CATEGORY

ジンベース ショート

ゴールデン・クローバークラブ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・グレナデンシロップ・卵黄 )

今回紹介した「 ゴールデン・クローバークラブ 」とは、ジンベースの中にある「 クローバークラブ 」から派生したバリエーション・カクテルです。 辛口とキレが特徴のドライジンをベースに、ザクロなどの果実類からつくられたグレナデンシロップの甘味、柑橘系酸味のレモンジュース、そしてコクと卵特有の甘味の卵黄を加えたレシピで、卵黄がドライジンの辛口やキレの角を取り、レモンジュースがアクセントとして全ての材料を繋ぎながら、グレナデンシロップの甘味が包み込んでいる印象です。爽やかさとまろやかさがマッチしていて、口当たりも良いので、食前酒にも向いているカクテルです。

グレープバイン|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・グレープフルーツジュース・レモンジュース )

「 グレープバイン Grapevine 」とは、「 ブドウの蔓 」または「 噂の秘密経路 」という意味らしく、どちらも全く違うものなのでどちらがこのカクテルの由来なのかはわかりません。カクテルのグレープバインは、辛口とキレのドライジンをベースに、フルーティーな酸味が特徴のグレープフルーツジュース、柑橘系酸味のレモンジュースを合わせ、アクセントにグレナデンシロップを加えたレシピで、辛口なテイストと酸味が目立っていますが、アクセントのグレナデンシロップの微かな風味が全体の酸味の強さを緩やかにしています。

チャーリーパイ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・スイートベルモット・カンパリ )

辛口でキレのあるドライジンをベースに、ニガヨモギなど何十種類ものハーブを白ワインに漬け込んだ甘味のあるスイート・ベルモットと、イタリアが誇るビター・リキュールカンパリを合わせたレシピで、辛口、甘味、苦味の3つが合わさり複雑なテイストを持っているカクテルです。複雑ではありますが、ドライジンキレとスイート・ベルモットの香りと甘味、カンパリのクセになる苦味がサッパリとした口当たりを生み、奥深さもある一品です。

クローバーリーフ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・グレナデンシロップ・レモンジュース・卵白 )

今回紹介した「 クローバーリーフ 」とは、幸運のアイテムとしてよく知られている四つ葉のクローバーのことです。 リーフとは「 葉 」のことなので、「 クローバーの葉 」とい意味のカクテルです。辛口でキレのあるドライジンをベースに、ザクロのシロップ( グレナデンシロップ )で甘味を足し、柑橘系酸味のレモンジュース、コクとまろやかさがある卵白を合わせたレシピで、爽やかながらまろやかで口当たりが良いカクテルに仕上がっています。酸味、キレがあるため飽きにくく、スッキリとした味わいもある一品です。

菜の花|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・ピーチリキュール・オレンジジュース )

「 菜の花 」とは、アブラナ科アブラナ属の花の名前で、身近な春の光景として親しまれています。身近で春の色彩を感じれることからか、古くから文学や詩、言葉などに登場することが多く、それだけ日本人にとって春の代名詞の植物なのです。カクテルの菜の花は、キレと辛口のドライジンをベースに、桃のフルーティーで甘い香りが特徴のピーチリキュール、こちらも爽やかでフルーティーな甘味が特徴のオレンジジュースを合わせたレシピで、オレンジジュースのフルーティーな甘味の中に桃の淡い香りと甘味が溶け込み、ドライジンの存在が甘味と辛味のバランスを良くし、爽やかで飲みごたえのあるカクテルにしています。

パーフェクト・マティーニ( ミディアム・マティーニ )|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・ドライベルモット・スイートベルモット )

通常マティーニはドライジンとドライベルモットの組み合わせですが、そこにスイート・ベルモットを加えたカクテルで、別名「 ミディアム・マティーニ 」とも呼ばれています。キレと辛口のドライジンをベースに、ニガヨモギなど何十種類ものハーブを白ワインに漬け込んだフレーバー・ド・ワインである辛口のドライベルモットとカラメルなどの甘味が追加されているスイート・ベルモットを加えたレシピで、口当たりは軽く、まろやかさも微かに感じられます。ベルモットの風味とドライジンのキレが印象的で、複雑なテイストになっているカクテルです。

ポムポム|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライベルモット・ドライジン )

今回紹介した「 ポムポム 」の意味を調べたところ明確な答えは見つかりませんでした。 ただポムポムで調べると、サンリオキャラクターのポムポムプリン、イギリス軍が採用した「 ポンポン砲 」ことヴィッカース QF2対空砲、フランスのリンゴケーキが出てきました。カクテルの特徴は、キレと辛口のドライジンと、ニガヨモギなどの何十種類ものハーブを白ワインに漬け込んでつくられたドライ・ベルモットを合わせたレシピで、全体的には辛口さとハーブ香が目立ち、飲みごたえもしっかりとある印象です。

パリジャン|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・ドライベルモット・カシスリキュール )

今回紹介した「 パリジャン 」というネーミングは、「 パリの人 」または「 パリっ子 」などの意味で、主に男性に対して使われる言葉です。辛口でキレのあるドライジンをベースに、ニガヨモギなど何十種類ものハーブを白ワインに漬け込んだドライ・ベルモット( 別名フレンチ・ベルモット )と甘酸っぱさが魅力的なクレーム・ド・カシスを合わせたレシピで、ドライでキレのあるテイストに、ベリーの甘酸っぱさが加わり、万人受けする飲みやすさになっています。赤の色合いとその香りと風味が、フランスらしさを醸し出している一品です。

ジン & イット( ジンアンドイット )|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ドライジン・スイートベルモット )

今回紹介した「 ジン & イット 」のイットとは、英語の「 It 」ではなく「 イタリアン 」の略だそうで、スイート・ベルモットを製造しているブランド「 マルティーニ 」が自社の製品を売り込むために考案されたカクテルだとも言われています。このカクテルは、カクテルの王様と呼ばれるマティーニの原型になったカクテルとされています。現在はレシピの分量は変わっていませんが、甘味があるオールド・トム・ジンではなく、辛口とキレのドライジンが使われていることが多く、甘味が抑えられています。ドライジンの香りとキレ、スイート・ベルモットのハーブ香と甘味が特徴的なカクテルです。

オレンジ・ブルーム|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・ホワイトキュラソー・スイートベルモット )

「 オレンジ・ブルーム Orange Bioom 」とは、「 オレンジの花が開花する 」また「 オレンジの花が咲く 」などという意味です。カクテルは辛口でキレのあるドライジンをベースに、オレンジの果皮をスピリッツに漬けこんでつくられたホワイトキュラソーと、ニガヨモギを中心にハーブ類をワインに漬け込んでつくられたフレーバー・ド・ワインのスイート・ベルモットを合わせたレシピで、爽やかでフルーティーな香りを感じられ、スイート・ベルモットとホワイトキュラソーの甘味が飲み口を良くしており、ドライジンが飲みごたえとサッパリさを加えているカクテルです。