CATEGORY

ジン ベース

シンガポールスリング|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ドライジン・ソーダ・チェリーブランデー )

その名の通り「 シンガポール 」で誕生したのが由来です。では「 スリング 」はというと、なぜかドイツ語の「 飲み込む Schlucken 」から来ているそうです。 ドライジンの辛みと飲みごたえに、レモンジュースの酸味を加え、爽快感と喉越しのソーダで割り、チェリーの甘みと香りが特徴のチェリー・ブランデーを沈めたレシピで、見た目はネーミングの通り美しい2層になっていて、爽やかさと程よい甘みを感じられます。まさに考案者のコンセプトの通り女性にピッタリなカクテルと言えます。

ゴールデン・フィズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・レモンジュース・卵黄・ソーダ )

「 ゴールデン・フィズ 」とは、おそらく見た目からその名前が付いたと思われます。 辛口とキレがあり、アルコール感ある飲みごたえのドライ・ジンをベースに、柑橘系酸味のレモンジュース、コクの卵黄、甘みのシュガーシロップを加え、爽快感あるソーダで割ったレシピです。 簡単に言うとジン・フィズに卵黄を加えたレシピで、元々の爽快感ある飲みやすさが特徴のジン・フィズに、卵黄が入る分コクと飲みごたえが増しているカクテルです。

ゴジラ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・アップルバレル・ミドリ・レモンジュース )

「 ゴジラ 」はみなさんご存じの日本映画大怪獣ゴジラにちなんで作られたカクテルで、ニューヨークのBARで流行したそうです。 見た目は深い緑色で、ゴジラの見た目をイメージした色合い。 辛口とキレのドライ・ジン、フルーティーな甘みのアップル・バレルとメロンリキュール、柑橘系の酸味のレモンジュースを加え、おそらく深い緑にするために加えたブルー・キュラソーが混ざり合い、甘みが強く飲みごたえのあるカクテルに仕上がっています。

ジンベース・ロングスタイル カクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの中でも特に人気のある「 ジン 」。 ほのかにジュニパーベリーの香りがし、様々な材料と合いやすく、様々な国で根付いてきたことからカクテルレシピも他のベースに比べて多く生まれました。 ジンベースのロングスタイルの中で代表的なもので「 ジン・トニック 」は特に有名で、お酒を飲まない人でも存在を知る方は多いと思います。 他にも「 シンガポール・スリング 」「 ジン・バック 」「 ジン・フィズ 」「 トム・コリンズ 」「 ネグローニ 」と代表的なカクテルも多くあります。 それではジンベース・ロングスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

ギムレット・ハイボール|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・ライムジュース・ソーダ )

「 ギムレット・ハイボール 」という名前の中にある「 ギムレット 」とは、ジンベースを代表するショートカクテルのことで、今回紹介したギムレット・ハイボールはそのままギムレットをハイボールスタイルにしたバリエーションカクテルになります。 ドライ・ジンの香り、アルコール感がある飲みごたえに、柑橘系酸味のライムジュースと、少しの甘みのシュガーシロップを加え、ソーダで割ったレシピで、爽快感、飲みやすさが特徴的で、飽きにくいカクテルになっています。

ジンベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの中でも特に人気のある「 ジン 」。カクテルのレシピを見ても、特に数が多いのが「 ジンベース 」。 カクテルの王様と言われている「マティーニ 」もジンベースです。他にもショートカクテルで代表的なカクテルに「 ギムレット 」があります。 ロングカクテルでは「 ジントニック 」・「 シンガポール・スリング 」などが有名です。 それでは ジンベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

ヴィト・コリンズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・マラスキーノ・ソーダ )

カクテル「 トム・コリンズ 」の派生で生まれたバリエーションカクテルで、 トム・コリンズのレシピにマラスキーノリキュールが加わったレシピです。 マラスキーノリキュールは、渋いさくらんぼの様な独特な風味と、スッキリとした甘さが特徴です。 トム・コリンズのはドライ・ジンのキレと柑橘類の酸味にソーダが加わった爽快感あるカクテルで、そのトム・コリンズにスッキリとした甘みが加わり、より飲みやすく、サッパリとした口当たりになっています。 トム・コリンズが少しキツイと感じる方は、こちらのヴィト・コリンズをおすすめします。

トム・コリンズ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( オールドトムジン・レモンジュース・ソーダ )

考案者は、19世紀イギリス・ロンドンにあったホテルのリマーズ・コーナー・バーテンダーである「 ジョン・コリンズ 」氏 オールド・トム・ジンを使用する場合は、ドライ・ジンよりも少し甘みが感じられます。 ジンのドライ感とキレ、レモンジュースの柑橘系の酸味が合わさり、それを爽快感と喉越しが良いソーダで割ったレシピで、キリッとした口当たりに、飽きにくさと飲みやすさを兼ね備えた定番カクテルです。

グレープフルーツ・コリンズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・グレープフルーツリキュール・ソーダ )

グレープフルーツ・コリンズは、辛口とキレのあるドライ・ジンをベースに、酸味と甘みのピンクグレープフルーツリキュール、柑橘系の酸味のレモンジュースを加え、ソーダで割ったレシピです。サッパリとして飲みやすく爽快感もあるカクテルで、ドライ・ジンの存在がアルコール感も出しているので、飲みごたえもるコリンズスタイルです。

グリーン・ハット|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・グリーンミントのソーダ割り )

ドライ・ジンの風味、辛口にグリーン・ミント・リキュールの突き抜けるような爽快感を、炭酸の喉越しで飲むカクテル。 何といっても爽やかさがこのカクテルの特徴で、シェークなども必要ないため、簡単に作れてすぐに飲めるお家でつくるのに向いています。 ドライ・ジンとグリーン・ミント・リキュールが同じ量で入っていますが、よりミントを感じたい場合は10ml程増やしてみましょう。 よりアルコールや、ドライ・ジンのキレを楽しみたい方は、ドライ・ジンの量を増やしましょう。お好みでレモンスライスやレモンカットなどを入れるのもお薦めです。