CATEGORY

日本酒・焼酎 ベース

サケ・ジンジャー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 日本酒・ジンジャーエール )

日本酒をジンジャーエールで割るというとてもシンプルなカクテル。 日本酒とジンジャーエールという異色の組み合わせではありますが、相性はとても良く、日本酒の香りや風味に、辛みと甘みが加わり、爽やかな飲みごたえが特徴のカクテルです。 お好みで柚子の皮を入れたり、柚子の汁をほんの少しを加えると、香りと飲みやすさがアップします。

日本酒・焼酎のカクテルベース一覧|レシピを一覧早見表で紹介

日本生まれのお酒「 日本酒 」海外では「 サケ SAKE 」と呼ばれています。 主原料は日本人が主食としているお米です。 お米の削り具合で種類が分かれたり、地方で様々なものがあったりと種類も豊富です。 基本的に日本酒は、「 冷酒 」と呼ばれる冷たく飲む方法と、日本独特の容器「 徳利 」に入れ、温めて飲む「 熱燗 」とあり、その両方もそのまま飲むというスタイルが通常です。アルコール度数もドライ・ジンやウィスキーなどのスピリッツ( 約40%前後 )に比べると低く15%前後です。 その日本酒もカクテルの材料として使われています。 主に日本人が日本をアピールするため、日本酒を世界に広める為、そして日本酒の味わいを違った形で楽しむために数多く生まれています。 それでは 日本酒・焼酎ベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

梅ごこち|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 日本酒・梅酒・ソーダ )

梅ごこちとは、梅酒のソーダ割りにアレンジを加えたレシピで、日本酒の口当たりに、グレナデンシロップの色と甘みを加えたカクテルです。 梅酒は、日本を代表するリキュールで、ドラッグストアー、コンビニ、スーパーなどで色々な種類を多く目にします。 なのでお家で梅酒をソーダなどで割って飲んでいる方は多くいて、ご自分の割り量なども決まっているのではないでしょうか? 梅酒がお好きな方にたまには違ったレシピで梅酒を楽しめると思いますのでおすすめです。

梅ソーダ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 梅酒のソーダ割り )

梅特有の酸っぱさと梅酒の甘みをソーダで割ったカクテルです。 居酒屋などでもよく見られ、国内認知度はかなり高く、スーパーなどでも多く取り揃えているので手に入りやすく、お家などでも飲まれている方が多い日本のリキュールです。 梅酒はそのままはもちろん、今回紹介するソーダや、トニックウォーター、ジンジャーエールと炭酸類との相性が良く、梅酒の量を調整してお好みで飲むことが一番おいしいと思います。

焼酎ドライバー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 焼酎のオレンジジュース割り )

焼酎をオレンジジュースで割るという簡単に作れてシンプルなカクテルです。 焼酎の量を45mlと記載しましたが、特に決まりがあるわけでもないので、自分の好みの量を入れるのが良いと思います。 好みで言うと、焼酎も、麦、芋、米など多彩に種類がありますので、自分の好みに合った焼酎でお試しください。 おすすめは麦で、相手がオレンジジュースという事で麦が一番合うかなぁと思ってます。

ファンタスティック・レマン|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 日本酒のトニックウォーター割り )

日本酒の癖がなく、スッキリしていて甘さと爽やかさのバランスが絶妙なカクテルです。 1981年、国際バーテンダー協会が主催の世界カクテルフスイスの幻想的なの湖「 レマン湖 」をイメージし、グラスの底にブルーのグラデーションをつくり美しいカクテルです。ェスティバル・スイス開催の日本代表カクテルです。 創作者は日本バーテンダーの先駆者でもある「 上田 和男 」さんで、このカクテルで銀賞を受賞しました。

サムライ・ロック|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 日本酒+ライムジュース )

日本酒とライムとの相性は抜群によく、「 サムライ・ロック 」はまさにその代表的なカクテルです。 日本酒を使ったカクテルは、昭和30年代に多くの外国人が来るようになり、様々な日本酒を使ったカクテルが考案され提供し、もてなした時期があるそうで、サムライ・ロックもその時に誕生したのではないか?と思われます。

サケ・サワー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 日本酒のソーダ割り )

日本酒はそのまま飲むことが主流で、あまりカクテルの認知度はありませんが、どのレシピもシンプルで、作りやすく飲みやすいものが多いです。 日本はウィスキーとソーダの「 ハイボール 」がのみやすく主流ですが、サケサワーもハイボールと同じくらいの飲みやすいカクテルなので、ぜひお試しいただきたいカクテルです。

黄金池|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 梅酒のジンジャー割り )

京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町にあるお寺「 西芳寺 」の中にある黄金池をモチーフにしています。 黄金池は「 心 」の文字を象っており、「 心字池 」とも呼ばれています。他にも一面の苔が生えていることから「 苔寺 」という別名があります。 カクテルの黄金池はまさにその美しい苔たちをモチーフにしたカクテルです。