CATEGORY

ビール ベース

コーク・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビールとコーラ )

今回ご紹介したカクテルは、ビールとコーラという異色の組み合わせです。 甘みと独特の香りのコーラに、苦みと麦の香りが特徴のビールをハーフ & ハーフで飲むというカクテルで、どちらも世界中で知れ渡り、日常で飲まれているにもかかわらず、この組み合わせはあまり見かけることがありません。 しかし飲みごたえと爽快感のある両者が合わさり、ビールの苦みが和らぎ、代わりに甘みが加わったことと、元々低いアルコール度数がさらに低くなり、飲みやすさが大幅にアップしています。

ミント・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビールとグリーンミント )

ビールとミントという異色の組み合わせではありますが、意外と合うコンビです。 ビールの苦みと喉越しに、突き抜けるような爽快感のグリーン・ミントリキュールを加えたシンプルなレシピです。 まず始めに口にする際にミントの香りが印象的で、飲むとビールの風味を味わい追いかけるようにミントの爽快感がやってきます。 夏の暑い日、仕事帰りなんかに飲むと最高かもしれません。

抹茶・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビール・抹茶リキュール )

「 抹茶・ビア 」とはその名の通りビールに抹茶のリキュールを入れたカクテルです。 ビールの苦み、喉越しに抹茶の香りと風味を加えたレシピで、リキュールなので甘みも感じられます。 いつものようにゴクゴク飲んでいただくのもいいかと思いますが、まずは意外と相性が良いビールと抹茶の組み合わせをゆっくりと味わっていただきたいです。

ビールベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

居酒屋などのお酒を主役とするお店以外でもビールは「 とりあえずビール 」と一番初めに注文されるほど日本で定着しています。 ビール特有の香りと、苦み、そして炭酸の爽快感がクセにさせてしまうのかもしれません。 カクテルにおいてのビールは、やはり使われています。 他のベースのお酒と違って、ビール自体に炭酸が入っているため、ベースというよりは割り材として使われ、様々な材料を混ぜるといった形よりは、ビールに何かを足すといったようなシンプルなレシピが多いのが特徴です。 それでは ビールベース のカクテルレシピを一覧で紹介!!

ブルー・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビール・ブルーキュラソー・マラスキーノ )

マラスキーノの爽やかな風味にブルー・キュラソーの甘みを苦みのあるビールで割ったレシピです。 マラスキーノとブルー・キュラソーが独特の香りを造り出していて、ビールの喉越しが特徴的で不思議な味わいのカクテルです。見た目もブルー・キュラソーの青とビールの金色が混ざり、不思議な色になっています。

赤ワイン・シャンディガフ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 赤ワイン・ビール・ジンジャーエール )

「 赤ワイン・シャンディガフ 」とは、ビールカクテルの代表的存在の「 シャンディガフ 」から派生したバリエーションカクテルです。 シャンディガフは、ビールとジンジャーエールというとてもシンプルで簡単なレシピで、今回紹介する赤ワイン・シャンディガフはシャンディガフに赤ワインを加えたレシピです。 こちらもシンプルで、作りやすく飽きもきにくいカクテルです。 芳醇さと酸味を併せ持つ赤ワインに、苦みと喉越しのビールに、辛みと甘みのジンジャーエールを合わせ、刺激が効いた爽快な味わいが特徴のカクテルです。

ピコン & ビール|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( アメールピコンとビール )

「 アメール・ピコン 」のアメールは「 苦い 」という意味で、フランスで生まれ、イタリアで生産されているオレンジの香りとハーブのほろ苦く爽やかな飲み口が特徴のビター系リキュールです。 元々のビールの苦み、うま味に、アメール・ピコンのハーブの香りとほろ苦さ、そして甘みが加わり、ビールが苦手な人が飲めてしまう程飲みやすくなっています。お好みでカットレモンの酸味を加えると、爽やかさがアップし。さらに飲みやすくなります。

ビア・バスター|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビール・ウォッカ・タバスコ )

個人的にはあまり紹介したくないカクテルです。 なぜかというとネーミングに「 バスター 」とあり、これは壊す人・騒ぐ人などという意味があり、バカ騒ぎ用のカクテルだからです。 できれば騒いで飲むより、何人かで和気藹々笑いながら飲んだり、カップル、または一人で趣味と一緒に飲んだりするのが美味しいお酒の飲み方だと考えるからです。 今回紹介したのは、ビールベースのカクテルは、スピリッツやリキュールなどのベースに比べて数が少ないので紹介しました。 ビールというお酒に多めのウォッカを入れ、タバスコでお酒自体を刺激的にしたまさに騒ぐのには打ってつけのカクテルです。 お酒を飲むという事は、20歳以上ということ、大人な呑み方を心がけましょう。

ビア・スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビールと白ワイン )

ビア・スプリッツァーは、白ワインベースカクテル、スプリッツァーの派生カクテルです。 スプリッツァーの特徴である爽やかさを、白ワインの酸味とビールの苦みに特徴を変えてはいますが、アルコール度数の低さと炭酸の爽快感はスプリッツァーの特徴を受け継いでいると言えるカクテルです。 もう一つスプリッツァーの特徴として、簡単に作ることができるという点があり、このビア・スプリッツァーもその特徴を持っているカクテルです。 お家でビールを飲んでいる方は多くいます。 たまには違うビールを飲んでみたい方にはおすすめできるカクテルです。

バナナ・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( バナナリキュールのビール割り )

このカクテルはビールにもう一つ違いを付けることができるカクテルで、名前の通りバナナリキュールを入れて、バナナの風味を加えたビールです。 リキュールなので甘みも加わり、とても飲みやすくフルーツ感があります。 1杯目のビールではなく、3杯目くらいにむいてるかな、と思います。