ウォッカベース ショートスタイルの種類 カクテルリスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

世界4大スピリッツの一つ、ロシア生まれのウォッカです。

ウォッカの特徴は、連続式蒸留機白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過をすることで、無味無臭に近くクリアな味わいな所です。 他のスピリッツと違い原料が定まっていないことが特徴としてあります。

ジンと争う程の人気で、ジン同様カクテルレシピも数多く存在します。 ウォッカのショートカクテルで有名なものには「 ウォッカ・マティーニ 」「 キッス・オブ・ファイヤー 」「 バラライカ 」「 雪 国 」などがあります。

それではウォッカベース・ショートスタイルのレシピ一覧をご紹介!!

※ 画像をクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
バラライカ ( + リキュール )   Recipe no.058

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・25%

「 バラライカ 」とは三角の形をしたロシアの民族楽器のことです。ウォッカのクリアな味わい、アルコール感ある飲みごたえと、ホワイトキュラソーの風味と甘味、レモンジュースの柑橘系の酸味を合わせたレシピです。口当たりはサッパリとしているため飲みやすさを感じますが、アルコール度数は高めのカクテルです。

アキダクト ( + リキュール )   Recipe no.109
  • ウォッカ・・・・・・・・・・30ml
  • アプリコットブランデー・・・15ml
  • ホワイトキュラソー・・・・・15m
  • ライムジュース・・・・・・・1tsp
  • オレンジピール

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・31%

「 アキダクト( aqueduct ) 」とは日本語で水道橋のことです。全体的にサッパリとやや甘めの味わいと、飲むときにオレンジの香りがするのが特徴のカクテルですが、材料の殆どがお酒なので、アルコール度数は高めです。

M-45 ( + リキュール )   Recipe no.129
  • ウォッカ・・・・・・・・40ml
  • スロージン・・・・・・・10ml
  • ライムジュース・・・・・10ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・27%

ウォッカのクリアでアルコール感ある飲みごたえに、スロージン( スモモのリキュール )の甘酸っぱい風味と、ライムジュースの酸味が強く感じられ、甘味とサッパリ感があり飲みやすくなっています。スロージンとライムジュースの存在で、食前酒( プレディナーカクテル )としても飲めます。

[ スポンサーリンク ]

ウォッカ・ギブソン ( + ベルモット )   Recipe no.150

技法・・・・・ステア
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・33%

クリアなウォッカのパンチに、辛口のワインから作られたベルモットを加え、マティーニに付けられるオリーブではなく、パールオニオンを入れたレシピで、辛口のキレとサッパリとした飲み口が特徴のカクテルです。カクテルの王様であるマティーニのバリエーションカクテル。

ウォッカ・マティーニ ( + ベルモット )   Recipe no.178

技法・・・・・ステア
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・33%

ドライジンとは違い、ウォッカは無味無臭に近いため、風味はドライ・ベルモットの風味が強く押し出される形となります。 マティーニと同じく辛口とガツンと来るアルコール感が特徴で、アルコール度数ももちろん高めなので、注意が必要です。

春 暁 -シュンギョウ - 日本酒ベース )   Recipe no.196
  • 日本酒・・・・・・・・・・・20ml
  • ウォッカ・・・・・・・・・・40ml
  • グリーンティーリキュール・・1tsp
  • 桜の塩漬け

技法・・・・・ステア
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・31%

「 春暁 」とは7世紀頃に最盛期を誇った中国の王朝「 唐 」の時代に活躍した詩人「 孟 浩然 」が詠んだ五言絶句です。日本酒のまろやかな口当たりに、ウォッカのクリアでガツンと来るアルコール感を合わせて飲みごたえを出し、グリーンティー・リキュールでアクセントを加えたレシピです。 サッパリとした飲みごたえが特徴で、ほのかに香るグリーンティー・リキュールと、桜の塩漬けが日本の雰囲気を上手に演出しています。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ウォッカ|ピュア ~

カクテルに使われるウォッカと言えばこのスミノフ・ウォッカが一番使われているのではないかと思います。 安定感や認知度がズバ抜けて高く、カクテルに使うには間違いのないウォッカです。

ウォッカ・ギムレット ( + ライムジュース )   Recipe no.202
  • ウォッカ・・・・・・・・・45ml
  • ライムジュース・・・・・・15ml
  • シュガーシロップ・・・・・1tsp

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・24%

ジンベースの代表的カクテルの中の一つ「 ギムレット 」のバリエーションカクテルです。ウォッカのクリアでガツンとくるアルコール感と、柑橘系酸味のライムジュースを使うシンプルなレシピです。ギムレットのライムジュースは、フレッシュ・ライムジュース( 搾ったもの )ではなく、加糖した「 コーディアルライム 」を使用します。

オブニ・カクテル ( + ベルモット )   Recipe no.226

技法・・・・・ステア
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・29%

ウォッカのアルコール感あるクリアな飲みごたえに、ハーブやスパイスが香る辛口のドライ・ベルモット、爽やかな甘味のホワイトキュラソーを混ぜ合わせたレシピで、カンパリという苦味のあるハーブリキュールをアクセントに少量加えているのが特徴的です。

ホワイト・スティンガー ( + リキュール )   Recipe no.249
  • ウォッカ・・・・・・・・・・40ml
  • ホワイトミントリキュール・・20ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・28%

ホワイト・スティンガーは、ブランデーベースの「 スティンガー 」から派生したバリエーションカクテルで、別名「 ウォッカ・スティンガー 」とも呼ばれます。ブランデーからウォッカに変更したことで、よりクリアにホワイト・ミントリキュールの突き抜けるような爽快感を感じられます。

[ スポンサーリンク ]

エスプレッソ・マティーニ ( + コーヒー )   Recipe no.273
  • ウォッカ・・・・・・・・・・40ml
  • カルーア・・・・・・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・・・10ml
  • エスプレッソ ( 一杯分 )・・50ml
  • コーヒー豆・ココアパウダーなど

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・15%

1980年代から徐々に飲まれるようになったカクテルで、セレブを中心に飲まれるようになり、現在では世界中で飲まれるようになりました。ウォッカは元々無味無臭のため、ウォッカの風味などは感じませんがアルコール感をしっかりと感じます。 特徴はエスプレッソの苦味とコク、カルーアの甘味を強く感じられるカクテルです。

オーロラ ( + グレープフルーツジュース )   Recipe no.295
  • ウォッカ・・・・・・・・・・30ml
  • クレーム・ド・カシス・・・・10ml
  • グレナデンシロップ・・・・・10ml
  • グレープフルーツジュース・・5ml
  • レモンジュース・・・・・・・5ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・21%

1994年、サントリーカクテルコンペティション・スピッツ部門優勝の一品。 考案者は「 大塚 陽人 」氏。クリアさとアルコール感が特徴のウォッカをベースに、ベリーの香りと甘味が特徴のクレーム・ド・カシス、ざくろのシロップの甘味、グレープフルーツジュースのフルーティーな酸味を加えたレシピで、甘酸っぱさとウォッカの飲みごたえが特徴的なカクテルです。

カティンカ ( + リキュール )   Recipe no.318
  • ウォッカ・・・・・・・・・・30ml
  • アプリコット・ブランデー・・15ml
  • レモンジュース・・・・・・・15ml

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・24%

ロシアの女性に「 エカテリーナ 」というよく使われる名前があり、そのエカテリーナの愛称が「 カティンカ 」です。ロシア生まれのスピリッツのウォッカをベースに、爽やかな甘味が特徴のアプリコット・ブランデーと柑橘系の酸味のレモンジュースを加えたレシピで、バランスの良い甘味と酸味が飲みやすさを、ベースのウォッカが飲みごたえを生んでいる一品です。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ウォッカ|ピュア ~

通常ウォッカは穀物を原料としていますが、シロックはブランデーやワインで使われる「 ブドウ 」を使っています。低温抽出から独特のさわやかで新鮮な柑橘系の香りを生み出し、5回の単式蒸留器での蒸留から優雅で芳香に満ち、見事なまでのなめらかさがシロックの特徴です。

世界で初めてラグジュアリー・ウォッカと名前が付けらた一品。最高級のライ麦井戸から汲み上げられ、硬度ゼロになるまで精製した軟水のみを使用し、添加物や砂糖などは一切使用せず、4回の蒸留、33回もの品質管理検査が行われ、ボトルデザインも含めてこだわりを尽くしたウォッカです。