CATEGORY

ウィスキー ベース

ウィスキー・ミスト|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーとクラッシュド・アイス )

ウィスキーをクラッシュ・ド・アイスの中に入れ、レモンの香り付けをしただけのシンプルの中のシンプルなカクテル。 カクテルと言うよりは、「 呑み方 」と言った方が正しいのかもしれません。ウィスキーを楽しむためにロック、水割り、ハイボールなど 様々な呑み方があり、今回のウィスキー・ミストもその数ある呑み方の内の一つと考えていください。 クラッシュ・ド・アイスの中にウィスキーを入れるので、まずはキンキンに冷えたウィスキーを楽しみます、その後徐々にクラッシュ・ド・アイスが溶け、ウィスキーの水割りのような状態になっていくのを楽しむことができます。

ウィスキー・フロート|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーの水割り )

ウィスキー・フロートとは、簡単に言うとウィスキーの水割りをフロート状にしたものです。 フロート状にしている理由は、混ざり合っていないので、一口飲むたびに味の変化を楽しむためです。 一口目はロックスタイルを飲んでいるようにウィスキーを楽しみ、二口目からは飲むたびにミネラルウォーターの量が少しづつ増えていきます。 ベースのウィスキーは、スコッチ、カナディアン、アメリカンなど自分好みのウィスキーを使うとより楽しめます。

ウィスキー & ピーチソーダ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキー・ピーチリキュール・ソーダ )

ウィスキーに、少量のピーチ・リキュールを加え、ソーダで割るレシピです。 ウィスキーに、少量のピーチ・リキュールを加え、ソーダで割るレシピです。 芳醇な香りと風味が特徴のウィスキーをベースに、桃のフルーティーな甘みのピーチ・リキュール、爽快感があり、喉越しが良いソーダで割ったカクテルで、アルコール度数も低く、飲みやすいためお酒に弱い方やウィスキー初心者にオススメできます。

ウィスキーベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

芳醇な香りにまろやかな口当たりが特徴のウィスキー、世界でも多くの人が古くから飲み、日本でも様々なウィスキーがスーパーやコンビニで手に入れることができるほど浸透しています。 ウィスキーと言えばロックスタイルで飲むことが世界的に多いと思います。 日本では「 ウィスキー・ハイボール ( 呼ぶ場合は略してハイボールと呼んでいる )」で飲まれることが多いです。 ウィスキーは古くからカクテルの材料としても数多くのレシピを輩出しています。 もちろんウィスキー・ハイボールもカクテルの一種ではありますが、他にもコーヒーやオレンジジュースといったものと割る場合もあります。ウィスキーベースのカクテルには、シンプルでウィスキー本来の風味を生かしたものが多いです。 ベースに使うウィスキーには世界5大ウィスキーという原料や製法が異なった種類があり、その中で自分好みのものを見つけ、カクテルに使うと様々な味を自分好みで楽しめると思います。 それでは ウィスキーベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

ウィスキー・ハイボール|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウィスキー・ソーダ )

いつの間にか日本のいたるところでウィスキー・ハイボールは定着していました。 居酒屋、スーパー、BARや宅呑みで、今まで定番だったビール、焼酎などと同じように飲まれています。 日本のウィスキーは世界5大ウィスキーの一つになるほど世界的にも認められているウィスキーで、品質も香りも世界トップレベルです。 そういった馴染み深く、手に入りやすいウィスキーに、ソーダというなんにでも合わせられる材料がハイボールを定番のカクテルとして押し上げた要因なのかもしれません。

ウィスキー・トニック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーのトニック割り )

ウィスキーのトニックウォーター割りというシンプルなレシピ。 ウィスキーの芳醇な香りとトニックウォーターほのかな苦み、喉越しがマッチしたカクテル。 日本ではウィスキーをソーダで割るウィスキーハイボールが主流となっていますが、このトニックウォーター割りもソーダにはないほろ苦さの存在がカクテルにパンチを与えてくれますので、かなりおすすめです。 お好みで。レモンスライスやライムカットなどを入れると、一味違ったカクテルを楽しめます。 果物がない場合は、レモンジュースやライムジュースを1スプーン入れるだけでも全く違う風味に変わります。

ウィスキー・カクテル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーベース )

ウィスキーカクテルは、ウィスキーをそのまま飲むのロックスタイルに、少しの甘みとハーブやスパイスから作られた、アンゴスチュラビターズの香りと少しの苦みを隠し味のように加えたカクテルです。 ウィスキーの味を引き立たせたカクテルなので、原酒の香りや風味を楽しむのが好きな方にはぜひおすすめでき、作り方も水割りを作るのと同じですぐできます。またウィスキーをスコッチやバーボンと色々なもので試すのも楽しいかと思います。

ウィスキー・トゥデイ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーの水割り )

ウィスキー・トゥデイとは簡単に言うとウィスキーの水割りです。 少し違うのはレモンスライスとシュガーシロップを入れるトゥデイスタイルであること。 お好みでレモンジュースを入れてみたりしても良いかもしれません。 他にはウィスキー自体をスコッチ、バーボン、ジャパニーズなど様々なウィスキーに変えることで、自分好みのレシピを完成させましょう。

ウィスキー・サワー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーとレモンジュース )

数ある サワー・スタイル の中でも最も古くからあるとされ、最も有名なものがこのウィスキー・サワーとされています。 ベースのウィスキーは、やはりトウモロコシを原料としたバーボン・ウイスキーをお勧めします。 トウモロコシ原料の甘みとレモンジュースの酸味が加わり、深い味わいとサッパリ感が混ざり合ったシンプルで飲みやすいカクテルになっています。

インペリアル・フィズ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウィスキーとラムのソーダ割り )

材料を見ればウィスキー・ハイボールに近いですが、ホワイト・ラムとレモンジュースを加えたフィズスタイルなため、味は大きく違います。 味はウィスキーの香り高い芳醇さに、パンチのあるホワイト・ラム、酸味のレモンジュース、それと砂糖を加え、ソーダで割るレシピです。 爽快感と香りが特徴で、飽きもきにくいロングカクテルです。 ベースであるウィスキーをスコッチや、バーボン、ジャパニーズなどの様々なウィスキーで試してみるのも、一つの楽しみ方だと思います。