リキュール・ハーブ・ビターベースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

リキュールとは、アルコール度数の高い蒸留酒に果物、ハーブ、スパイス、薬草などを漬け込み、砂糖などを加えたお酒の総称で、お酒の製造種類で言うと「 混成酒 」になります。

リキュールは古代ギリシャ時代に存在していたワインに薬草を溶かして混ぜたことが始まりです。その後に登場した蒸留酒が本格的に様々なリキュールを生み出すようになります。 ワインを蒸留して濃縮したものに薬草などを漬け込むと保存性が上がることと、薬用酒としての効果も修道院が発見しさらに発展していきます。

大航海時代が始まると、様々な国の果物、スパイスが輸入、輸出されるようになり、更にリキュールは幅広く発展していきました。

リキュールが盛んに使われた時期は中世のヨーロッパで、貴族達が集うパーティーで、貴婦人達が着ている華やかなドレスや宝石などのアクセサリーの色に合わせて作られたカクテルを飲んでいたとされています。

現在でも果実ベース、ハーブやスパイスベースといった様々なリキュールが生まれています。 ちなみに古くからある日本のリキュールと言えば、みりんと梅酒です。 本来みりんは米のリキュールで、戦国時代辺りでは甘いお酒として飲まれていました。現在では調味料の枠に入ってしまっていて、飲めるような味ではありません。他の日本産リキュールは柚子、みかん、抹茶、さくらさどが売られています。

それでは リキュール ハーブ・ビターベースのカクテルレシピを一覧で紹介!!

〚 カクテルレシピ一覧 〛

  • お酒ベースから探すレシピ一覧は ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピ一覧は ⇒ コチラ

アニゼット・リッキーソーダ )   Recipe no.061
  • アニゼット・・・・・・・45ml
  • ソーダ・・・・・・・・・Full
  • ライムカット
  • マドラー

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・4%

アニゼットの リッキースタイル といったとてもシンプルなレシピで、アニゼットのハーブの味わいをソーダとライムの酸味を足して味わうカクテルで、爽やかなハーブカクテルとしてお楽しみください。

アメリカーノ  ソーダ )   Recipe no.089
  • カンパリ・・・・・・・・・30ml
  • スイート・ベルモット・・・30ml
  • ソーダ・・・・・・・・・・Full
  • レモンスライス

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・4%

ハーブ系リキュールのカンパリの苦みと香りに、甘みとコクのスイートベルモットをソーダで割ったカクテルです。 飲みやすさ、飽きの無さ、サッパリ感から、食前酒( プレディナーカクテル Pre-dinner cocktail )として飲むこともお勧めできます。

イエーガー・オレンジオレンジジュース )   Recipe no.099
  • イエーガーマイスター・・・30ml
  • オレンジジュース・・・・・60ml

技法・・・・・フロート
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・10%

イエーガーマイスターは、ほのかな苦みと甘さ、そして数多くのハーブ・スパイスを調合し、複雑、奥深いコクがあるリキュールで、そのイエーガーマイスターとオレンジジュースというシンプルな組み合わせの深みのあるフルーティーなカクテルです。

アースクエイク ジンウィスキーリキュール )   Recipe no.148
  • ドライ・ジン・・・・・・・20ml
  • ウィスキー・・・・・・・・20ml
  • アブサン・・・・・・・・・20ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・44%

 「 アースクエイク Earthquake 」とは地震を意味する単語で、このカクテルに地震という名前が付いた理由はそのアルコール度数の高さからきています。 そのアルコール度数が高いこのカクテルを飲むと、体がグラグラと揺れてしまうということです。ドライ・ジンのキレと辛口に、アブサンのハーブの香りと甘み、ウィスキーの芳醇な香りと滑らかな口当たりを混ぜ合わせたカクテルで、一口飲むとガツンとくるアルコールと、口の中でウィスキーとアブサンの香りが広がるのが特徴的です。

アブサン・ソーダ ソーダ )   Recipe no.159
  • アブサン・・・・・・・・30ml
  • ソーダ・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・8%

アブサンをソーダで割るというとてもシンプルなレシピで、ハーブの香りと炭酸の喉越しの後にアブサンのアルコールがガツンとくるのが特徴で、アブサン好きな方はおすすめです。 アブサン自体に糖分などが入っていないため、物足りない方はシュガーシロップを入れたり、甘みのあるグレナデンシロップなんかをいれるのをおすすめします。

アメールピコン・ハイボールソーダ )   Recipe no.160

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・3%

アメール・ピコンの香りとほろ苦さに、ザクロのシロップであるグレナデンシロップを少し加えて炭酸で割ったカクテルです。アメールピコンのハーブが香り、口に含むとグレナデンシロップの甘みとほろ苦さを感じながらゴクゴク飲めるハイボールスタイルのカクテルです。

アメールピコン・フィズソーダ )   Recipe no.161
  • アメール・ピコン・・・・60ml
  • グレナデンシロップ・・・20ml
  • 卵白・・・・・・・・・・1個
  • ソーダ・・・・・・・・・Full

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・4%

アメールピコンのハーブが香り、口に含むとグレナデンシロップの甘み、ほろ苦さ、卵白のまろやかなコクを感じ、ソーダの喉越しが飲みやすくしてくれています。今回のフィズスタイルのカクテルは、比較的サッパリとしたものが多いので、飲みやすいカクテルです。

アフィニティウィスキー )   Recipe no.164
  • スコッチ・ウィスキー・・・20ml
  • ドライ・ベルモット・・・・20ml
  • スイート・ベルモット・・・20ml
  • アンゴスチュラ・ビターズ1dash

技法・・・・・ステア
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・21%

「 アフィニティ Affinity 」とは「 親和性・親しい間柄・親密な関係 」という意味です。スコットランドのスコッチ・ウィスキー、フランスのドライ・ベルモット、イタリアのスイート・ベルモットという3か国間の友好を表しているカクテルと言われています。スコッチ・ウィスキーの芳醇な香りと、サッパリとした辛みのドライベルモット、甘みとコクがあるスイート・ベルモットが調和し、アンゴスチュラ・ビターズがそれぞれのつなぎ役のアクセントとして使われています。 やや辛口の複雑で深みのある味わいが特徴のカクテルです。

ピコン & ビールビール )   Recipe no.169
  • アメール・ピコン・・・・60ml
  • ビール・・・・・・・・・Full
  • カットレモン

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ピルスナーグラス
アルコール・・8%

ビールの苦み、うま味に、アメール・ピコンのハーブの香りとほろ苦さ、そして甘みが加わり、ビールが苦手な人が飲めてしまう程飲みやすくなっています。お好みでカットレモンの酸味を加えると、爽やかさがアップし。さらに飲みやすくなります。

アブサン・バックジンジャーエール )   Recipe no.182

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・7%

アブサンをジンジャーエールで割るというとてもシンプルなバックスタイルで、ハーブの香りとジンジャーエールの甘みと炭酸の喉越しの後に、アブサンのアルコールがガツンとくるのが特徴で、アブサン好きな方はおすすめです。 アブサン自体に糖分などが入っていないため、物足りない方はシュガーシロップを入れたり、甘みのあるグレナデンシロップなんかをいれるのをおすすめします。