ミルク & 生クリームを使うカクテルの種類 リスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

牛乳( ミルク )や生クリームは日常で多く使われています、朝に牛乳を飲んでいる方は日本中に多くいるでしょうし、お菓子作り、乳製品など多くのものにミルクや生クリームを使っています。 もちろんカクテルに使われること多くあります。 シェーカーに入れてシェークすればラテのように泡立てて冷たく美味しくすることもできますし、冬はホットカクテルとして使われることもあります。

それでは ミルク・生クリームのカクテルレシピを一覧で紹介!!

関連カクテルレシピ リスト・一覧	

※ 画像をクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
エッグノックブランデーベース + 卵黄 )   Recipe no.007
  • ブランデー・・・・・・・・30ml
  • ダークラム・・・・・・・・15ml
  • シュガーシロップ・・・・・15ml
  • 卵黄・・・・・・・・・・・1個
  • 牛乳・・・・・・・・・・・Full
  • ナツメグ

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・8%

古くからアメリカ南部でクリスマスドリンクとして飲まれているカクテルです。日本が卵酒は風邪の時に飲むドリンクとして存在しているように、海外でもクリスマスドリンクプラス風邪の時に飲むドリンクとして広く知れ渡っています。

アグラベーション ウィスキーベース + リキュール )   Recipe no.040

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・10%

アグラベーション( Aggravation )とは英語で「 悪化、激化、挑発 」といった意味です。ウィスキーとコーヒーリキュールという重いものに、コクの強いミルクで割ってますので、食後( ディジェスティフ )に向いています。

クリーム・フィズジンベース + ソーダ )   Recipe no.055
  • ジン・・・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・10ml
  • 砂糖・・・・・・・・・・・1tsp
  • 生クリーム・・・・・・・・2tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • レモンカット

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・9%

ジンと生クリームという珍しい組み合わせのフィズスタイルカクテル。 「 ジン・フィズ 」に生クリームを追加したレシピで、ジン・フィズの爽やかさにまろやかな味わいが組み合わさり、ホワイトソーダのような味わいが楽しめます。

[ スポンサーリンク ]

アレキサンダーブランデーベース + リキュール )   Recipe no.067
  • ブランデー・・・・・・・・・30ml
  • クレーム・ド・カカオ・・・・15ml
  • 生クリーム・・・・・・・・・15ml
  • ナツメグパウダー・・・・・・1tsp

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・22%

アレキサンダーという名前の由来は、イギリス国王エドワード7世の妻である王妃アレクサンドラが由来なのが一般的です。アレキサンダーの特徴は何といってもクレーム・ド・カカオの香りに生クリームが合わさったまろやかな甘みでしょう。 チョコレートを連想させる味わいがあり、甘味が強いため、アルコールが25%以上もあることを感じさせません。

ギンザ・ストリート日本酒ベース + リキュール )   Recipe no.144
  • 日本酒・・・・・・・・・・・30ml
  • クレーム・ド・カカオ・・・・15ml
  • 生クリーム・・・・・・・・・15ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・14%

名前にあるように東京の銀座で生まれたカクテル。日本酒のサッパリとまろやかな口当たりに、強めの甘みとナッツ系の香りのクレーム・ド・カカオ、コクと甘味の生クリームを合わせたレシピで、クレーム・ド・カカオと生クリームが入るので、日本酒の風味は薄まってしまっていることは否めませんが、甘くてまろやかな風味と味わいが特徴の異例なカクテルです。

アリスノンアルコール + パインジュース )   Recipe no.146
  • パイナップルジュース・・・・20ml
  • オレンジジュース・・・・・・10ml
  • グレナデンシロップ・・・・・10ml
  • 生クリーム・・・・・・・・・20ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・0%

名前の由来は、不思議な国アリスワンダーランドから来ていて、名前の通り可愛らしいカクテルです。パイナップルジュースとオレンジジュースのフルーティーな甘味に、ざくろのシロップで爽やかな甘味のグレナデンシロップ、甘味とコクの生クリームを加えたレシピで、フルーティーさがグレナデンシロップと生クリームの濃い甘味を爽やかに変えた飲みやすいカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ミルク ~

岐阜県・飛騨地域で搾られた乳脂肪3.6%以上で、無脂乳固形分8.6%でタンパク質、カルシウムなどを多く含んだ牛乳です。 生乳を殺菌する以外は成分調整を行っていないこだわりの一品です。乳脂肪が少し高めな方がカクテルに合うため、オススメな割り材料です。

サンライズテキーラベース + リキュール )   Recipe no.154
  • テキーラ・・・・・・・・・20ml
  • クレームド・バナーヌ・・・10ml
  • ガリアーノ・・・・・・・・10ml
  • 生クリーム・・・・・・・・10ml
  • グレナデンシロップ・・・・1dash
  • レモンジュース・・・・・・1dash

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・19%

「 サンライズ sunrise 」とは日の出のこと。 テキーラ、ハーブ系のリキュールガリアーノ、バナナリキュール、生クリームを混ぜ合わせたレシピ。 アガヴェと呼ばれる竜舌蘭を原料とした独特な香りのテキーラをベースに、バナナとアニスとハーブがほんのりと香り、それらを生クリームで包み込んだ味わい。 複雑な味わいではあるが、奥深い味わいでもある。

アポロリキュールベース + パインジュース )   Recipe no.162
  • チョコレートリキュール・・・20ml
  • ストロベリーリキュール・・・20ml
  • パイナップルジュース・・・・10ml
  • ミルク・・・・・・・・・・・10ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・9%

日本のお菓子メーカー「 明治製菓 」が長く売り続けているチョコレートのお菓子「 アポロ 」をイメージしたカクテルです。チョコレート菓子のアポロは、ストロベリーのチョコレートと、ミルクチョコレートの2層になっているお菓子で、カクテルでも、ミルクチョコレートのリキュールと、ストロベリーリキュールを使い再現しています。 さらにパイナップルジュースを加えることでフルーティーさとミルクのコクが加わり、飲みやすくなっているカクテルです。

ブランデー・エッグノックブランデーベース +  )   Recipe no.165
  • ブランデー・・・・・・・・30ml
  • ラム・・・・・・・・・・・15ml
  • ・・・・・・・・・・・・1個
  • ミルク・・・・・・・・・・Full

技法・・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・9%

同じブランデーベースで「 エッグ・ノック 」というカクテルがありますが、今回のは別バージョンです。 香り高いブランデーをベースに、ラムのガツンと来るアルコール感、コクの卵を牛乳で割るレシピ。 コクとブランデーの香りが加わった甘味が口に広がり、ロングカクテルなので、アルコールも低めで飲みやすいカクテルです。

[ スポンサーリンク ]

シルクストッキングステキーラベース + リキュール )   Recipe no.181
  • テキーラ・・・・・・・・・30ml
  • クレーム・ド・カカオ・・・15ml
  • 生クリーム・・・・・・・・15ml
  • グレナデンシロップ・・・・1tsp
  • マラスキーノチェリー

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・24%

カカオ・リキュールのナッツの甘味、生クリームの滑らかさと甘味でテキーラ独特の風味はありますが弱くなっています。 生クリームをシェークしているため、ふわふわとしたミルキーさと、甘く濃厚なのがこのカクテルの特徴です。 ふわふわ感はすぐになくなっていくので、早めに飲みましょう。

カシス・コラーダリキュール + パインジュース )   Recipe no.210
  • ココナッツ・リキュール・・45ml
  • クレーム・ド・カシス・・・10ml
  • パイナップルジュース・・・45ml
  • ミルク・・・・・・・・・・45ml
  • クラッシュ・ド・アイス
  • パインやチェリーなどのフルーツ

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・7%

ナッツの甘い香りが特徴のココナッツ・リキュールをベースに、サッパリとした甘味とフルーティーさが特徴のパイナップルジュース、ベリーの風味と甘みのクレーム・ド・カシス、濃厚さとコクのミルクを混ぜ合わせたレシピです。ココナッツ・リキュール、クレーム・ド・カシスと甘味の強いものがベースとして入ってはいますが、パイナップルジュースのフルーツの爽やさがそれらを感じさせず、さらにミルクのコクが飲みやすく、飽きのこないトロピカルドリンクに仕上げています。

カシス・ミルクリキュール )   Recipe no.233

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・4%

「 カシス・ミルク 」のカシスとは、ストロベリー、ブルーベリーなどのベリー系の一つで、直径約1cmほどの黒色に近い紫色をした実のことです。ベリー系特有の甘酸っぱさと、甘味が特徴のカシスをコクとまろやかさのあるミルクで割ったレシピで、アルコール度数も低く、口当たり、香りなどどこを見ても飲みやすさバツグンのカクテルです。カシスの甘酸っぱい風味とミルクがミルクに溶け込み、爽やかな甘味になっています。

〚 ミルク & クリームに合うおすすめの材料 〛
~ 種子リキュール|アマレット & コーヒー ~

アマレットの元祖的存在であり、アマレットの中で一番有名な銘柄。杏仁とアロマティックの豊かな香り、エレガントな甘味、そして奥深い味わいが特徴で、イタリアらしい独特なボトルデザインも魅力のひとつです。

日本ではおなじみのコーヒーのお酒。 このお酒よりも「 カルーア・ミルク 」というカクテルの方が認知度が高いです。 甘味が強く、飲みやすい事から一時大流行した定番の一品。