クランベリージュースのカクテル一覧|レシピを一覧早見表で紹介

カクテルにはソーダやジンジャーエールのような炭酸飲料や、オレンジジュースやグレープフルーツジュースといった果実飲料を割り材料として使う場合があります。 その中で日本には馴染みがあまりない「 クランベリージュース 」を使ったカクテルを紹介します。

クランベリージュースの果実はそのままでも食べれるのですが、酸味が強く、そのままよりもジャムや果実飲料として加工されるのがほとんどです。 ジュースになっても、酸味はある程度残っているので、甘ったるくなく、サッパリと飲めるジュースです。そのサッパリさがあるおかげで、様々なカクテルと合わせることができ、甘みの強いリキュールなどと合わせるとバランスが取りやすく、美味しく飲みやすく仕上がるので、重宝されています。

今回はそんな「 クランベリージュース 」を使ったカクテルレシピを一覧形式で紹介します!!

〚 他の材料一覧早見表 〛

  • お酒ベースから探すレシピ一覧は ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピ一覧は ⇒ コチラ

ウーウーウォッカベース )   Recipe no.047
  • ウォッカ・・・・・・・・・・・30ml
  • クレーム・ド・ペシェ・・・・・30ml
  • クランベリージュース・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・6%

1980年代アメリカで広く知れ渡り、その飲みやすさや、ピーチリキュールとクランベリージュースという果実の組み合わせから多くの女性に人気が出ました。ジュースに近い味わいで、何杯でも飲めてしまうのですが、無味無臭に近いウォッカが入っているため、気づかず飲むと酔ってしまいますので注意が必要です。

ケープコッダー ウォッカベース )   Recipe no.225
  • ウォッカ・・・・・・・・・45ml
  • クランベリージュース・・・45ml

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・18%

「 ケープコッダー 」とは、アメリカ・マサチューセッツ州の東部にある半島の名前で、クランベリーの名産地です。アルコール感あるクリアな飲みごたえのウォッカを、ベリー特有の甘みと酸味を併せ持つクランベリージュースで割るレシピ。甘みが目立つわけではなく、どちらかというとサッパリ・スッキリと飲めて、クリアでフルーティーなカクテルです。