるラムを使用して清涼感あるカクテルを作ろうと砂糖、ライム、氷を入れて作ったのがダイキリの始まりと言われています。 ラムベースのショートカクテルの中でも代表的なカクテルです。ホワイト・ラムのクリーンな味わいと、ライムジュースの酸味というシンプルで清涼感のあるカクテルです。