CATEGORY

リキュール 果実ベース

カシス・ミルク|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( カシスリキュールのミルク割り )

「 カシス・ミルク 」のカシスとは、ストロベリー、ブルーベリーなどのベリー系の一つで、直径約1cmほどの黒色に近い紫色をした実のことです。 カシス・ミルクは、ベリー系特有の甘酸っぱさと、甘みが特徴のカシスをコクとまろやかさのあるミルクで割ったレシピで、アルコール度数も低く、口当たり、香りなどどこを見ても飲みやすさバツグンのカクテルです。カシスの甘酸っぱい風味とミルクがミルクに溶け込み、爽やかな甘みになっています。

カシス・バック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( カシスリキュール・ジンジャーエール )

「 カシス・バック 」のカシスとは、ストロベリー、ブルーベリーなどのベリー系の一つで、直径約1cmほどの黒色に近い紫色をした実のことです。 カシス・バックは、ベリー系特有の甘酸っぱさと、甘みが特徴のカシスを辛みと甘みのあるジンジャーエールで割ったレシピで、アルコール度数も低く、口当たり、香りなどどこを見ても飲みやすさバツグンのカクテルです。ジンジャーエールの辛みや甘みがカシスソーダよりも飲みごたえをアップさせています。ソーダ割りよりパンチを効かせたい方はこちらをおすすめします。

カシス・ソーダ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( カシスのソーダ割り )

カシスとは、ストロベリー、ブルーベリーなどのベリー系の一つで、直径約1cmほどの黒色に近い紫色をした実のことです。カシスという名前はフランス語であり、和名は「 クロスグリ 黒酸塊 」、英語では「 ブラックカラント Blackcurrant 」と呼ばれていて、味は甘酸っぱく、えぐみがあり、ブルーベリーに見た目同様近いです。 カシスソーダは、ベリー系特有の甘酸っぱさと、甘みが特徴のカシスを爽快感あるソーダで割ったレシピで、アルコール度数も低く、口当たり、香りなどどこを見ても飲みやすさバツグンのカクテルです。

カシス・コラーダ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ココナッツ・カシス・パイン・ミルク )

「 カシス・コラーダ 」とはラムベースカクテルの「 ピニャ・コラーダ 」から派生したカクテルで、ピニャ・コラーダと同じくトロピカルカクテルです。 ココナッツ・リキュール、クレーム・ド・カシスと甘みの強いものがベースとして入ってはいますが、パイナップルジュースのフルーツの爽やさがそれらを感じさせず、さらにミルクのコクが飲みやすく、飽きのこないトロピカルドリンクに仕上げています。

カシス・オレンジ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( カシスリキュール・オレンジジュース )

強い甘みとベリーの香りがするクレーム・ド・カシスをオレンジジュースで割るというシンプルなレシピで、居酒屋などでも必ずと言っていいほどメニューにあり、認知度も高く人気のカクテルです。 果実のお酒と果実のジュースでわるので相性が良く、オレンジジュースのフルーティーさにカシスのベリーの甘みを加え、お酒とは思えない味わいです。 アルコール度数も低めなので、簡単に手軽に飲むことができます。

リキュール果実・種子系ベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

リキュールとは、アルコール度数の高い蒸留酒に果物、ハーブ、スパイス、薬草などを漬け込み、砂糖などを加えたお酒の総称で、お酒の製造種類で言うと「 混成酒 」になります。 リキュールは古代ギリシャ時代に存在していたワインに薬草を溶かして混ぜたことが始まりです。その後に登場した蒸留酒が本格的に様々なリキュールを生み出すようになります。 ワインを蒸留して濃縮したものに薬草などを漬け込むと保存性が上がることと、薬用酒としての効果も修道院が発見しさらに発展していきます。 現在でも果実ベース、ハーブやスパイスベースといった様々なリキュールが生まれています。それでは リキュール果実・種子ベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

ブルー・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビール・ブルーキュラソー・マラスキーノ )

マラスキーノの爽やかな風味にブルー・キュラソーの甘みを苦みのあるビールで割ったレシピです。 マラスキーノとブルー・キュラソーが独特の香りを造り出していて、ビールの喉越しが特徴的で不思議な味わいのカクテルです。見た目もブルー・キュラソーの青とビールの金色が混ざり、不思議な色になっています。

エメラルド・スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( マスカット・メロン・白ワイン・ソーダ )

白ワインベースカクテルの代表的存在である「 スプリッツァー 」の派生カクテルです。 スプリッツァーは白ワインをソーダで割り、グレナデンシロップを加えたレシピで、アッサリとした飲みやすさが特徴のカクテルです。 今回紹介したエメラルド・スプリッツァーは、爽やかな甘みのマスカット・リキュール、フルーティーな甘みのメロン・リキュール、辛みとサッパリ感の白ワイン、爽快感のソーダを合わせたレシピです。 爽やかな甘みと爽快感と飲みやすさが特徴のカクテルです。

フランボワーズ・トニック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 木苺リキュール・トニックウォーター )

フランボワーズ・リキュールのフランボワーズとはフランス語で、英語でいうとラズベリー、つまり木苺のことです。 今回使用するベースのお酒は木苺で、それをトニック割りするというとてもシンプルなレシピです。 リキュールなので甘みはありますが、フランボワーズの特徴は甘酸っぱさで、それを少しの苦みと炭酸の爽快感、飲みごたえが合わさり、ジュースのように飲みやすいカクテルです。

アラバマ・スマラー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( アマレット・サザンカンフォート・スロージン )

「 アラバマ・スマラー 」とはアメリカ・アラバマ州にある「 アラバマ大学 」で誕生したという説があります。 1980年代には若者を中心に広まったらしく、トム・クルーズ主演映画「 カクテル 」にも登場しい、知名度を上げました。他にもアメリカ4大スポーツである大人気スポーツ、アメリカンフットボール( NFL )で1992年~2010年の20シーズンを通して321回のスタメン出場を果たした鉄人クオーターバック、ブレット・ファーヴルが広めたと言われています。 杏の核を使ったリキュールのアマレット、ピーチを中心に果実系のフレーバーを使ったサザンカンフォート、スモモを使ったリキュールのスロージン、柑橘系の酸味のレモンジュースを混ぜ合わせるレシピで、爽やか、酸味、甘みがバランスよく合わさり飲み口も良く、飲みやすいカクテルです。