ワインベース ロングスタイルの種類 カクテルリスト・一覧|レシピを簡単リストで紹介

[ スポンサーリンク ]

ワインの歴史は古く、紀元前4100年にまで遡ります。 記録では紀元前4100年ですが、それよりも古いと考えられています。 それからも貴族、平民問わず愛飲され続けています。

種類も白ワイン、赤ワイン、ポートワイン、ロゼワインと豊富で、その中にも渋いもの、酸味が強いもの、果実の香りが強い物など様々です。 そしてその香り高いワインを色々な材料と混ぜ合わせ、よりワインを楽しめるようにしています。

それではワインベース・ロングスタイルのレシピリストをご紹介!!

※ 画像かタイトルをクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ
アディントン ( + ソーダ )   Recipe no.008

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ロックグラス
アルコール・・9%

「 アディントン 」というカクテル名は、1801年~1804年に英国の首相のヘンリー・アディントンが由来です。ドライ・ベルモットとスイート・ベルモットの爽やかな甘み味と、オレンジの香り、そして炭酸が絶妙な美味しさです。

アメリカン・レモネード ( + レモンジュース )   Recipe no.020
  • レモンジュース・・・・・・30ml
  • シュガーシロップ・・・・・15ml
  • ミネラルウォーター・・・・90ml
  • 赤ワイン・・・・・・・・・40ml
  • レモンスライス + マドラー

技法・・・ビルド & フロート
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・3%

スピリッツなどに比べてアルコール%が低い赤ワインを( 赤ワイン12% ~ 15% スピリッツ 35% ~ 40%程)さらにレモンジュースで割るため、何杯も飲めない方などにおすすめです。赤ワインとシュガーシロップの甘みがありますが、レモンジュースが多く入っているためけっこう酸っぱいです。酸っぱいと感じる方はシュガーシロップや赤ワインの量を増やしたり、レモンジュースの量を減らしたりして自分の好みに合ったレシピにしましょう。

エクスポートカシス ( + ソーダ )   Recipe no.031

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・5%

ドライ・ベルモットのさっぱりした辛味・ハーブ香と、クレーム・ド・カシスのフルーティーな甘味がマッチし、ソーダでさらに飲みやすくしたカクテルです。作り方も簡単ですし、飽きもなかなかしないので、ぜひお家で試してみてください。

[ スポンサーリンク ]

オペレーター ( + ジンジャーエール )   Recipe no.042
  • 白ワイン・・・・・・・・・90ml
  • レモンジュース・・・・・・1tsp
  • ジンジャーエール・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・サワーグラス
アルコール・・6%

オペレーター( operator )とは機械を操作する人という意味があり、飛行機の操縦士の間で人気がでたカクテルという説があります。白ワインの爽やかさに、レモンジュースの酸味をアクセントにし、ジンジャーエールの辛みと喉越しをプラスした飲みやすいカクテル中の飲みやすいカクテルです。

カーディナル ( + リキュール )   Recipe no.052

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・15%

「 カーディナル 」とは「 枢機卿(すうききょう) 」の事で、すうきけいとも読むこともあります。枢機卿とは、簡単に言うと「 教皇の選挙人 」。赤ワインに、甘味が強く果実の香りがあるクレーム・ド・カシスを合わせたカクテルで、赤ワイン好きにはもってこいのカクテルです。キールのバリエーションカクテルでもあります。

キティ ( + ジンジャーエール )   Recipe no.068

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・7%

キティとは、赤ワインをベースに、ジンジャーエールと 1対1で割ったカクテルです。 赤ワインとジンジャーエールがあれば誰でも簡単、すぐに作ることができるレシピになってます。赤ワインには渋味を感じる成分が含まれているため、渋味や酸味を感じます。 この渋味、酸味をジンジャーエールが抑えて、ワインの苦手な方でも美味しくワインを味わえます。

[ スポンサーリンク ]

キール ( + リキュール )   Recipe no.082

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ワイングラス
アルコール・・12%

このカクテルを考案したのは、フランス・ディジョン市の市長を務めた「 フェリックス・キール 」氏。辛口のブルゴーニュ産白ワインに、強い甘みのクレーム・ド・カシスを加えることで、白ワインを飲みやすくしたカクテルで、ワイン慣れしていない人でも美味しく飲むことができます。キールにはバリエーションカクテルが幾つかあります。

キール・ロワイヤル ( + リキュール )   Recipe no.092

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・シャンパングラス
アルコール・・12%

キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変えたシンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・カシスのコクのある甘味が飽きない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル )としてもおすすめなカクテルです。

クイーンズ・ペック ( + ドライジン )   Recipe no.095
  • ドライジン・・・・・・・30ml
  • スパークリングワイン・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・シャンパングラス
アルコール・・16%

サッパリとした味わいのスパークリングワインにドライ・ジンを入れることで、辛味とパンチが加えられるのが特徴で、スパークリングワインはよく食前酒( プレディナー・カクテル )に飲まれることが多いため、このカクテルも食前酒やパーティードリンクに向いています。

[ スポンサーリンク ]

クロンダイク・ハイボール ( + ジンジャーエール )   Recipe no.102

技法・・・・シェーク & ビルド
グラス・・・・コリンズグラス
アルコール・・5%

クロンダイクとは、カナダのユーコン準州にある土地の名称で、その土地には同じ名前の川もあります。ワインの香りとベルモット特有の甘味に、レモンの酸味をプラスし、それらをジンジャーエールで割るハイボール・スタイルのレシピ。独特のクセがなく、どなたでも美味しく飲め、特におすすめのカクテルです。

ビア・スプリッツァー ( + ビール )   Recipe no.103
  • 白ワイン・・・・・・・・1/2
  • ビール・・・・・・・・・1/2
  • レモンスライス

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・ピルスナーグラス
アルコール・・8%

スプリッツァーの特徴である爽やかさを、白ワインの酸味とビールの苦味に特徴を変えてはいますが、アルコール度数の低さと炭酸の爽快感はスプリッツァーの特徴を受け継いでいると言えるカクテルです。スプリッツァーにはいくつかのバリエーションカクテルがあります。

キール・インペリアル ( + リキュール )   Recipe no.104
  • クレームド・フランポワーズ・・15ml
  • スパークリングワイン・・・・・Full

技法・・・・・ビルド
グラス・・・・シャンパングラス
アルコール・・12%

ネーミングの意味は「 帝国のキール 」。キールが広く普及すると、フランスと近い距離にある国オーストリアで「 キール・ロワイヤル 」が誕生しました。キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変え、クレーム・ド・カシスをクレーム・ド・フランポワーズ変えたレシピで、キール・ロワイヤルで使っているクレーム・ド・カシスよりもクレーム・ド・フランポワーズの方が酸味が強いため、甘酸っぱいカクテルになっています。キールにはいくつかのバリエーションカクテルがあります。

〚 カクテルに使うおすすめの材料 〛
~ 赤 ワイン ~

サンタ・リタ社とは、1880年に創設され、現在年間260万ケースを世界70ヵ国に販売しているチリ最大規模のワイナリーです。濃い色合い、プラムやブラックチェリーなどの熟した香り、酸味とタンニンが抑えられ、芳醇で繊細な味わいが特徴です。バランスの良さがカクテルにも向いている赤ワインです。

アメリカ・カリフォルニアの気候と技に、アメリカ南部のバーボン・ウィスキー熟成の伝統を合わせた赤ワインです。 当然特徴は香ばしいオーク樽の香りがあり、それに加えバニラや熟した果実の風味が印象的な一品です。