CATEGORY

テキーラ ベース

テキーラベース ロングスタイル カクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのテキーラは他のジン・ウォッカ・ラム程の生産量はありません。理由としてはシャンパーニュ地方で生産されているシャンパンと同じく原産地呼称が認められているお酒です。つまり認められた地域での生産でなければ「 テキーラ 」と呼ぶことはできません( メキシコ国内の定められた5州のみ )。これが他のスピリッツとの違いで、生産量が他の3種よりも少ない理由です。しかし世界的に飲まれているお酒であることには変わらず、カクテルレシピも多くあり、その中でも「 テキーラ・サンライズ 」・「 マルガリータ 」が有名です。 それではテキーラベース・ロングスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

テカドール|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( テキーラ・パインジュース・グレナデンシロップ )

「 テカドール tocador 」とはスペイン語で、英語だとドレッシング・テーブル dressing table、日本語で化粧台のことを意味します。 テキーラの独特な風味とアルコール感ある飲みごたえに、フルーティーな甘みと酸味のパイナップルジュースで割り、アクセントに柑橘系酸味が特徴のレモンジュースと、ザクロシロップのグレナデンシロップを加えたレシピです。 飲んでみるとテキーラとパイナップルジュースの合わさった風味の中に、グレナデンシロップの濃い甘みを少し感じられ、サッパリとしたフルーツ感を味わえるカクテルです。

テキーラ・バック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( テキーラ・ジンジャーエール )

アガヴェの独特の風味を持つテキーラをベースに、辛みと甘みのジンジャーエールで割るというシンプルで作るのも簡単なレシピ。 テキーラの風味とアルコール感ある飲みごたえに、爽快感と辛みのジンジャーエールが合わさり、テキーラを飲みやすく、少しの甘みも感じられるカクテルです。アクセントにレモンジュースを少量加えているので、テキーラとジンジャーエールを調和し、さらに飲みやすくなっています。

テキーラベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのテキーラは他のジン・ウォッカ・ラム程の生産量はありません。理由としてはシャンパーニュ地方で生産されているシャンパンと同じく原産地呼称が認められているお酒です。つまり認められた地域での生産でなければ「 テキーラ 」と呼ぶことはできません( メキシコ国内の定められた5州のみ )。これが他のスピリッツとの違いで、生産量が他の3種よりも少ない理由です。しかし世界的に飲まれているお酒であることには変わらず、カクテルレシピも多くあり、その中でも「 テキーラ・サンライズ 」・「 マルガリータ 」が有名です。 それでは テキーラベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

ショットガン|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( テキーラ・炭酸類

カクテルの「 ショットガン 」とは蒸留酒と炭酸系をショットグラスと呼ばれる小さなグラスに入れて、コースターで蓋をし、持ち上げてテーブルなどにグラスの底を叩きつけます、テーブルに叩いた衝撃により二酸化炭素が発生しますが、コースターで蓋をしているので炭酸ガスは逃げ場がありません。 コースターをのけるとテキーラが一気に噴き出すので、それをこぼれる前に飲み干すという呑み方のカクテルです。 大人数で一気に飲み祝うといった行いが海外ではあるようで、BARなどで男友達とやってみると楽しいかもしれません。 約60ml程のグラスにテキーラと炭酸系を半々で割っているとはいえ、アルコール度数はまあまあ高めですし、一気に飲み干すので何杯も飲むのはおすすめしません。

デュランゴ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( テキーラとグレープフルーツジュースのソーダ割り )

アガヴェと呼ばれる竜舌蘭を原料とした独特な香りのテキーラをベースに、酸味と苦みのグレープフルーツジュースを加えてソーダで割ったレシピで、杏の核を使ったアーモンドの香りを持つアマレットを、隠し味的存在に加えたカクテルです。 テキーラとグレープフルーツの相性は抜群で、それらをソーダで割っているので、飲みやすさもあり、アマレットがアクセントになっているのが特徴です。 「 デュランゴ 」とは、アメリカ、スペイン、メキシコの3つの国にある都市の名前です。 由来や考案者などは不明ですが、カクテルのルーツとなったのは、テキーラとグレープフルーツジュースを使っていることからメキシコであると思われます。ただメキシコは元々スペインに支配されていた時代があり、そのことが関係しているのかもしれません。

テコニック|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( テキーラのトニックウォーター )

テコニックとは、ジントニックから派生したカクテルです。 ジンとトニックウォーターの名前をくっ付けてジントニックとなったのと同じ用に、 テキーラとトニックウォーターをくっ付けて「 テコニック 」となってます。 テキーラの独特な風味に、苦みのあるトニックウォーターで割り、酸味のライムを加えたレシピで、ジントニックと同様に飽きがきにくく、飲みやすいカクテルです。 レシピStep1のライムを絞る際に、ライムのカット面をグラスの縁に滑らすと、飲む際にライムをより感じられるのでおすすめです。

テキーラ・ソニック|カクテルレシピ・作り方・解説( テキーラとソーダ・トニック割り )

ソニックスタイル でテキーラをシンプルに楽しむカクテルです。 テキーラの独特な香り、風味が全てなカクテルなので、様々なテキーラを試すと面白いっです。 カクテルでよく使われる ビアンコ でもいいし、 少し熟成した レポサド だと口当たり、香りがさらに付いていて、全く違うカクテルになります。 ライムカットを入れると記載しましたが、レモンカットでも美味しく飲めます。 マドラーで少しずつ潰しながら自分好みの酸味を出して楽しんでください。

テキーラ・サンセット|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( テキーラベース )

テキーラの独特なブルーアガヴェの風味に、レモンジュースの酸味、グレナデンシロップ( ザクロシロップ )の甘みをトロピカルスタイルで楽しむカクテルです。 クラッシュ・ド・アイスを使用するため、最初はテキーラのアルコールがガツンと来るかもしれませんが、徐々にそれらは溶けやすい氷と混ざり、薄くなって飲みやすくなっていきます。 見た目はオレンジ色にグレナデンシロップの赤みが混ざり、まさに夕焼けの色を演出したカクテルです。

スロー・テキーラ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( テキーラとスモモのリキュール )

テキーラの独特な風味に甘酸っぱいスロージンと、酸味のレモンジュースを加えたレシピで、甘酸っぱくとても飲みやすいカクテルです。 最後にグラスにさすきゅうりをセロリに変えて飲む・食べるパターンもあります。 お好みで選んでください。 スローテキーラの「 スロー 」は「 投げる( throw ) 」や「 遅い( slow )」などの意味ではなく、「 スローベリー( slow berry )」( すもものこと )スローからきています。 レシピの中にスロージンというすももの皮をジンに浸し、糖分を加えたリキュールを使用していることからこの名前になっています。スロージンはイギリス発祥のリキュールで、日本の梅酒の様に家庭で漬け込んでつくることが多く、とても馴染みのある果実です。