ウォッカの歴史・製法・原料・種類・主なカクテルを紹介|カクテルのお酒・スピリッツ編

[ スポンサーリンク ]

[adcode]

世界4大スピリッツのひとつ、ロシア生まれのウォッカです。ウォッカの特徴は、連続式蒸留機白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過をすることで、無味無臭に近くクリアな味わいな所です。 他のスピリッツと違い原料が定まっていないことも特徴としてあります。

この記事ではウォッカの歴史、定着、製造、主なカクテルをご紹介しています。

目次

ウォッカの歴史

ウォッカの誕生

Photo = アブソルート Absolut vodka

ウォッカが誕生したのは12世紀頃という記録がモスクワ公国( 1283年~1547年 )の記録に残っています。そうなるとウイスキーやブランデーよりも前に生まれ、欧州で最初に誕生した蒸留酒はウォッカということになります。

当時のウォッカは、現在のものとは違い蜂蜜を原料としたお酒で、この地酒がウォッカの元祖という説が有力です。

14世紀後半にブドウを原料とした蒸留酒が世に出た後の15世紀はじめ、ロシアに蒸留の技術が入ってきました。

蒸留の技術は錬金術師が偶然編み出したものとされており、その技術によって生まれたお酒は、ラテン語で「 アクア・ヴィテ 」( 命の水 )と呼ばれるようになります。

そのアクア・ヴィテをロシア語に変換すると、「ジィーズナヤ・ヴァダー 」ジィーズナヤ=命、ヴァダー=水です。 そのヴァダーがウォッカの語源と言われています。

当時のウォッカはロシア貴族だけが飲める特別なお酒で、その製造管理は国の統制下にあり、高額な税金がかけられていたため、一般庶民にはあまり飲めないお酒でした。


ウォッカの定着

Photo = ロシア革命の様子

ウォッカが世界に広まったきっかけは、1917年頃ロシア革命でフランスに亡命したスミノフの2代目である「 ウラジミール・スミルノフ 」が、パリで小規模な工場を建て、そこで製造を開始したのがきっかけです。

その後もこの製法は南ヨーロッパからアメリカまで伝わります。 そして第二次世界大戦後にはさらに世界中に広まり、各地で生産されるようになりました。

現在アメリカでは、本国ロシアを上回る規模でウォッカを生産しており、カクテルベースとしてはジンと同様の地位を確立しています。


ウォッカの発祥国

ウォッカの起源は20世紀後半頃まで明らかにされていませんでした。

1977年にポーランドが自国が発祥と主張し、ウォッカの「 独占使用権 」を主張し始めます。 自国発祥を信じていたロシア( 当時はソビエト連邦 )は、法廷でポーランドと発祥を巡って争うことになりました。

争った結果、1982年に国際調停裁判所はロシアが起源と認め、ウォッカはロシアのオリジナルアルコール飲料として宣伝の権利が認められたのです。

[ スポンサーリンク ]

[adcode]

原料・製法

穀物を蒸して麦芽を加え、糖化発酵、蒸留をおこない、アルコール度数95%以上のグレーンスピリッツを作ります。それを水でアルコール度数40%~60%まで薄め、白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過します。

この手法は1810年頃にペテルブルクの薬剤師「 アンドレイ・アルバーノフ 」が考案し、製造に取り入れられました。

更に19世紀に入り、連続式蒸留機が導入され、現在の製法に近づきました。 こうして現代のウォッカは、無味・無臭の状態に限りなく近づいていくのです。

ウォッカが他のスピリッツと違う点は、各生産地で原料が違う所です。

  • ロシア = 小麦
  • フィンランド = 大麦
  • ポーランド = ライ麦
  • アメリカ = とうもろこし

また銘柄によってはじゃがいもや果実が使われています。

日本ではアルコール度数の高いお酒として知られていますが、実際の度数は40%くらいで、他のスピリッツと大差はありません、ただウォッカの中にはアルコール度数がかなり高いものも存在します。

その中でも「 スピリタス・ウォッカ 」という、アルコール度数96%の世界で一番アルコール度数が高いウォッカがあり、それが理由でウォッカ = アルコールが高いというイメージが付いたのかもしれません。

[ スポンサーリンク ]

[adcode]

ウォッカの種類

ピュア ウォッカ

ウォッカの特徴は、連続式蒸留機の回数の多さと、白樺やヤシを焼いた活性炭で濾過をすることです。

それにより無味無臭に近くなり、クリアな味わいが生まれています。

他のスピリッツと違い主原料が定まっていないことが他に特徴としてあります。

Photo = シロック Siroc

  • おすすめのピュア・ウォッカは ⇒ コチラ

フレーバード ウォッカ

ピュアウォッカをベースにして、ハーブや果実、香辛料などを浸したり、人工甘味料を添加して製造されたウォッカをフレーバード・ウォッカと呼びます。

無味無臭に近いウォッカから一気に香り豊かなスピリッツになります。種類もレモンやオレンジなどの果実類をはじめ、ハーブやスパイスなど豊富にあります。

Photo = グレイグース・ル・オランジュ Grey goose

  • おすすめのフレーバード・ウォッカは ⇒ コチラ

[ スポンサーリンク ]

[adcode]

その他のウォッカ関連記事

⇒ 画像 / タイトルをクリックでページへ

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

[ スポンサーリンク ]

[adcode]

ウォッカベースの主なカクテル

ロングスタイル

アロマ・・・トニックウォーター割り。 ペパーミントが入った後味が爽やかなカクテル。

アンジェロ・・・パインジュースとオレンジジュース割り。 サザンカンフォートというフルーティなリキュールにガリアーノのハーブ系がアクセントになったフルーティなカクテル。

アンパイネン・・・ジンジャーエール割り。 バナナリキュールを使い、辛みと甘みが特徴のカクテル。

神 風・・・ホワイトキュラソーとライムジュースというシンプルで強めのカクテル。ガツンと飲みたい方にオススメ。

ガルフストリーム・・・テイストのベースにグレープフルーツジュースがあり、その中にピーチとパインジュースの香りと甘味、ウォッカの飲みごたえを感じる一品です。

キュラソー・クーラー・・・オレンジジュース割り。 基本ウォッカとオレンジジュースで割っているカクテルだが、そこにブルーキュラソーとレモンジュースが入り、甘み、酸味をプラスした飲みやすいカクテル。

スクリュードライバー・・・オレンジジュース割り。 ウォッカとオレンジジュースのシンプルなカクテルで、ウォッカベースの代表的カクテル。

スレッジハンマー・・・スレッジハンマーとは大型の金槌のことクリアさが特徴のウォッカをベースに、酸味のライムジュースを加えたシンプルなレシピで、ジンベースのジンライムと同じですが、ウォッカの方が無味無臭なので、ライムの風味をより強く感じられます。

セックス・オン・ザ・ビーチ・・・全体的にフルーティーな甘酸っぱさが目立ちますが、豊かな香りと飲みごたえも感じられる爽やかさあるトロピカル・カクテルです。

ソルティドッグ・・・ウォッカをベースに、グレープフルーツジュースで割り、グラスの縁に付けられた塩のしょっぱさが、アクセントとして存在感を出しているレシピで、味と苦味がウォッカにマッチしていて、飲みやすいカクテルです。

ブラッディ・メアリー・・・「 血まみれのメアリー 」という物騒なネーミングになります。 少しトロッとしたトマトジュースで割ったレシピで、甘味は軽くあまり感じず、爽やかさとドロリとした口当たりと飲みごたえが際立つカクテルです。

モスコミュール・・・モスコミュールのモスコとはモスクワのことで、ミュール とはラバのことを指します。飲みやすく、作るのも簡単でお家でも作りやすいのではないかと思います。 本来のレシピはジンジャーエールではなく、ジンジャービアで飲むのでぜひお試しください。

[ スポンサーリンク ]

[adcode]

ショートスタイル

アキダクト・・・杏のリキュールが入っており、杏の爽やかな甘みが魅力のカクテル。

ウォッカ・マティーニ・・・マティーニのバリエーションカクテル。マティーニと同じく辛口とガツンと来るアルコールが特徴で、アルコール度数ももちろん高めです。

M-45・・・スロージン( スモモの皮をジンで浸して造られたリキュール )の甘酸っぱい香りと味をウォッカで引き立てたカクテル。

オブニ・カクテル・・・ウォッカのアルコール感あるクリアな飲みごたえに、ハーブやスパイスが香る辛口のドライ・ベルモット、爽やかな甘みのホワイト・キュラソーを混ぜ合わせ、カンパリという苦みのあるハーブ・リキュールをアクセントに加えているのが特徴的です。

キッス・オブ・ファイアー・・・スロージンのフルーティーな甘酸っぱさとドライ・ベルモットの風味がバランスよく合わさった優しい口当たりに、ウォッカの飲みごたえが加わったカクテルです。

コスモポリタン・・・全体的にやや甘口でホワイトキュラソー、クランベリージュース、ライムジュースが調和し、独特のフルーティーな甘酸っぱさを感じながらもウォッカの存在もしっかりとあるカクテルです。

バラライカ・・・ウォッカベースのショートスタイルの中でも代表的なカクテル。味の協調性は強くなく、様々なウォッカで試すと面白いかも。

雪 国・・・全体的に中口でありながらもホワイトキュラソーの甘味とライムジュースの酸味のバランスがとても良く、砂糖の甘さが全体にアクセントを加えているカクテルです。

  • ウォッカベースのカクテルレシピ一覧は ⇒ コチラ

まとめ

上記に記載した通りウォッカは他のスピリッツとは違い、主原料が定まっておらず、たくさんの風味を楽しむことができます。ですが基本的にはクリアで香りや風味が弱めなことから、ロックやストレートではなく、やはりカクテルに使用するのがオススメです。

おすすめのカクテル本

著:ハーリヒー,パトリシア, 翻訳:晶, 大山
¥2,420 (2024/04/17 05:03時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、サイト管理者のhakaruです。
過去にバーで働いていた知識を生かし、お家で誰でも簡単に作れて、しかも飲みやすいお酒を紹介しています。

コメント

コメントする

目次