ソーダ( 炭酸水 )を使うカクテルの種類 リスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

ソーダはカクテルの材料として定番中の定番。 ウィスキーをソーダで割ったハイボールが超有名です。 味は無いものの、爽快感と飲みごたえが人気の理由です。 味がないことが逆に何にでも合わせやすいことからカクテルの割り材料の中で一番レシピの数が多いです。

それではソーダを使ったカクテルレシピをリストで紹介!!

その他の炭酸系 カクテルレシピ リスト・一覧

※ 画像をクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
エメラルド・クーラージンベース + リキュール )   Recipe no.001
  • ジン・・・・・・・・・・30ml
  • グリーンミント・・・・・15ml
  • レモンジュース・・・・・15ml
  • シュガーシロップ・・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・Full
  • マラスキーノチェリー

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・7%

その名前の通りエメラルドの鮮やかな色をしたカクテル。辛みとキレのドライジンと、ミントリキュールが合わさり、ソーダで割ることで、サッパリ感と爽快感が特徴なカクテルです。

アップル・クーラー リキュールベース )   Recipe no.005
  • アップル・バレル・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・10ml
  • グレナデンシロップ・・・10ml
  • ソーダ・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・4%

アップル・クーラーはリンゴの甘味が特徴のフルーティーなカクテルです。 酸味と甘味が程よくあり、ゴクゴク飲めちゃうカクテルです。アルコール度数も高くありませんし、ジュースのような感覚で飲めるので、宅飲みにおすすめの一品です。

アディントン  ベルモットベース )   Recipe no.008

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・9%

「 アディントン 」というカクテル名は、1801年~1804年に英国の首相の「 ヘンリー・アディントン 」が由来です。ドライ・ベルモットとスイート・ベルモットの爽やかな甘味と、オレンジの香り、そして炭酸が絶妙な美味しさです。さっぱりが良い方はドライベルモットを、甘めの方が良い方はスイート・ベルモットを使うとより自分好みになります。

[ スポンサーリンク ]

アスターレモネードノンアルコール + ライムジュース )   Recipe no.011
  • レモンジュース・・・・・20ml
  • ライムジュース・・・・・20ml
  • ソーダ・・・・・・・・・Full
  • グレナデンシロップ・・・15ml

技法・・シェーク & ビルド & 沈める
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・0%

アスターレモネードは、カクテルでよく使うレモンジュースとライムジュースを使います。 酸味の強いものをベースに炭酸で割り、グレナデンシロップの甘味を加えます。 さっぱりとしたノンアルコールカクテルで、見た目も赤のグラデーションがとてもキレイです。

オレンジ・フィズジンベース + オレンジジュース )   Recipe no.012
  • ドライジン・・・・・・・・45ml
  • オレンジジュース・・・・・30ml
  • レモンジュース・・・・・・15ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • オレンジカット

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・9%

サッパリとした柑橘系の酸味と甘味に、ソーダの爽快感がゴクゴク飲めてしまうカクテルです。「 フィズスタイル 」のカクテルは、多くありますが、その中でも飲みやすさは抜群で、お酒が苦手な方でもゴクゴク飲めるのではないのでしょうか。

サケ・サワー日本酒ベース )   Recipe no.023
  • 日本酒・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・15ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・1tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・サワーグラス
アルコール・・5%

サケ・サワーのサワーとはサワースタイルのことで、レモンジュースのような柑橘系に砂糖を加えたスタイルで、日本ではこれにソーダが加わったものを指します。日本酒はそのまま飲むことが主流で、あまりカクテルの認知度はありませんが、どのレシピもシンプルで、作りやすく飲みやすいものが多いです。

〚 カクテルに使うおすすめのソーダ 〛

キリンの無糖・強炭酸水、飲みきりサイズで便利です。炭酸類は一度フタを開けてしまうと、保存用のフタをしても炭酸は抜けていきます。 なのでカクテルで使う場合は、使いきりのものをおすすめします。

アップル・ブロー・フィズリキュールベース )   Recipe no.028
  • アップル・バレル・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・・2tps
  • 卵白・・・・・・・・・・・1個
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・4%

卵がレシピに入ると、好き嫌いが分かれる場合が多いですが、卵黄抜きと、フィズスタイルということもあって非常に飲みやすく、飽きないレシピです。飲んでみるとアップルリキュールのフルーティーな味わいと、卵白のコクがマッチしたドリンクです。

エクスポート・カシスワインベース )   Recipe no.031

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・5%

ドライ・ベルモットのさっぱりした辛味と、クレーム・ド・カシスのフルーティーな甘味がマッチし、ソーダでさらに飲みやすくしたカクテルです。作り方も簡単ですし、飽きもなかなかしないので、ぜひお家で試してみてください。

シンシナチビールベース )   Recipe no.032
  • ビール・・・・・・・・・・1/2
  • ソーダ・・・・・・・・・・1/2

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ピルスナーグラス
アルコール・・3%

シンシナチとは、アメリカ・オハイオ州南西部にある都市の名前で、「 シンシナティ 」とも呼ばれています。ゴクゴクと飲むビールを更にソーダで割っているので、さらに飲みやすくなっています。軽い口当たりが特徴で、食前酒( プレディナー・カクテル )に最適です。

[ スポンサーリンク ]

クイーンシャーロッテ・フルーツパンチ ノンアルコール + レモンジュース )   Recipe no.045
  • レモンジュース・・・・・・30ml
  • オレンジジュース・・・・・30ml
  • グレナデンシロップ・・・・30ml
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • クラッシュ・ド・アイス

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・0%

ノンアルコールの パンチスタイル のトロピカルカクテルです。グレナデンシロップが30mlも入ることで、グレナデンシロップの甘味がオレンジジュースと合わさり、レモンジュースがその甘味を抑えているとても飲みやすいカクテルです。

インディアン・サマーラムベース + レモンジュース )   Recipe no.048
  • ラム・・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・1tsp
  • 卵黄・・・・・・・・・・1個
  • ソーダ・・・・・・・・・Full

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・9%

「 インディアン・サマー 」とは秋から冬にかけての季節に晴天が続き、日中は暖かく、夜間は冷え込む期間のこと。 北アメリカ東部地方で、使用されている言葉ですが、現在では英語圏で使われています。 日本では「 小春日和 」相当します。レモンジュースの酸味と、卵黄のコクとまろやかさを合わせ、ソーダで割ることで爽やかさも兼ね備えたカクテル。小春日和にピッタリの色合いと味がポイントです。

クリーム・フィズ ジンベース )   Recipe no.055
  • ジン・・・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・10ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・・1tsp
  • 生クリーム・・・・・・・・2tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • レモンカット

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・9%

ジンと生クリームという珍しい組み合わせのフィズスタイルカクテル。 「 ジン・フィズ 」に生クリームを追加したレシピで、ジン・フィズの爽やかさにまろやかな味わいが組み合わさり、ホワイトソーダのような味わいが楽しめます。爽やかさとまろやかさがあるので、飲むタイミングもオールデイカクテルとして楽しめます。

〚 炭酸水が合う!!おすすめの材料 〛
~ ウィスキー|スコッチ & バーボン ~

麦芽の甘い香りとフルーツの香り、チョコレートなどの香ばしさでありながら爽やかさも感じられる香りに、深いまろやかさと、チョコレートの様な甘味とスモーキーさが口の中に広がる風味が感じられます。世界中で飲まれている原因の一つでもあるバランスの良さが最大の特徴です。

原料の比率や5種類の酵母の組み合わせであったりの違いを付けた原酒を10種類つくり、それらを混ぜ合わせてつくるという他では見られない手の込んだ製造方法を行っています。 そのこだわりからフルーティー、フローラルがあり、やわらかい深みが生まれています。 全体的に華やかでフレッシュな飲み口を楽しめます。