ラムベース ロングスタイルの種類 カクテルリスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

世界4大スピリッツの一つのラム。4大スピリッツの中でも生産量は1位です。
カリブ海生まれが影響してか、カクテルにはトロピカルカクテルのレシピがたくさんあります。

ほのかな甘みのある飲みやすいスピリッツなので、カクテルのみならずケーキやタルトなどのデザート、紅茶の香りづけ、フレンチ料理などのに使われることも多く、お酒の消費ではジンウォッカに劣りますが、使われているジャンルは他を圧倒します。

それではラムベース・ロングスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

※ 画像かタイトルをクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
イエローバード ( + オレンジジュース )   Recipe no.003
  • ゴールドラム・・・・・・・30ml
  • バナナリキュール・・・・・15ml
  • レモンジュース・・・・・・30ml
  • オレンヂジュース・・・・・30ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・・1tsp
  • オレンヂカットやチェリー

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・14%

口当たりの良いゴールドラム、バナナリキュール、酸味のレモンジュース、フルーティーな甘味のオレンジジュースを合わせた飲みやすいフルーティーなトロピカル・カクテルです。

イスラ・デ・ピノス ( + グレープフルーツジュース )   Recipe no.014
  • ホワイトラム・・・・・・・・45ml
  • グレープフルーツジュース・・・45ml
  • グレナデンシロップ・・・・・1tsp
  • 砂糖・・・・・・・・・・・・1tsp
  • クラッシュ・ド・アイス

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・16%

1970年代にトロピカルカクテルが多く日本に上陸した際に、イスラ・デ・ピノスも日本に広く伝わりました。ホワイトラムのキレのあるアルコール感に、フルーティーな酸味が特徴のグレープフルーツジュースをクラッシュ・ド・アイスに入れてストローで飲むレシピ。 グレナデンシロップと砂糖を入れ、少し甘味を加えることで酸味が和らぎ、飲みやすくなっているカクテルです。

キューバ・リブレ ( + コーラ )   Recipe no.025
  • ホワイトラム・・・・・・・45ml
  • ライムジュース・・・・・・10ml
  • コーラ・・・・・・・・・・Full
  • ライムカット

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・7%

1890年後半のキューバ独立戦争時、アメリカの軍人がキューバ首都にあるBARでラムとコーラとライムを絞ったドリンクを飲んでいました。そのドリンクは同じバーで飲んでいるアメリカ兵達に広がり、乾杯をする際に「 キューバの自由のために Por Cuba libre 」と言って乾杯したのが誕生の瞬間です。ホワイトラムのキレとアルコール感に、柑橘系酸味のライムジュースをアクセントに加え、甘味と爽快感のあるコーラで割ったレシピで、飲みごたえがあり、コーラの甘味と爽快感がとても飲みやすくしています。

[ スポンサーリンク ]

イブニングミスト ( + パインジュース )   Recipe no.037

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・16%

ホワイトラムのキレ、クレーム・ド・ペシェ( ピーチリキュール )のフルーティーな桃の甘味と柑橘系の酸味のレモンジュース、フルーティーで少し酸味のあるパインジュースが入ったレシピで、爽やかさとフルーティーな甘味が特徴のカクテルです。トロピカルドリンクのような飲みやすさがあり、女性にも好まれやすいカクテルです。

インディアン・サマー ( + ソーダ )   Recipe no.048
  • ラム・・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・1tsp
  • 卵黄・・・・・・・・・・1個
  • ソーダ・・・・・・・・・Full

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・9%

「 インディアン・サマー 」とは秋から冬にかけての季節に晴天が続き、日中は暖かく、夜間は冷え込む期間のこと。ラムのアルコール感ある飲みごたえとキレをベースに、レモンジュースの柑橘系の酸味と、卵黄のコクとまろやかさを合わせ、ソーダで割るレシピで、爽やかさとまろやかさを兼ね備え、飲みごたえと爽快感もあるカクテル。

エル・ゾルザル ( + オレンジジュース )   Recipe no.057

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・サワーグラス
アルコール・・16%

アニゼットとはアニシード( アニス )を主原料とし、様々なスパイスやボタニカルなどを使ったハーブ系リキュールです。 そのアニゼットの風味とラム、更にオレンジジュースのフルーティーな味わいが特徴のカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ホワイト ラム ~

1860年カリブ海のアメリカ自治領プエルトリコに設立されたロンリコ社は、禁酒法時代にも唯一製造を許されていたラムメーカー。スペイン語で「 リッチな味わいのラム 」を意味するネーミングで、ホワイトラムの中でも正統派のラム。スッキリとした味わいは、カクテルに使うのには最適な一品です。

カサブランカ ( + パインジュース )   Recipe no.077

技法・・・・・ブレンド
グラス・・・・サワーグラス
アルコール・・13%

カサブランカ( Casablanca )とはモロッコの最大の都市の名前です。パインジュースの少し酸味のあるフルーティーな甘味と、グレナデンシロップの甘味、アンゴスチュラ・ビターの隠し味的なビターが特徴です。フローズンスタイルで飲むという特徴があり、地中海がとても近い大西洋にピッタリのカクテルです。

グリーン・アイズ ( + パインジュース )   Recipe no.086
  • ゴールドラム・・・・・・・30ml
  • ミドリ・・・・・・・・・・25ml
  • マリブ・・・・・・・・・・15ml
  • ライムジュース・・・・・・15ml
  • パインジュース・・・・・・45ml
  • クラッシュ・ド・アイス
  • マラスキーノチェリー

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・13%

グリーン・アイズの考案者は「 アルバート・レベティー 」氏、1983年にアメリカ全土を対象に開催されたカクテル・コンペティションで、西部地域ロングカクテル部門第1位を獲得しました。味はメロンの甘味と香りに、ココナッツ・ミルクの香りが強く印象的に感じ、その後でラムのパンチがきます。

グロッグ ( + 水割り & お湯割り )   Recipe no.097
  • ゴールドラム・・・・・・・30ml
  • レモンジュース・・・・・・15ml
  • ミネラルウォーター・・・・Full
  • シナモンスティック・・・・1本
  • クローブ・・・・・・・・・3粒

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・6%

グロッグはとてもシンプルなカクテルで、ミネラルウォーターで割るため、ホワイトラムで作ると物足りなさを感じると思います。 なのでベースにはゴールドラムかダークラムを使います。 そのゴールドラム、ダークラムの風味や味を酸味のレモンジュースを加え原酒を楽しむカクテルです。

[ スポンサーリンク ]

ジャック・ターロックスタイル )   Recipe no.110
  • ロリンコ151・・・・・・30ml
  • サザンカンフォート・・・・15ml
  • ライムジュース・・・・・・15ml
  • クラッシュド・アイス
  • マドラー

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・36%

このカクテルの特徴は何といってもベースのラムがロリンコ151を指定していることでしょう。ゴールドラムの特徴でもある口当たりの良さと、ロリンコ151のガツンとパンチの効いたアルコール感に、サザンカンフォートのピーチが強めのフルーツの甘い香りに、ライムジュースの酸味を加えたレシピです。

キューバン・スクリュー ( + オレンジジュース )   Recipe no.130
  • ラム・・・・・・・・・・45ml
  • オレンジジュース・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・7%

ラムをオレンジジュースで割るのみというとてもシンプルで簡単なレシピ。 ラムのクリアに近い甘みとオレンジジュースのフルーティーな甘味と爽やかさが特徴です。スクリュードライバーのベースであるウォッカをラムに変えるというレシピで、 ウォッカベースのスクリュードライバーから派生したバリエーションカクテルです。

カリビアン・アイスバーグ ( + パインジュース )   Recipe no.151
  • ゴールドラム・・・・・・・30ml
  • キウイ・リキュール・・・・30ml
  • ライチ・リキュール・・・・10ml
  • パイナップルジュース・・・45ml
  • ブルーキュラソー・・・・・10ml
  • クラッシュ・ド・アイス

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ハリケーングラス
アルコール・・15%

名前の「 カリビアン 」とは、カリブ海周辺のこと、またはカリブ海周辺の地域の音楽を指して言う事もあります。「 アイスバーグ iceberg 」とは、氷山のことで、このカクテルの名前は、「 カリブ海の氷山 」という事になります。ライチのリキュールとキウイリキュールの甘味と香りが際立ち、それをパイナップルジュースがフルーティーにしてくれています。 ラムの存在でアルコール感も少し感じられ、ブルーキュラソーの存在が「 氷山 」の見た目を演出しているカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ホワイト ラム ~

ラム酒の最大手ブランドのバカルディの特徴は何といっても完成したラムをチャコールフィルタリングという炭を使って濾過することです。強い香味成分や雑味を取り除き、独自のクリアなラム酒をつくり、甘味、酸味は残り、全てのバランスが良く、カクテルの材料として最適なラムと言えます。

沖縄県の中でも低農薬サトウキビ栽培が特徴の南大東島を栽培地に選び、さらに製造方法は、サトウキビの搾り汁をそのまま製造に回し、無添加で製造するという世界でも3%程の会社しか採用していない「 アグリコール製法 」を使用しています。