ブログ 一覧

テキーラベース ショートスタイル カクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのテキーラは他のジン・ウォッカ・ラム程の生産量はありません。理由としてはシャンパーニュ地方で生産されているシャンパンと同じく原産地呼称が認められているお酒です。つまり認められた地域での生産でなければ「 テキーラ 」と呼ぶことはできません( メキシコ国内の定められた5州のみ )。これが他のスピリッツとの違いで、生産量が他の3種よりも少ない理由です。しかし世界的に飲まれているお酒であることには変わらず、カクテルレシピも多くあり、その中でも「 マルガリータ 」・「 シルク・ストッキングス 」などが有名です。 それではテキーラベース・ショートスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

テキーラベース ロングスタイル カクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのテキーラは他のジン・ウォッカ・ラム程の生産量はありません。理由としてはシャンパーニュ地方で生産されているシャンパンと同じく原産地呼称が認められているお酒です。つまり認められた地域での生産でなければ「 テキーラ 」と呼ぶことはできません( メキシコ国内の定められた5州のみ )。これが他のスピリッツとの違いで、生産量が他の3種よりも少ない理由です。しかし世界的に飲まれているお酒であることには変わらず、カクテルレシピも多くあり、その中でも「 テキーラ・サンライズ 」・「 マルガリータ 」が有名です。 それではテキーラベース・ロングスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

キューバン|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ゴールドラム・アプリコット・ライムジュース )

「 キューバン 」とは、「 キューバの、キューバの人 」という意味。 まろやかな口当たりと少しのコクが特徴のゴールド・ラムをベースに、杏を原料にブランデーに浸して造られたアプリコット・ブランデーの甘みと香り、柑橘系の酸味のライムジュースに、アクセントとしてザクロシロップのグレナデンシロップを加えたレシピです。 飲み口はまろやかさと酸味を少し感じ、爽やかな甘みとアプリコットの香りを感じられる飲みやすく優しいカクテルです。

シナモンサーフ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ダークラム・グレープフルーツジュース・蜂蜜 )

名前にもあるようにシナモンの香りをラムとグレープフルーツジュースで楽しむカクテルです。 甘みとコクが特徴のダーク・ラムをベースに、フルーティーな甘みと酸味のグレープフルーツジュースに、酸味のレモンジュース、他とは違った甘みの蜂蜜を入れ、アクセントにアンゴスチュラ・ビターズを加えたレシピで、飲むときにまずシナモンの香りがします、口に含むとグレープフルーツジュースの酸味に、ダークラムの奥深い風味が口に広がるカクテルです。 アルコール度数も高くなく、女性や初心者でも飲みやすい味わいになっています。

エスプレッソ・マティーニ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカ・エスプレッソ・コーヒーリキュール )

1980年代から徐々に飲まれるようになったカクテルで、セレブを中心に飲まれるようになり、現在では世界中で飲まれるようになりました。 毎年発表される「 世界ベストセラーカクテルランキング 」に2018年、2019年ともベスト10以内にランクインしています。風味はウォッカのアルコール感ある飲みごたえに、コーヒーの香りと甘みとコクが特徴のカルーアそしてエスプレッソのコクと苦みと少量のシュガーシロップの甘みを加えたレシピです。

ウォッカ・スリング|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウォッカの水割りソーダ割り )

ウォッカをミネラルウォーター( ソーダでも可 )で割り、シュガーシロップで甘みを少し足したシンプルなレシピです。 同じようなレシピで「 ジン・スリング 」がありますが、ウォッカにはジンのような香りがないため、物足りなさを感じるかもしれません。 なので、ウォッカにオレンジやレモンを使ったフレーバー・ド・ウォッカに変更することをオススメします。 他にもレモンスライスやライムカットなどのフルーツを入れることで、ウォッカを楽しむこともできます。

ラムベース・ショートスタイルカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのラム。4大スピリッツの中でも生産量は1位です。 カリブ海生まれが影響してか、カクテルにはトロピカルカクテルのレシピがたくさんあります。 ほのかな甘みのある飲みやすいスピリッツなので、カクテルのみならずケーキやタルトなどのデザート、紅茶の香りづけ、フレンチ料理などのに使われることも多く、お酒の消費ではジンやウォッカに劣りますが、使われているジャンルは他を圧倒します。 それではラムベース・ショートスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

ラムベース・ロングスタイルカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

世界4大スピリッツの一つのラム。4大スピリッツの中でも生産量は1位です。 カリブ海生まれが影響してか、カクテルにはトロピカルカクテルのレシピがたくさんあります。 ほのかな甘みのある飲みやすいスピリッツなので、カクテルのみならずケーキやタルトなどのデザート、紅茶の香りづけ、フレンチ料理などのに使われることも多く、お酒の消費ではジンやウォッカに劣りますが、使われているジャンルは他を圧倒します。 それではラムベース・ロングスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

ウェディング・ベル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ジン・ポートワイン・チェリーブランデー・オレンジジュース )

カクテルの名前は写真の通り結婚式によく見る鐘のことです。 カクテルの色を見てみると、ポートワインとチェリーブランデーの赤にオレンジジュースの黄色を混ぜた色合いがとても綺麗です。 ジンのドライ感、チェリーブランデーの果実感ある甘み、ポートワインのコクと甘み、オレンジジュースのフルーティーな甘みを合わせるレシピで、チェリーブランデーとポートワインの甘みをオレンジジュースが和らげ、サッパリとした飲み口に、ジンの飲みごたえあるアルコール感が特徴のカクテルです。

アンシャンテ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ドライジン・レモンジュース・ライチリキュール )

アンシャンテとは、フランス語で、「 はじめまして Enchanté 」だそう。 考案者は東京銀座にあるBARオーパのオーナーバーテンダーであった「 大槻 健二 」氏。 アンシャンテの味はというと、辛みが特徴のジン、柑橘系の酸味のレモンジュース、そしてこのカクテルの肝でもあるサッパリとした香りと甘みが特徴のライチリキュールを加えたレシピ。 特徴はやはりライチで、飲む前からその香りを感じられます。 飲むとジンの飲みごたえとライチとレモンの甘酸っぱい風味を同時に楽しめるカクテルです。