リキュール果実・種子系ベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

リキュールとは、アルコール度数の高い蒸留酒に果物、ハーブ、スパイス、薬草などを漬け込み、砂糖などを加えたお酒の総称で、お酒の製造種類で言うと「 混成酒 」になります。

リキュールは古代ギリシャ時代に存在していたワインに薬草を溶かして混ぜたことが始まりです。その後に登場した蒸留酒が本格的に様々なリキュールを生み出すようになります。 ワインを蒸留して濃縮したものに薬草などを漬け込むと保存性が上がることと、薬用酒としての効果も修道院が発見しさらに発展していきます。

大航海時代が始まると、様々な国の果物、スパイスが輸入、輸出されるようになり、更にリキュールは幅広く発展していきました。

リキュールが盛んに使われた時期は中世のヨーロッパで、貴族達が集うパーティーで、貴婦人達が着ている華やかなドレスや宝石などのアクセサリーの色に合わせて作られたカクテルを飲んでいたとされています。

現在でも果実ベース、ハーブやスパイスベースといった様々なリキュールが生まれています。 ちなみに古くからある日本のリキュールと言えば、みりんと梅酒です。 本来みりんは米のリキュールで、戦国時代辺りでは甘いお酒として飲まれていました。現在では調味料の枠に入ってしまっていて、飲めるような味ではありません。他の日本産リキュールは柚子、みかん、抹茶、さくらさどが売られています。

それでは リキュール果実・種子ベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

〚 カクテルレシピ一覧 〛

  • お酒ベースから探すレシピ一覧は ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピ一覧は ⇒ コチラ

アップル・クーラー ソーダ )   Recipe no.005
  • アップル・バレル・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・10ml
  • グレナデンシロップ・・・・10ml
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・6%

アップル・クーラーはリンゴの甘みが特徴のフルーティーなカクテルです。 酸味と甘みが程よくあり、ゴクゴク飲めちゃうカクテルです。アルコール度数も高くありませんし、ジュースのような感覚で飲めるので、宅飲みにおすすめの一品です。

アップル・シードグレープフルーツジュース )   Recipe no.016
  • アップル・リキュール・・・・40ml
  • グレープフルーツジュース・・Full
  • グリーンミントリキュール・・15ml
  • グリーンミントリキュールはグラスの底に沈める。
  • マドラー

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・8%

アップルリキュールをグレープフルーツジュースで割り、ミントリキュールを少しグラスの底に沈めたカクテルで、アップルの甘さと、グレープフルーツジュースの酸味、ミントリキュールの爽やかさが特徴のカクテルです。

アップル・ブロー・フィズ ソーダ )   Recipe no.028
  • アップル・バレル・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・・2tps
  • 卵白・・・・・・・・・・・1個
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・7%

卵がレシピに入ると、好き嫌いが分かれる場合が多いですが、卵黄抜きとと、フィズスタイルということもあって非常に飲みやすく、飽きないレシピです。飲んでみるとアップルリキュールのフルーティーな味わいと、卵白のコクがマッチしたドリンクです。

アナナス・クーラージンジャーエール )   Recipe no.039
  • オーデスローエ・アナナス・・40ml
  • レモンジュース・・・・・・・20ml
  • ジンジャーエール・・・・・・Full
  • パインカット

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・3%

オーデスローエ・アナナスのトロピカルな甘みに、レモンジュースの果実の酸味、ジンジャーエールの甘みと辛みがマッチしたカクテルです。ジンジャーエールで割るということと、オーデスローエ・アナナス自体のアルコール度数の低さ( 15% )からかなり飲みやすいカクテルで、数ある宅飲みにぴったりのレシピです。

レッド・バトラーサザンカンフォート )   Recipe no.065
  • サザンカンフォート・・・・20ml
  • オレンジ・キュラソー・・・20ml
  • レモンジュース・・・・・・10ml
  • ライムジュース・・・・・・10ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・23%

「 レッド・バトラー 」とは小説、風と共に去りぬに登場するメインキャラクターの名前です。ベースとなるお酒の「 サザンカンフォート 」は、ピーチやレモンなどの果実を中心とし、スパイスなどを加えたリキュールです。 そのフルーティーなお酒にオレンジの皮から作り出したリキュール、「 オレンジキュラソー 」加え、サッパリとした酸味(レモンジュース & ライムジュース )を加えることで、フルーティーかつサッパリとしたかなり飲みやすカクテルに仕上がっています。

バナナ・ビア ビールベース )   Recipe no.070
  • グリーン・バナナ・・・・・45ml
  • ビール・・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ピルスナーグラス
アルコール・・6%

このカクテルはビールにもう一つ違いを付けることができるカクテルで、名前の通りバナナリキュールを入れて、バナナの風味を加えたビールです。リキュールなので甘みも加わり、とても飲みやすくフルーツ感があります。 1杯目のビールではなく、3杯目くらいにむいてるかな、と思います。

アプリコット・クーラー ソーダ )   Recipe no.079
  • アプリコット・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・20ml
  • グレナデンシロップ・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・5%

アプリコットクーラーはその杏のリキュールに、レモンジュースの酸味を加え、ソーダで割るスタイル( クーラースタイル )で、サッパリとした甘酸っぱさが特徴のカクテルで、毎日でも飲めるし、女性にもお勧めできます。アプリコットクーラーとアプリコットフィズの違いは、砂糖の役割が粉糖かグレナデンシロップかと、レモンジュースの量の違いです。 

アプリコット・フィズソーダ )   Recipe no.088
  • アプリコット・ブランデー・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・・15ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・5%

その杏独特の香りに甘さが加わったリキュールに、酸味のレモンジュースを加える フィズスタイル のカクテルで、甘みが強すぎずサッパリとした味わいなので飽きが来にくく、食前酒( プレディナーカクテル Pre-dinner cocktail )として飲むこともお勧めできます。

キール・ロワイヤルスパークリングワイン )   Recipe no.092
  • クレーム・ド・カシス・・・・15ml
  • スパークリングワイン・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・シャンパン
アルコール・・5%

キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変えたシンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・カシスのコクのある甘みが飽きの来ない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル Pre-dinner cocktail )としてもおすすめなカクテルです。キールのバリエーションカクテル。

キール・インペリアルスパークリングワイン )   Recipe no.104
  • クレームドフランポワーズ・・15ml
  • スパークリングワイン・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・シャンパン
アルコール・・10%

キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変え、クレーム・ド・カシスをクレーム・ド・フランポワーズ変えたレシピで、キール・ロワイヤルで使っているクレーム・ド・カシスよりもクレーム・ド・フランポワーズの方が酸味が強いため、甘酸っぱいカクテルになっています。キールのバリエーションカクテル。