CATEGORY

ノンアルコール

ジョニー・ジュレップ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( レモンジュース・ジンジャーエール )

柑橘系の酸味が強いレモンジュースにシュガーシロップを少々、アンゴスチュラビターズを1~2滴ほど香り付けのために加え、それらをジンジャーエールで割るレシピです。 アンゴスチュラビターズはアルコールが入っていますが、1滴~2滴ほどしか入れません。( アルコールは1%未満はノンアルコールに分類されます ) レモンジュースの爽やかな酸味に、ほのかにビターの香りが加わり、辛みと甘みを持つジンジャーエールで割っているので、非常に飲みやすい炭酸類のジュレップ・スタイルカクテルです。

ノンアルコールのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

これまでアルコールが入っているものが「 カクテル 」と勘違いをしている方に何度かお会いしたことがあります。 カクテルは基本的に混ぜれば「 カクテル 」です、なのでお酒をあまり飲めない方、全く飲めない方、未成年であってもカクテルを楽しむことはできます。 これまでの歴史にも、アルコールを反対する運動を率先して行っていた人に因んで作られたカクテルや、名子役のためにつくられたカクテルもあり、アルコールの入っていない材料が豊富にありますので、もちろんノンアルコールカクテルも豊富に作ることが可能です。 それでは ノンアルコールのカクテルレシピを一覧で紹介!!

ジンジャー・トニック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ライムジュース・ジンジャーエール・トニック )

カクテルの名前にあるようにジンジャーエールとトニックウォーターのハーフ & ハーフです。 ジンジャーエールの辛みと甘み、トニックウォーターの苦みと甘みに、柑橘系酸味のライムジュースを加えたレシピで、ジンジャーエールの辛みとトニックウォーターの苦みが軽減されながらお互い炭酸類なので、ソーダ感はそのままです。 ライムジュースの香りと少しの酸味を感じながら、甘みと爽快感を楽しめるカクテルです。

サンセット・ピーチ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ピーチジュース・ウーロン茶 )

桃の代表的ジュースで、甘みと桃の風味を持つピーチネクターをウーロン茶で割り、アクセントにざくろのシロップ( グレナデンシロップ )を少し加えたカクテル。 グレナデンシロップは沈めるので、サンセットの名の通り夕日を表現しています。 ピーチネクターの強めの甘みをウーロン茶がサッパリに変え、飲みやすくなっています、レゲエパンチというピーチリキュールをウーロン茶で割るカクテルがありますが、それと同様にピーチ系 + ウーロン茶というのはとても相性が良いです。 ジュースを飲みすぎる方、お子さんなどにもおすすめの一品です。

オレンジフラワー・クーラー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( オレンジジュースとトニックウォーター )

オレンジジュースのフルーティーな甘みに、ざくろのシロップで違いのある甘みを加え、少しの苦みのある炭酸飲料、トニックウォーターで割るクーラースタイルレシピ、爽快感とサッパリとした甘みが特徴で、飲みやすく、何度も飲めるカクテルです。 個人的にはカクテルは、ソーダ割りよりもトニック割りの方がおすすめです。 カクテル材料にパンチがあるのであれば必要ないですが、薄めな材料でつくるカクテルでもパンチを加えてくれるのでおすすめです。このカクテルはオレンジジュースの無い部分とトニックウォーターの無い部分を混ぜ合わせたTHE カクテルです。

シャーリー・テンプル・ブラック|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ざくろシロップとコーラ )

ノンアルコールの中でも代表的なカクテル、シャーリー・テンプルの派生レシピです。 シャーリー・テンプルのジンジャーエールをコーラに変更したカクテルで、コーラの甘みにグレナデンシロップ( ざくろシロップ )の甘みを追加したレシピなので、甘みが強いのが特徴です。 レモンジュースは1tspと記載していますが、自分好みで増やすことをオススメします。 コーラ好きにはもってこいのカクテルです。

シャーリー・テンプル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ジンジャーエールとザクロシロップ )

ジンジャーエールの辛みと爽快感に、グレナデンシロップの甘みを加えたレシピで、飲みやすく、飽きにくいカクテルです。 レモンジュースを1tspという隠し味的存在を入れることで、全体の味が引き締まり、さらに飲みやすく、飽きにくくなっています。 ノンアルコールカクテルの中では代表的な存在で、特におすすめできるカクテルです。

サマー・ディライト|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ライムジュースとグレナデンシロップのソーダ割り )

ライムジュースの強い酸味にザクロシロップ( グレナデンシロップ )でコクのある甘みを足し、それらをソーダで割ったカクテル。 近いレシピにサラトガクーラーがあるが、サラトガクーラーをより甘めにし、ジンジャーエールをソーダに変えることで、酸味と苦みから爽やかさとサッパリ感に変えたレシピになっている。

グリーン・レモネード|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( グリーンミントとミネラルウォーター )

ノンアルコールカクテルの部類に属してはいますが、厳密にいうとグリーン・ミントリキュールにアルコールは入ってます。 ただ入れるのは3tsp( バースプーン3杯分・およそ15ml )なので、他の材料を入れると1%程度ほどですが。 ントリキュールをエードスタイルで飲むこのカクテルの味や風味は、レモンジュースの酸味に、爽やかなミントリキュールの香りと味が爽快感をプラスします。良く冷えたグラスに、良く冷やした材料を良く冷えたミネラルウォーターで飲むとことをオススメします。