CATEGORY

ブランデーベース ショート

キューバ・カクテル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ブランデー・アプリコット・ライムジュース )

「 キューバ・カクテル 」とはブランデー、ライムジュース、杏を使ったリキュールのアプリコットを使ったレシピで、ブランデーのブドウと、樽熟成した濃厚な香りに、柑橘系の酸味のライムジュース、杏の甘みのアプリコット・ブランデーがバランスよく混ざり合い、香り、甘み、酸味を一体として味わえ、それぞれの香りも楽しめるカクテルです。

ブランデーベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

見た目はウィスキーとよく似ていますが、原料と製造が違うため、味や香りが大きく変わります。 穀物を原料として使うウィスキーに対してブランデーは果実を使います。 ウィスキーとはまた違った芳醇な果実の香りを堪能できます。カクテルにももちろん使われていて、特に他のベースのお酒に比べて卵やミルクなどを使っているものが多いのが特徴で、相性が良いのでぜひお試しいただきたいレシピが多くあります。それでは ブランデーベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

カルヴァドス・カクテル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( アップルブランデー・オレンジジュース )

「 カルヴァドス 」とは、コニャック・アルマニャックと並ぶ世界三大ブランデーの一つで、その土地で生産しなければ呼ぶことができない現地呼称の蒸留酒です。 原料は主にリンゴを使い、ブランデーではあるものの、アップル・ブランデーの一種となります。 フランス産ブランデーカルヴァドスの甘みと香りに、オレンジジュースのフルーティーさを合わせ、ホワイト・キュラソーでバランスを整え、隠し味的なアクセントにオレンジ・ビターを加えたレシピです。 フルーツとブランデーの香り、甘めの濃厚な味が特徴のカクテルです。

オリンピック|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ブランデー・オレンジキュラソー・オレンジジュース )

1924年パリ・オリンピック開催を記念してつくられた由緒あるカクテル。考案者はホテル・リッツのチーフ「 フランク・ヴェルマイヤー 」氏。 ブランデーの香り、オレンジ・キュラソーの独特のほろ苦さ、オレンジジュースのフルーティーさがマッチしたレシピです。 フレッシュなオレンジジュースが爽やかさを出し、甘味を引き締め、ブランデーのコクを更に深めているカクテルです。

イースト・インディア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ブランデー・パインジュース )

ブランデーの芳醇な香りに、オレンジ・キュラソーとパイナップルジュースのフルーティーな甘み、そしてアンゴスチュラ・ビターズをアクセントに使っているレシピ。 どちらかというと甘口で飲みやすいところが特徴。 アルコールは高めなので飲み過ぎには注意。 イースト・インディアを直訳すると「 東インド( East india ) 」の意味。 なぜこの名前が付いているかは不明。 材料の中にあるパイナップルジュース、オレンジ・キュラソーは南国との関連がありそう。

アメリカン・ビューティー|カクテルレシピ・作り方・特徴( ブランデーとオレンジジュース、ワインリキュール )

アメリカン・ビューティーとは、数多くある薔薇の品種の中の一つで、アメリカの首都であるワシントンD.Cのスンボルフラワーに指定されている花です。 このカクテルの由来は、おそらくそのアメリカの首都のシンボルフラワーから来ていると思われます。 見た目も、赤い薔薇のように綺麗な赤で、ポートワインを浮かばせているので、グラデーションになっていてとても美しいカクテルです。 ブランデーの風味、ドライ・ベルモットの辛口感、オレンジジュースのフルーティー、グレナデンシロップの甘みが加わり、ポートワインがアクセントとなっているカクテルです。 ポートワインが浮かんでいるため、一口飲むと、ポートワインの次に深みのある甘みが口の中に広がります。

アレキサンダー|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ブランデーとカカオリキュール )

アレキサンダーの特徴は何といってもクレーム・ド・カカオの香りに生クリームが合わさったまろやかな甘みでしょう。 チョコレートを連想させる味わいがあり、甘みが強いため、アルコールが25%以上もあることを感じさせません。 なので、飲みすぎやピッチの速さには注意が必要。 女性に人気があるアレキサンダー、上品な雰囲気と味わいが長年に渡って飲まれ続けてきた理由なのでしょうか? ぜひ一度お試しください。