CATEGORY

カクテルで使うお酒・材料

ウィスキーの原料・製法|カクテルのお酒・ウィスキー 編

お酒のカクテルとは様々なお酒を材料として使います。 世界4大スピリッツであるジン、ウォッカ、ラム、テキーラの他にも、リキュールと呼ばれる果実やハーブを使ったもの、ウィスキーやブランデー、ワインといったお酒の代表的存在のものまで使います。 その中でも今回はウィスキーの製造・原料を紹介します。

テキーラの主なブランド一覧|カクテルのお酒・スピリッツ編

世界4大スピリッツの一つのテキーラは他のジン・ウォッカ・ラム程の生産量はありません。理由としてはシャンパーニュ地方で生産されているシャンパンと同じく原産地呼称が認められているお酒です。つまり認められた地域での生産でなければ「 テキーラ 」と呼ぶことはできません( メキシコ国内の定められた5州のみ )。これが他のスピリッツとの違いで、生産量が他の3種よりも少ない理由です。 しかし世界的に飲まれているお酒であることには変わらず、カクテルレシピも多くあり、その中でも「 テキーラ・サンライズ 」・「 マルガリータ 」が有名です。 それでは様々なテキーラのブランドを一覧で紹介!!

ラムの主なブランド一覧|カクテルのお酒・スピリッツ編

世界4大スピリッツの一つのラム。4大スピリッツの中でも生産量は1位です。カリブ海生まれが影響してか、カクテルにはトロピカルカクテルのレシピがたくさんあります。 ほのかな甘みのある飲みやすいスピリッツなので、カクテルのみならずケーキやタルトなどのデザート、紅茶の香りづけ、フレンチ料理などのに使われることも多く、お酒の消費ではジンやウォッカに劣りますが、使われているジャンルは他を圧倒します。

ウォッカの主なブランド一覧|カクテルのお酒・スピリッツ編

世界4大スピリッツの一つ、ロシア生まれのウォッカです。 ウォッカの特徴は、連続式蒸留器と白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過をすることで、無味無臭に近くクリアな味わいな所です。 他のスピリッツと違い原料が定まっていないことが特徴としてあります。 ジンと争う程の人気で、ジン同様カクテルレシピも数多く存在します。 有名なもので「 スクリュードライバー 」、「 ソルティドッグ 」、「 バラライカ 」があります。 それでは様々なウォッカのブランドを一覧で紹介!!

ジンの主なブランド一覧|カクテルのお酒・スピリッツ編

世界4大スピリッツの中でも特に人気のある「 ジン 」。 カクテルのレシピを見ても、特に数が多いのが「 ジンベース 」。 カクテルの王様と言われている「マティーニ 」もジンベースです。他にもショートカクテルで代表的なカクテルに「 ギムレット 」があります。 ロングカクテルでは「 ジントニック 」・「 シンガポール・スリング 」などが有名です。 「 ジンはオランダで生まれ、イギリスが育み、アメリカが輝かせた 」という言葉があるように、オランダ、イギリス、アメリカで定着しました。 そのジンの主なブランドを紹介!!

ジンジャーエール|カクテルの材料・由来・原料・製法などを解説

カクテルにはスピリッツやリキュール、ウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒などといったいわゆる「 お酒 」以外にも様々な材料があります。 ソーダやトニックウォーターという炭酸が入っているもの、オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどの果汁のもの、シュガーシロップやグレナデンシロップのように甘みや香りを加えるもの、カクテルを彩るために飾られるマラスキーノチェリーなどたくさんあります。 それらはどのような原料・製法なのか、どのように使われているのかをご紹介します。今回はカクテルの割り材料としてよく使うジンジャーエールです。

クラフトジンの歴史・基礎知識|カクテルのお酒・スピリッツ編

最近よく聞く「 クラフト 」その名前はジンにも使われます。 現在( 2022年 )世界各地でクラフトジンが作られるようになりました。 日本も例外ではなく、2016年に京都の蒸留所が初のクラフトジンを世に送ると、日本各地の蒸留所がクラフトジンを生産し始めました、そして大手飲料メーカーもクラフトジンに着手し、現在では様々なクラフトジンがスーパーなどでも見られるようになりました。そのクラフトジンの特徴などをご紹介!!

トニックウォーター|カクテルの材料・由来・原料・製法などを解説

カクテルにはスピリッツやリキュール、ウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒などといったいわゆる「 お酒 」以外にも様々な材料があります。 ソーダやトニックウォーターという炭酸が入っているもの、オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどの果汁のもの、シュガーシロップやグレナデンシロップのように甘みや香りを加えるもの、カクテルを彩るために飾られるマラスキーノチェリーなどたくさんあります。 それらはどのような原料・製法なのか、どのように使われているのかをご紹介します。今回はカクテルの割り材料としてよく使うトニックウォーターです。

パールオニオン|カクテルの材料・由来・原料・製法などを解説

カクテルにはスピリッツやリキュール、ウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒などといったお酒類以外にも様々な材料があります。 ソーダやトニックウォーターという炭酸類、オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどの果汁飲料、シュガーシロップやグレナデンシロップのように甘みや香りを加えるもの、カクテルを彩るために飾られるマラスキーノチェリーなどたくさんあります。 それらはどのような原料・製法なのか、どのように使われているのかをご紹介します。今回はショートカクテルを飾るパールオニオンです。

ジンの定義・製法・主な銘柄|カクテルのお酒・スピリッツ編

ジンの主流の国イギリス、原産国であるオランダ、独自の発展を遂げたドイツと、ジンはヨーロッパで歴史を歩んできました。現在そのEU( ヨーロッパ連合 )では「 ジン 」として世に出すためには条件を設定してあります。 その定義( 条件 )は、2008年と最近になってようやく定められました、ジンの歴史を考えると時間がかかったようにも思えますが、様々な国で販売、消費、輸入、輸出をしていることが時間が必要だったように思えます。