CATEGORY

ソーダ

カシス・ソーダ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( カシスのソーダ割り )

カシスとは、ストロベリー、ブルーベリーなどのベリー系の一つで、直径約1cmほどの黒色に近い紫色をした実のことです。カシスという名前はフランス語であり、和名は「 クロスグリ 黒酸塊 」、英語では「 ブラックカラント Blackcurrant 」と呼ばれていて、味は甘酸っぱく、えぐみがあり、ブルーベリーに見た目同様近いです。 カシスソーダは、ベリー系特有の甘酸っぱさと、甘みが特徴のカシスを爽快感あるソーダで割ったレシピで、アルコール度数も低く、口当たり、香りなどどこを見ても飲みやすさバツグンのカクテルです。

スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 白ワイン・グレナデン・ソーダ )

プリッツァーとはドイツ語で「 はじける 」( シュプリセン spritzen )から名前が付いたと言われています。 白ワインをソーダで割るというシンプルなレシピ。 そのシンプルさ、アルコール度数の低さ、飲みやすさなどが理由で1980年代アメリカで大流行し、その後日本でも飲まれ、今では定番カクテルのひとつとなっています。辛口の白ワインに爽快感あるソーダで割ることで辛みを押さえ、代わりに喉越しをプラスしたカクテル。

ウィスキー & ピーチソーダ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキー・ピーチリキュール・ソーダ )

ウィスキーに、少量のピーチ・リキュールを加え、ソーダで割るレシピです。 ウィスキーに、少量のピーチ・リキュールを加え、ソーダで割るレシピです。 芳醇な香りと風味が特徴のウィスキーをベースに、桃のフルーティーな甘みのピーチ・リキュール、爽快感があり、喉越しが良いソーダで割ったカクテルで、アルコール度数も低く、飲みやすいためお酒に弱い方やウィスキー初心者にオススメできます。

カカオ・フィズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( カカオリキュール・ソーダ )

カカオを使ったリキュール「 クレーム・ド・カカオ 」をフィズ・スタイルで飲むカクテルです。 重みのある甘みとナッツの香りが特徴のクレーム・ド・カカオに、柑橘系酸味のレモンジュースをシェークし、ソーダで割ったレシピで、重い甘みにレモンジュースの酸味とソーダの爽快感で割るため、サッパリとした甘みになり、飲みやすいく、それでいてカカオの甘みと香りを感じられるカクテルです。

カシス・ショット|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( テキーラ・カシスリキュール・ソーダ )

カシス・ショットとは、テキーラベースの「 ショットガン 」から派生したバリエーションカクテルです。 ショットガンはテキーラにトニックウォーターをショットグラスという小さなグラスに入れて、蓋をしテーブルにグラスの底を叩き付け、炭酸を泡立たせて一気に飲むカクテルで、カシスショットは、クレーム・ド・カシスを入れて、フルーティーなベリーの甘みを加え、トニックウォーターをソーダに変えることで苦みを取り除き、飲みやすくしたカクテルです。

ギムレット・ハイボール|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・ライムジュース・ソーダ )

「 ギムレット・ハイボール 」という名前の中にある「 ギムレット 」とは、ジンベースを代表するショートカクテルのことで、今回紹介したギムレット・ハイボールはそのままギムレットをハイボールスタイルにしたバリエーションカクテルになります。 ドライ・ジンの香り、アルコール感がある飲みごたえに、柑橘系酸味のライムジュースと、少しの甘みのシュガーシロップを加え、ソーダで割ったレシピで、爽快感、飲みやすさが特徴的で、飽きにくいカクテルになっています。

梅ごこち|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 日本酒・梅酒・ソーダ )

梅ごこちとは、梅酒のソーダ割りにアレンジを加えたレシピで、日本酒の口当たりに、グレナデンシロップの色と甘みを加えたカクテルです。 梅酒は、日本を代表するリキュールで、ドラッグストアー、コンビニ、スーパーなどで色々な種類を多く目にします。 なのでお家で梅酒をソーダなどで割って飲んでいる方は多くいて、ご自分の割り量なども決まっているのではないでしょうか? 梅酒がお好きな方にたまには違ったレシピで梅酒を楽しめると思いますのでおすすめです。

ピエール・コリンズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( コニャック・ソーダ )

「 ピエール・コリンズ 」は、数あるジンベース・ロングカクテルの中でも代表的存在の「 トム・コリンズ 」から派生したバリエーションカクテルです。 ピエールとはフランス人男性によくある名前で、その名前をそのまま使ったのかもしれません。 香り高く芳醇なコニャックをベースに、柑橘の酸味のレモンジュースを爽快感あるソーダで割ったレシピで、ブランデーの香り高さと少しの酸味を喉越し爽やかに飲めるカクテルです。

ウィスキー・ハイボール|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウィスキー・ソーダ )

いつの間にか日本のいたるところでウィスキー・ハイボールは定着していました。 居酒屋、スーパー、BARや宅呑みで、今まで定番だったビール、焼酎などと同じように飲まれています。 日本のウィスキーは世界5大ウィスキーの一つになるほど世界的にも認められているウィスキーで、品質も香りも世界トップレベルです。 そういった馴染み深く、手に入りやすいウィスキーに、ソーダというなんにでも合わせられる材料がハイボールを定番のカクテルとして押し上げた要因なのかもしれません。

エメラルド・スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( マスカット・メロン・白ワイン・ソーダ )

白ワインベースカクテルの代表的存在である「 スプリッツァー 」の派生カクテルです。 スプリッツァーは白ワインをソーダで割り、グレナデンシロップを加えたレシピで、アッサリとした飲みやすさが特徴のカクテルです。 今回紹介したエメラルド・スプリッツァーは、爽やかな甘みのマスカット・リキュール、フルーティーな甘みのメロン・リキュール、辛みとサッパリ感の白ワイン、爽快感のソーダを合わせたレシピです。 爽やかな甘みと爽快感と飲みやすさが特徴のカクテルです。