コーヒーリキュールのカクテルの種類 リスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

その名前のとおりコーヒーを使って造られたお酒のことです。 もう少し詳しく紹介しますと、ラムアイリッシュ・ウィスキー、ブランデーなどのスピリッツにコーヒー豆を浸して香りや苦みなどのコーヒーの成分を移し、糖分を加えた混成酒です。

ただ一言コーヒーリキュールと言ってもブランドによって様々な個性を持っており、カラメルやバニラなど甘みや香りを加えたり、抽出方法にこだわりを持ったり、コーヒーの豆の厳選であったり、コーヒーではなくエスプレッソを使い、甘みを抑えたものまで存在しています。

それではコーヒーリキュールを使うカクテルレシピを紹介!!

  • コーヒーリキュールの歴史・詳細・主なブランドは ⇒ コチラ
関連カクテルレシピ リスト・一覧

※ 画像をクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
アイリッシュ・ア・ラ・カルーアウィスキーベース )   Recipe no.017
  • アイリッシュ・ウィスキー30ml
  • カルーア・・・・・・・・・15ml
  • ホットコーヒー・・・・・・Full
  • 生クリーム・・・・・・・・適量

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・アイリッシュ
アルコール・・6%

アイリッシュ・コーヒーにコーヒーリキュール ( カルーア )を加え、甘味とコーヒーの風味をプラスしたカクテルが 「 アイリッシュコーヒー・ア・ラ・カルーア 」です。カルーアといえば、「 カルーアミルク 」が有名で、風味などの想像がつきやすいのではないかと思います。

イグアナテキーラベース )   Recipe no.026

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・34%

テキーラの独特な香り、ウォッカのキレに、コーヒーの香りと甘みのカルーアを加えたレシピで、甘味と飲みごたえが強いカクテルです。材料とアルコール度数を見ていただくとわかる通り、ゴクゴクは飲めるものではなく、就寝前に飲むことをオススメします。 ライムカットを少し絞ることで、甘味を軽くします。

アグラベーションウィスキーベース )   Recipe no.040

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・10%

アグラベーション( Aggravation )とは英語で「 悪化、激化、挑発 」といった意味です。ウィスキーとコーヒーリキュールという重いものに、コクの強いミルクで割ってますので、食後( ディジェスティフ )に向いています。

[ スポンサーリンク ]

カルーア・ウーロン ( + お茶 )   Recipe no.256
  • カルーア・・・・・・・・・・・45ml
  • レモンジュース・・・・・・・・1tsp
  • ウーロン茶・・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・4%

コーヒーリキュールであるカルーアをウーロン茶で割り、アクセントとして酸味のレモンジュースを加えたレシピで、カルーアの甘味とコクがウーロン茶の渋味や苦味と微量の酸味が混ざり合い、お酒初心者や弱い方でもおかわりするほど飲みやすくなっています。

エスプレッソ・マティーニウォッカベース )   Recipe no.273
  • ウォッカ・・・・・・・・・・40ml
  • カルーア・・・・・・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・・・10ml
  • エスプレッソ ( 一杯分 )・・50ml
  • コーヒー豆・ココアパウダーなど

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・15%

1980年代から徐々に飲まれるようになったカクテルで、セレブを中心に飲まれるようになり、現在では世界中で飲まれるようになりました。ウォッカは元々無味無臭のため、ウォッカの風味などは感じませんがアルコール感をしっかりと感じます。 特徴はエスプレッソの苦味とコク、カルーアの甘味を強く感じられるカクテルです。

ブレイブ・ブルテキーラベース )   Recipe no.276

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・27%

ブレイブ・ブル Brave bullとは「 勇猛な雄牛 」という意味。味はテキーラの独特な香りとガツンとくるアルコール感に、カルーアのコーヒーの香りとカラメルの甘みが際立つレシピで、名前とは反対に甘味とアルコール感が強めのカクテルです。ブラック・ルシアンのバリエーションカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ コーヒーリキュール ~

日本ではおなじみのコーヒーのお酒。 このお酒よりも「 カルーア・ミルク 」というカクテルの方が認知度が高いです。 甘味が強く、飲みやすい事から一時大流行した定番の一品。

カルーア・ソーダ ( + ソーダ )   Recipe no.278
  • カルーア・・・・・・・・45ml
  • ソーダ・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・4%

カルーアはラム酒の様なスピリッツ、コーヒー、バニラ、カラメルといった材料からできており、しっかりとした風味とコクや甘味があるので、ミルク以外の割り材料でも十分美味しく飲めますし、様々なレシピも存在しています。ソーダ割りは、数ある中でも一番シンプルで、カルーアの風味をストレートに感じられるカクテルです。

カルーア・トニック ( + トニックウォーター )   Recipe no.279

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・3%

コーヒーリキュールのカルーアをトニックウォーターで割るというシンプルなカクテル。コーヒーの香り、カラメルやバニラなどの甘味が特徴のカルーアを苦味と爽快感が特徴のトニックウォーターで割ることで、甘味と、苦味をバランスよく感じながら喉越しよく飲めるカクテルです。

カルーア・ミルク ( + ミルク )   Recipe no.280
  • カルーア・・・・・・・・・45ml
  • ミルク・・・・・・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・タンブラーグラス
アルコール・・4%

1970年代アメリカ・ボストンでカルーアと生クリームを合わせたカクテルが登場し人気を博します。コーヒーの香りと甘味のカルーアを、コクのあるミルクで割ったシンプルなレシピで、お家でも簡単に作れますし、アルコール度数も低く、飲みやすい一品。

[ スポンサーリンク ]

カリプソ・コーヒー ( + コーヒー )   Recipe no.296
  • ダークラム・・・・・・・・10ml
  • ティア・マリア・・・・・・10ml
  • 生クリーム・・・・・・・・20ml
  • シュガーシロップ・・・・・1tsp
  • アイスコーヒー・・・・・・Full
  • クラッシュドアイス

技法・・・・・ビルド & フロート
グラス・・・・ゴブレット
アルコール・・2%

コーヒーの苦味にコーヒーリキュールと、ダークラム、生クリームという3つの甘味を浮かべ、飲んでいくのですが、ストローで飲むと下のアイスコーヒーから飲んでいくようになり、ストローなしで飲んでいくと3つの甘味とアイスコーヒーを少しづつ飲むようになります。 お好みでお試しください。

ピカドールテキーラベース )   Recipe no.299

技法・・・・・ステア
グラス・・・・カクテルグラス
アルコール・・27%

テキーラのアガヴェからくる独特な風味、ガツンとくるアルコール感に、コーヒーの香り、カラメル類の甘味が特徴のカルーアを合わせたレシピで、甘味が強いと同時にアガヴェのクセが独特なカクテルに仕上げていて、好みがハッキリと別れそうなカクテルです。

カルーア・ラテ ( + ミルク )   Recipe no.300
  • カルーア・・・・・・・・・40ml
  • ミルク(牛乳)・・・・・・60ml
  • ココアパウダー

技法・・・・・シェーク
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・7%

カルーア・ラテはシェークして ロックグラスなどの少し小さめのグラスを使います。 シェークすることによって、ミルクが泡立ち、カフェ・ラテの様な仕上がりになることが最大の特徴です。アルコール度数はカルーア・ミルクに比べて少し上がりますが、飲み口のまろやかさや、甘味などが強調され、カルーア・ミルクよりもおすすめのカクテルです。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ ウィスキー & ブランデー ~

モルトと未発芽の大麦を使用し、ポットスチルで風味の豊かで上質なグレーン・ウィスキーとブレンドして3回蒸留して滑らかさを出しています。大麦は全て国産、水は蒸留所の敷地を流れる水を使用。 トウモロコシはフランスの南部にある農家と契約するという原料にこだわりを持ったウィスキーです。

¥2,718 (2024/02/22 14:46時点 | Amazon調べ)

日本を代表する高品質なブランデーとして、長く飲まれ続けています。ブランデーならではの華やかで優美、そしてフルーティーさも持った香りと、キレの良い原酒をブレンドすることで、複雑な味わいがありながらなめらかさもあるのが魅力的な一品です。