ジンジャーエールを使うカクテルの種類 リスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

カクテルにはスピリッツリキュールウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒などといったいわゆる「 お酒 」以外にも様々な材料があります。 ソーダやトニックウォーターという炭酸が入っているもの、オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどの果汁のもの、シュガーシロップやグレナデンシロップのように甘みや香りを加えるもの、カクテルを彩るために飾られるマラスキーノチェリーなどたくさんあります。

1837年~1901年のイギリス・ヴィクトリア朝時代、この時代はイギリス史の中で産業革命による経済の発展が成熟に達した頃で、イギリス帝国の絶頂期であったとみなされています。 そんな時代の中でジンジャーエールの元となった「 ジンジャービール 」が飲まれていました。

1851年頃アメリカ人外科医で薬屋を営んでいるトーマス・カントレルは、北アイルランド・ベルファストで、ジンジャーエールを初めて造りました。カントレルが誕生させたジンジャーエールは、色が濃く、甘く、ジンジャースパイスの香りが強いのが特徴でした。その後にカナダ・ドライも誕生し、ジンジャーエールは世界で定着しました。

今回はカクテルの割り材料としてよく使うジンジャーエールを使ったレシピ集です。

  • ジンジャーエールの歴史・主なブランドは ⇒ コチラ
その他の炭酸系 カクテルレシピ リスト・一覧

※ 画像をクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
黄金池 梅酒ベース )   Recipe no.010

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・5%

京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町にあるお寺「 西芳寺 」の中にある黄金池をモチーフにしています。 深緑が綺麗なカクテルで、やや甘口ですがジンジャーエールの風味と爽快感が、甘さをあまり感じさせないバランスの良い味になっています。お店によって金粉をのせるところもあるようです。

アンパイネンウォッカベース )   Recipe no.013

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・9%

バナナリキュールの美味しい甘さがジンジャエールに溶け込み、口の中ではじける感覚が何度でも飲めちゃうカクテルです。 バナナリキュールの甘さが強いので、ジンジャーエールはウィルキンソンを使うことをお勧めします。 ウィルキンソンを使う事により、甘みとピリピリ感が楽しめます。

シャンディ・ガフ ビールベース )   Recipe no.021

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ピルスナーグラス
アルコール・・2%

現在はビールとジンジャーエールですが、昔は黒ビールとジンジャーエールでした。 現在でも黒ビールとジンジャーエールで出てくるお店もあります。 カクテルらしく自由な形となって飲まれ続けているシャンディ・ガフ。 レシピはとてもシンプルで、飲みやすさから世界で愛され続けています。

[ スポンサーリンク ]

カフェ・ド・トーキョージンベース )   Recipe no.035

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・8%

1973年 アメリカで開催された国際カクテル・コンペティションで、ロングカクテル部門第3位に入賞した日本代表のカクテルレシピです。ドライジンとビター系のリキュールであるカンパリのほろ苦さと、これもビター系でバニラ風味のガリアーノを 1tsp 香りづけとして入れ、辛みのあるジンジャーエールで割った飲みやすく飽きの来ないカクテルレシピです。

アナナス・クーラー リキュールベース )   Recipe no.039
  • オルスデローエ・アナナス40ml
  • レモンジュース・・・・・・20ml
  • ジンジャーエール・・・・・Full
  • パインカット

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・3%

「 アナナス 」とは昔ポルトガル人がアメリカ大陸でパイナップルを発見した際に、その土地の原住民が「 ナナス( 亀の実 ) 」と呼んでいたたことに由来すると言われています。オルスデローエ・アナナスのトロピカルな甘味に、レモンジュースの果実の酸味、ジンジャーエールの甘味と辛味がマッチしたカクテルです。

オペレーターワインベース )   Recipe no.042
  • 白ワイン・・・・・・・・・90ml
  • レモンジュース・・・・・・1tsp
  • ジンジャーエール・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・6%

非常に飲みやすいカクテルで、こういったカクテルには「 お酒に弱い方向け 」、「 女性にも 」、「 初心者向け 」などといった言葉を良く目にしますが、このカクテルはまさにその代表格であると言えます。白ワインの爽やかさに、レモンジュースの酸味をアクセントにし、ジンジャーエールの辛味と喉越しをプラスした飲みやすいカクテル中の飲みやすいカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ジンジャーエール ~

本格派辛口ジンジャーエールとして100年以上の歴史を持つ由緒あるブランドです。ガツンと強い生姜、辛味、炭酸が特徴で、喉元の刺激がたまらなく、ヒリヒリする感じがありますが、後味がスッキリしているので、夏に冷やして飲めば突き抜けるような爽快感を楽しめます。

グランパシフィック・クーラージンベース )   Recipe no.046

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・11%

ピーチやオレンジを使用したサザンカンフォート、ザクロのシロップのグレナデンシロップ、酸味のライムジュースに、辛口のジンとジンジャーエールを組み合わせた クーラースタイル のレシピは、飽きの来ないゴクゴク飲めるカクテルです。

グラスゴー・フリップノンアルコール )   Recipe no.054
  • レモンジュース・・・・・15ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・2tsp
  • ・・・・・・・・・・・1個
  • ジンジャーエール・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・0%

コクがありとろけるような舌ざわりが特徴で、ジンジャーエールで割るので、爽快感のある辛味と爽やかさも持ち合わせています。 オールデイカクテルですが、パーティーなどにもオススメです。グラズゴー・フリップという名前ですが、一般には「 ラバーズ・ドリーム ( 恋人の夢 )」とい名で知れ渡っています。 他で検索する場合はラバーズ・ドリームで検索する方が多く出てきます。

キティ ワインベース )   Recipe no.068

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・シャンパングラス
アルコール・・7%

キティとは、赤ワインをベースに、ジンジャーエールと 1対1で割ったカクテルです。 赤ワインとジンジャーエールがあれば誰でも簡単、すぐに作ることができるレシピになってます。赤ワインには渋味を感じる成分が含まれているため、渋味や酸味を感じます。 この渋味、酸味をジンジャーエールが抑えて、ワインの苦手な方でも美味しくワインを味わえます。

[ スポンサーリンク ]

サラトガ・クーラー ノンアルコール )   Recipe no.083
  • ライムジュース・・・・・30ml
  • シュガーシロップ・・・・1tsp
  • ジンジャーエール・・・・Full
  • ライムカット

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・0%

サラトガとはアメリカ・ニューヨーク州の北東に位置する「 サラトガ群 」のことです。味はラムの酸味にジンジャーエールの甘みと苦味をプラスした味で、ゴクゴク飲めるカクテルです。

クロンダイク・ハイボールリキュールベース )   Recipe no.102
  • ドライ・ベルモット・・・30ml
  • スイート・ベルモット・・30ml
  • レモンジュース・・・・・20ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・2tsp
  • ジンジャーエール・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・5%

クロンダイクとは、カナダのユーコン準州にある土地の名称で、その土地には同じ名前の川もあります。クロンダイク・ハイボールのベースは、ベルモットと呼ばれるフレーバード・ワインのことです。 白ワインをベースに香草などのハーブや様々なスパイスを使って作られ、スイート・ベルモットはさらにカラメル着色し、甘味を足しています。 その両方のベルモットを使い、ワインの香りとベルモット特有の甘味に、レモンの酸味をプラスし、それらをジンジャーエールで割るハイボール・スタイルのレシピ。

シャーリー・テンプル ノンアルコール )   Recipe no.105

技法・・・・・ビルド & 沈める
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・0%

1928年にアメリカで生まれ、5歳の頃に子役として活躍した天才子役の名前が「 シャーリー・テンプル 」。ジンジャーエールの辛味と爽快感に、グレナデンシロップの甘味を加えたレシピで、飲みやすく、飽きにくいカクテルです。 レモンジュースを1tspという隠し味的存在を入れることで、全体の味が引き締まり、さらに飲みやすく、飽きにくくなっています。

〚 ジンジャーエールに合う!!おすすめの材料 〛
~ ラム|ホワイト & ダーク ~

1860年カリブ海のアメリカ自治領プエルトリコに設立されたロンリコ社は、禁酒法時代にも唯一製造を許されていたラムメーカー。スペイン語で「 リッチな味わいのラム 」を意味するネーミングで、ホワイトラムの中でも正統派のラム。スッキリとした味わいは、カクテルに使うのには最適な一品です。

中南米の伝統的な手法で熟成されたラム酒を、フランス持ち帰りフレンチオーク樽でさらに熟成させます。少しのやスモーキーな香りと、洗練された深い味わいと香りが特徴的です。ロックなどでも美味しく飲めますし、コストパフォーマンスが良く、カクテルに使えるダークラムです。