CATEGORY

ジンベース ショート

アラウンド・ザ・ワールド|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・ミントリキュール・パインジュース )

「 アラウンド・ザ・ワールド 」とは「 世界一周 」という意味で、飛行機で世界一周をする際に、記念して行われたカクテル・コンペティションで優勝したカクテル。 考案者はわかりませんが、アメリカ人バーテンダーと言われています。 ジンの辛口とキレに、ペパーミント・リキュールの爽やかさ、パインジュースのフルーティーな甘みを合わせたレシピで、サッパリとし、突き抜けるようなミントの爽快感とそれらをフルーティーに包んだ風味が特徴的、ジンのおかげで飲みごたえもあるカクテルです。

アペタイザー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・デュボネ・オレンジジュース )

「 アペタイザー Appetizer 」とは「 食欲を増進させるもの 」「 前菜 」という意味で、その言葉( 名前 )のとおり食前酒( Pre-dinner cocktail )のためのカクテルです。 ジンの辛みとキレに、デュボネ( フレーバード・ワイン )の香りと甘み、オレンジジュースのフルーティーな甘みが混ざり合い、甘みはあるものの爽やかで飲みやすく、まさに食前酒としてピッタリのカクテルです。

ジンベース・ショートスタイル カクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの中でも特に人気のある「 ジン 」。 ほのかにジュニパーベリーの香りがし、様ジンベースのショートスタイルの中で代表的なカクテルが、別名カクテルの王様と呼ばれる「 マティーニ 」、これは誰もが聞いたことのあるカクテルではないでしょうか。 他にも日本生まれの「 青い珊瑚礁 」アルコール度数が強めの「 アース・クエイク 」オレンジのフルーティーさが特徴の「 オレンジ・ブロッサム 」「 ギブソン 」「 ギムレット 」「 ホワイト・レディー 」はレシピは似ていますが、古くからあるジンの代表的なカクテルです。々な材料と合いやすく、様々な国で根付いてきたことからカクテルレシピも他のベースに比べて多く生まれました。 それではジンベース・ショートスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

ギムレット|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ドライジン・ライムジュース )

ギムレットは19世紀末、イギリス東洋艦隊海軍将校に配給されていたジンの飲みすぎにを阻止するために生まれました。 ドライ・ジンの辛みのあるキレに、甘みと柑橘系酸味のライムジュースを加えシェークし、良く冷やすというレシピで、ジンのほのかな香り、ライムジュースの甘みが合わさり、サッパリとしたキレが特徴のカクテルです。

アベイ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・オレンジジュース )

オレンジ尽くしのカクテルで、オレンジジュースとドライ・ジンは様々なカクテルに使われるほど相性が良く、今回もドライ・ジンの辛みとアルコール感にオレンジジュースのフルーティーさを混ぜ合わせ、オレンジビターでアクセントを加えたレシピです。 ドライ・ジンの飲みごたえとオレンジジュースの果実感、オレンジビターの香りが、飲みやすく、かつ飲みごたえのあるカクテルに仕上がっています。

ジンベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの中でも特に人気のある「 ジン 」。カクテルのレシピを見ても、特に数が多いのが「 ジンベース 」。 カクテルの王様と言われている「マティーニ 」もジンベースです。他にもショートカクテルで代表的なカクテルに「 ギムレット 」があります。 ロングカクテルでは「 ジントニック 」・「 シンガポール・スリング 」などが有名です。 それでは ジンベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

アティ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・ドライベルモット )

カクテル名「 アティ( Atty )」とは、「 アトニー( Attorney )」を略した言葉を名前に使っています。 Attorneyとは「 代理人・弁護士・顧問 」などの意味になります。 ドライ・ジンのキレと辛みに、白ワインにハーブなどを使用したドライ・ベルモットの香りが加わり、スミレの花を使ったヴァイオレット・リキュールと、ヨモギを使ったハーブ系のアブサンで香りづけをしています。 レシピを見てみると、ほぼマティーニの様なレシピにヴァイオレットとアブサンを微小量加えたレシピで、ドライ・ベルモット、ヴァイオレット、アブサンの存在が個性的で華やかな香りを持ち、複雑な味に仕上がったカクテルです、レモンピールのおかげで、爽やかな印象を加えています。

アースクエイク|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ドライジン・アブサン・ウィスキー )

「 アースクエイク Earthquake 」とは地震を意味する単語で、このカクテルに地震という名前が付いた理由はそのアルコール度数の高さからきています。 そのアルコール度数が高いこのカクテルを飲むと、体がグラグラと揺れてしまうということです。 ドライ・ジンのキレと辛口に、アブサンのハーブの香りと甘み、ウィスキーの芳醇な香りと滑らかな口当たりを混ぜ合わせたカクテルで、一口飲むとガツンとくるアルコールと、口の中でウィスキーとアブサンの香りが広がるのが特徴的です。

青い珊瑚礁|カクテルレシピ・作り方・特徴( ジンとペパーミントリキュール )

ジンのガツンくるアルコールに、ペパーミントリキュールの爽やかな風味が合わさり、爽快な味わいが特徴。 見た目はその名の通り、南の海の珊瑚礁が見える様をモチーフに、エメラルドグリーンと赤いマラスキーノチェリーが美しいカクテル。 アルコール度数は高めなので、飲み過ぎには注意。 青い珊瑚礁の考案者は名古屋のバーテンダー鹿野彦司氏。 1950年5月に日本バーテンダー協会主催で行われた第2回オールジャパンドリンクスコンクールの優勝作品で、その後日本の代表的なカクテルにまで地位を高めたカクテルです。

アイデアル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジンとグレープフルーツジュース )

ドライ・ジン、ドライ・ベルモットの辛口材料に、酸味の強いグレープフルーツジュース、サクランボのリキュールであるマラスキーノを少々入れたレシピで、全体的にスッキリとした飲み口に、ドライ・ジンのアルコールがガツンときます。 その中にマラスキーノの少しの甘みが感じられるのが特徴のカクテルです。 ちなみに「 アイデアル 」の意味は「 理想 」なのですが、なぜこの名が付き、いつ生まれたのかは不明です。 ドライ・ジンとドライ・ベルモットを中心に使う事から、マティーニ の派生カクテルではないかと言われています。