ラムの歴史・製法・原料・種類・主なカクテルを紹介|カクテルのお酒・スピリッツ編

世界4大スピリッツの一つのラム。4大スピリッツの中でも生産量は1位です。

カリブ海生まれが影響してか、カクテルにはトロピカルカクテルのレシピがたくさんあります。

ほのかな甘みのある飲みやすいスピリッツなので、カクテルのみならずケーキやタルトなどのデザート、紅茶の香りづけ、フレンチ料理などのに使われることも多く、お酒の消費ではジンウォッカに劣りますが、使われているジャンルは他を圧倒します。

ラムの歴史

ラムの誕生 

ラムの主原料はサトウキビ、生まれはカリブ海です。(一説によるとキューバが有力です。) 初めにラムを作った国は特定できていませんが、1600年代の17世紀には存在したようです。

しかしサトウキビはカリブ海では自生しません。 ではなぜラムが生まれたのか・・・、それは1500年頃にヨーロッパからサトウキビが持ち込まれたところ、気候などの環境がマッチしたため、カリブ海全域に広がり、島々が生産地となりました。要するにラムはヨーロッパ諸国の植民地が発祥ということです。

更にアメリカで作られたラムは、アフリカで黒人奴隷の代金として渡され、そこで交換された黒人が西インド諸島でサトウキビ栽培の労働となります。 この連動した貿易がラムを世界中に広めた原動力のひとつになりました。

ラムの定着

そして17世紀カリブ海と言えばパイレーツ・オブ・カリビアンで有名な海賊です。 海賊と言えば宝と酒!

カリブ海の海賊が飲んでいるのは、ほとんどがラムです。 海賊のみならずこの時代のカリブ海のお酒はラムが一番飲まれていました。

1700年代中盤にイギリス海軍は、海の上の娯楽や、士気を高めるためにラムを兵士に配りました。 カリブ海の海賊とこの海兵の飲みものとしてラムは海のイメージが強くなっていったのです。

第二次世界大戦の頃のアメリカは「 ジン 」が人気でしたが、イギリスとの関係が悪く、ジンを輸入できずにいました。 そのジンの代わりに広まったのが同じスピリッツであり、アメリカでも生産しているラムです。 こうしてラムはジンやウォッカに勝るとも劣らない存在になっていきました。

日本では20世紀になってから生産されています。 基本的には西日本が主な生産地で、サトウキビで有名な沖縄県や、鹿児島県、高知県などです。

原料・製法

主な原料はサトウキビですが、ラムには2種類の製法があります。 「 インドストリアル製法 」と「 アグリコール製法 」です。

インドストリアル製法

インドストリアル製法の特徴は、サトウキビから砂糖を精製する際に出る副産物( 廃糖蜜 )を使用します。

この廃糖蜜を「 モラセス 」と言い、このモラセスを発酵させ蒸留し、オーク樽で貯蔵・熟成させます。

ラムの製法は2種類ありますが、世界中のラム総生産量の97%はこのインドストリアル製法です。 理由としてはモラレスは貯蔵しておくことで生産者のタイミングにラムを作ることができるためです。そのため1年中ラムの生産を行うことができます。そして貯蔵しておけるので製造地もサトウキビを栽培し、収穫できる土地に置かなくても良いというメリットがあります。

アグリコール製法

インドストリアル製法はモラセスを使うのに対し、アグリコール製法はしぼり汁をそのまま原料として製造します。 この製法は全世界のラム生産のおよそ3%程の生産量しかありません。

その理由はインドストリアル製法よりもずっと新しい製法であること、サトウキビは刈り取るとその瞬間から発酵が始まってしまうため、しぼり汁を使うこの製法は、サトウキビ栽培地の近くでないと生産できず、収穫時期以外生産できません。なので希少価値の高いラムです。

ラムの種類

ラムの種類には重さで分けられる場合(ライトラム・ミディアムラム・ヘビーラム)と色で分けられる場合(ホワイトラム・ゴールドラム・ダークラム)があり、今回は色でご紹介をいたします。

ホワイト・ラム

ロリンコ Ronrico( 写真提供 SUNTORY )

モラセスを発酵させ、連続式蒸留器で蒸留後に熟成させます。熟成用の樽も内面を焦がして香りづけをするウィスキーなどの樽とは異なり、内面を軽めに焦がした樽で熟成期間を短めにします。

熟成後のままの状態だと「 ゴールドラム 」、熟成後濾過したものを「 ホワイトラム 」と呼びます。

ホワイトラムは軽めで口当たりがよく、他の材料と合いやすいため、カクテルに使われることが多いです。

ホワイト・ラム おすすめ3選コチラ

ゴールド・ラム

キャプテン・モルガン Captain Morgan

モラセスを発酵させ、連続式蒸留器で蒸留後に熟成させます。熟成用の樽も内面を焦がして香りづけをするウィスキーなどの樽とは異なり、内面を軽めに焦がした樽で熟成期間を短めにします。

熟成後のままの状態だと「 ゴールドラム 」、熟成後濾過したものを「 ホワイトラム 」と呼びます。

短期間ではありますが樽熟成を行っているので、ストレートやロックスタイルにも向いています。 ダーク・ラム程濃厚さはなく、ホワイト・ラムほどクリアさもないため非常に飲みやすいです。

ラム初心者の方は、ゴールド・ラムから飲むことをおすすめします。

※ ゴールド・ラム おすすめ3選コチラ

ダーク・ラム

ロンサカパ Ron zacapa

ダークラムの特徴は、内面を焦がした樽で熟成することで樽からの独特な香味成分が出て、濃い茶色になるのが特徴です。他にも様々なフレーバーを使ったり、カラメル着色などをしてコクと香りが強く甘みがあり、ウィスキーに近いスピリッツです。

ウィスキーのようなスピリッツであるため、ストレートやロックスタイルで飲まれることが多いですが、カクテルはもちろんのこと、その香りや甘みから料理や洋菓子に使われる幅広さもダーク・ラムの特徴です。

※ ダーク・ラム おすすめ3選コチラ

ラムベースの主なカクテル ~ ロングスタイル 編 ~

ロングスタイル・炭酸割り

キューバ・リブレ・・・コーラ割り。 ラムのロングスタイルの中で、最も知名度が高いと言っても過言ではないカクテル。 ラム、レモンジュース、コーラとシンプルで飲みやすく飽きにくいといったまさにロングカクテルの中のロングカクテル。

シャークス・トゥース・・・ソーダ割。 ゴールド・ラムを楽しむためのロングカクテルです。グレナデンシロップはお好みで量を調節しましょう。

スージーテイラー・・・ジンジャーエール割り。 別名ラム・バック。シンプルで簡単飲みやすいというのが特徴。 辛みを出すためウィルキンソンをオススメします。 甘さを選ぶのなら、コンビニなどで売られているジンジャーエールを使いましょう。

ソルク・バーノ・・・トニックウォーター割り。 ラムにグレープフルーツジュースを合わせて果実の酸味を出し、パンチのあるトニックウォーターで割ることで、飽きのこないカクテルに仕上がります。

ロングスタイル・フルーツジュース割り

モンキー・ポウ・・・パインジュース割り。 このラムベースカクテルの特徴は、ベースのラムがダーク・ラムであること。 トロピカル系のレシピが多いラムは、パインジュースとの相性は抜群に良い上にダーク・ラムを使用することでコクと風味がプラスされ、美味しく仕上がカクテルです。

イスラ・デ・ピノス・・・グレープフルーツジュース割り。 グレープフルーツジュース割りと言えるほど量は入っておりませんが、他にジュースが入らないためフルーツジュース割り部門に入れました。 ラムベースのトロピカル系の代表格であるこのカクテルは、杏のシロップとグレープフルーツジュースのシンプルなトロピカルカクテルです。

カサブランカ・・・パインジュース割り。 こちらもクラッシュ・ド・アイスを使用するので、パインジュース割りと言えるほどパインジュースが多く入っているわけではありませんが、他にジュース系が入っていないため、フルーツジュース割り部門に入ります。 アンゴスチュラ・ビターズのアクセントが特徴的なトロピカルカクテルです。

キューバン・スクリュー・・・オレンジジュース割り。 ウォッカベースにあるスクリュードライバーのラムベース版。 シンプルですぐにれるカクテルです。

ロングスタイル・その他

イエローバード・・・ラムベースに多いトロピカル系のカクテルです。このカクテルのベースにはゴールド・ラムを使用します。 ホワイト・ラムよりもクリアさは落ちますが、その分口当たりや風味が強くなります。 バナナリキュールとオレンジジュースがトロピカル感を強く出しています。

イブニング・ミスト・・・ピーチリキュール、パインジュースの組み合わせが爽やかな甘さを出しているのが特徴のカクテル。クラッシュ・ド・アイスで作り、ストローで飲むので、油断して飲みすぎるとすぐに酔ってしまいます。

グリーン・アイズ・・・ゴールド・ラム、パインジュース、メロンリキュール、ココナッツ・ミルクの組み合わせ。 「ザ・トロピカルカクテル」。

グロッグ・・・ラムベースには珍しいホットカクテルレシピ。 お湯割りなのでホワイト・ラムでは物足りないと感じるかも。 レシピはゴールド・ラムですが、ダーク・ラムを使用してもO.Kです。

ラムベースの主なカクテル ~ ショートスタイル編 ~

アップル・パイ・・・ホワイト・ラムとスイート・ベルモットの甘みのあるコンビが中心のカクテルです。 そこにアプリコットとグレナデンシロップを少し加え、さらに飲みやすいカクテルになっています。

X・Y・Z・・・ラムベースのショートカクテルの中で代表各の一つ。 XYZとはこれで終わりという意味で、言い換えるとこれ以上は無いという事です。

カリビアン・クルーズ・・・グリーン・バナナのリキュール、パインジュース、マリブ(ココナッツリキュール)というトロピカルな組み合わせのカクテルです。

キューバン・・・杏のリキュールのコクのある甘み、ライムジュースの酸味、グレナデンシロップの甘みがバランスよく混ざったカクテル。

グラスベース・・・このカクテルに使用されるベースのラムはダーク・ラムを使用します。そして他の材料にはグリーン・ティーという抹茶のリキュールを使用します。 ラムベースの中では珍しい組み合わせです。

スカイダイビング・・・ショートカクテルのラムベースの中でも代表的なレシピです。 上記の写真のように青空をイメージしたカクテルです。

ソノラ・・・ラムとアップルブランデーのカクテルで、アクセントにアプリコットブランデー、レモンジュースが加わり、アルコール度数は強めですが、甘みが強く飲みやすいカクテルです。

ダイキリ・・・ショートカクテルのラムベースの中でも最も代表的なカクテルで、歴史も古く、材料もラム、ライムジュースととてもシンプルなカクテルです

ナショナル・・・ラム、パインジュース、アプリコットブランデーとラムと相性抜群の組み合わせで作られたカクテルです。

バカルディ・・・このラムには、バカルディ・ラムを使用しなければならないという裁判が行われたことで有名なカクテルで、バカルディ・ラム、ライムジュース、グレナデンシロップというシンプルで爽やかな酸味と少しの甘みで作られたカクテルです。 ちなみにバカルディ・ラム以外のラムで作ると「 ピンク・ダイキリ 」というカクテルになります。

バハマ・・・サトウキビのホワイト・ラム、ピーチをベースにしたフルーツリキュールのサザンカンフォートとレモンジュースの酸味でできたカクテルに、バナナのリキュールをアクセントに加えたカクテルで、女性に人気がありそうなカクテルです。

ブラック・パッション・・・ホワイト・ラムにカシスを加えたカクテルで、甘みが強めのレシピです。

フローズン・ダイキリ・・・ショートカクテルのラムベースの中でも代表的なカクテル「 ダイキリ 」をフローズンにしたカクテル。

※ ラムベースのカクテルは ⇒ コチラ

まとめ

上記のカクテルを見てお分かりの通り、ラムは果実系のジュースや果実系のリキュールなどの相性が抜群に良く、爽やかで飲みやすいものが多いのが特徴です。

ジン、ウォッカテキーラと他にもスピリッツがあり、それらの中にもたくさんのオススメカクテルはあります。 もしどれから始めるか迷っているならば、まずはラムから始めることをオススメいたします。