グランマルニエ・モヒート|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( オレンジキュラソー・ミント・ソーダ )

[ スポンサーリンク ]

レシピ

材 料

Recipe no.572

  • グランマルニエ・・・・・・・・40ml
  • シュガーシロップ・・・・・・・2tsp
  • ソーダ・・・・・・・・・・・・Full
  • カットライム・・・・・・・・・1個
  • ミントの葉・・・・・・・・・・15枚
  • このカクテルで使う材料と道具はコチラ ⇒ 材 料道 具

技法 = ビルド

※ 1tsp = バースプーン1杯分の分量のこと
※ Full = 他の材料をグラスに入れ、Fullと記載している材料をグラスの8割~9割まで満たす適量のこと

  • オレンジキュラソーの詳細ページは ⇒ コチラ
作り方

グラスは タンブラーグラス がこのカクテルをつくりやすいです。 他には ミュールカップジュレップカップ などがよく冷えるのでおすすめです。

  • Step 1 = ライム1/8カット、ミントの葉14枚、シュガーシロップをグラスに入れて、ペストルなどで軽く潰します。
  • Step 2 = 氷、グランマルニエ を入れます。
  • Step 3 = 泡立たないように静かにソーダを満たします。
  • Step 4 = ゆっくりと ビルド をして、残りのミントを飾れば完成です。
  • アルコール度数 = 7% ~ 8% 前後
  • 最適なTPO = 日中 / 食前
  • カクテル言葉 = 「 人の心を高みに誘う美声の森の精霊 」
  • カクテル誕生日 = 「 12月18日 」

[ スポンサーリンク ]

特徴・感想

今回紹介した「 グランマルニエ・モヒート 」のグランマルニエとは、オレンジの果皮をスピリッツに漬けこみ、加糖をしたリキュール、オレンジキュラソーのブランド名で、モヒートとはラムとミントの葉を使ったカクテルのことです。 モヒートはラムベースの中でも代表的な存在であり、今回のカクテルはそのモヒートから派生したバリエーション・カクテルです。

ベースのラムをオレンジキュラソーに変えるというシンプルなバリエーションで、スピリッツからリキュールに変わったことで甘味が強く、果実のような香りがミントの爽やかさと混ざり合っていることが最大の特徴です。

モヒート系は他にもバリエーションがあり、作り方も簡単でお家でもできるカクテルなのでぜひお試しください。

関連カクテルレシピ リスト・一覧

※ 画像をクリックすると、レシピ リスト・一覧ページへジャンプします。

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

  • お酒ベースから探すレシピリストは ⇒ コチラ
  • 割り材料から探すレシピリストは ⇒ コチラ

モヒートの由来とバリエーション

「 モヒート Mojito 」とはキューバ・ハバナが発祥とされていて、ミントの爽やかさから夏の定番カクテルとして世界中で飲まれているロング・カクテルです。

モヒートの由来

モヒートが誕生したのは16世紀後半で、スペイン領を中心に略奪行為をしていた海賊フランシス・ドレークの部下であるリチャード・ドレークがモヒートの元となったドリンクをキューバの人々に伝えたのが始まりです。

当時はこのドリンクを「 ドラケ 」と呼んでいて、サトウキビを原料とした蒸留酒( ラムの前身 )と砂糖、ライム、ミントを混ぜ合わせて飲んでいたそうです。

19世紀後半にバカルディ・ラムが誕生し、キューバ国内で流行すると、ドラケで使われていた粗悪で荒いラムがバカルディ・ラムに切り替わりモヒートが誕生しました。

そしてその後キューバ革命によってバカルディはキューバから撤退すると、モヒートに使われるラムはハバナクラブが使われるようになり、現在でもモヒートのベーススピリッツはハバナクラブのラムが使われています。

Photo = リチャード・ドレーク

モヒートのバリエーション

このカクテルに使う材料

ベースのお酒・オレンジキュラソー

キュラソーの歴史

Photo = ベネズエラ北 オランダ領 キュラソー島

キュラソーとは、南米のベネズエラの北海にあり、現在はオランダ領となっている島です。

この島は1499年にスペイン人によって発見されます。 元々は先住民であるアラワク諸族が住んでいましたが、1527年からスペイン人に労働奴隷として連れていかれるようになり、現在ではほぼ絶滅しているそうです。

1634年にオランダ艦隊がキュラソー島に居たスペイン人を追い出し、砦を建設。 その後港と建設するとトウモロコシや落花生、塩などの生産で栄えるようになりました。 貿易の拠点に相応しい位置に島が存在していたことから、様々な国が寄るようになりました。

17世紀後半に、キュラソー島内で採れるオレンジをオランダ人が本国へ持ち帰り、アルコールに浸してオレンジリキュールが作られました。 そして現在ではオレンジリキュールのみではなく、ホワイト・オレンジ、ブルー、グリーン、レッドと様々な着色を行ったキュラソーシリーズが定着をしています。

原料・製造

オレンジ・キュラソーとは、ブランデーや他のスピリッツをベースにオレンジの果皮を漬け込んで風味づけをし、人工着色料を使ってオレンジ色にした果実系リキュールの一つです。

グラン・マルニエのオレンジは中南米、カリブ海の島国であるハイチの自社農園で栽培されています。

品種名はシトラス・ビガラディアを使用し、栽培された中から最も味と香りが凝縮されているものを厳選収穫します。食用ではないため、まだ緑色の段階で手摘み収穫し、天日干しされたシトラスを選別し、フランスの蒸留所へと送られるのです。 蒸留も時間をかけてじっくりと行うことで、オレンジアロマは極限まで凝縮されます。

オレンジキュラソーの種類

[ グランマルニエ ]

原産国 = フランス

1827年フランス中北部のヌフル・ル・シャトーという地域で蒸留所が設立されました。設立者は「 ジャン・バティスト・ラポストール 」。 蒸留所設立から優れたオードヴィー( ブランデー )を製造し、評判を上げました。

1880年に ジャン・バティスト・ラポストールの婿養子であるルイ・アレクサンドル・マルニエル・ラポストールは、この当時貴重であったオレンジとコニャックの組み合わせ試みます。 コニャックの香りや気品とオレンジビターを合わせたグランマルニエが誕生しました。

気候や、土地にこだわった自社菜園のオレンジ蒸留酒に、最高のコニャック、マスターブレンダーによる厳選された原酒と、技術、感性を融合したオレンジ・キュラソーは、他のオレンジ・キュラソーとは一つ抜き出た存在と言えます。 グラン・マルニエの「 グラン Grand 」は「 栄光 」を意味し、その歴史と品質を表しています。

[ ボルス ]

原産国 = オランダ

1575年オランダ・アムステルダムに住むボルス一族は蒸留所を設立します。

大航海時代には貿易が盛んになり、当時オランダは世界有数の貿易国家であったため、世界のスパイス、香草、薬草、果実などが輸入され始めます。

ボルスはその素材を酒に浸し、様々なリキュールを製造し始めました。 その様々なリキュールがフランスへ伝わり、貴婦人たちが身に付けているドレスや宝石とマッチするという事で流行になります。その流行がキッカケでヨーロッパ各地、そして世界各国に広がりました。

ボルスを発展させたルーカス・ボルスは、世界中から持ち込まれるハーブや薬草、果実を使い試行錯誤し、数多くのリキュールを生み出します。 はじめてリキュールを製造した当時から「 自然の風味を損なわずに、完璧な味わいを引き出す 」という心情を現在も守り続けています。

  • オレンジキュラソーの詳細ページは ⇒ コチラ

[ スポンサーリンク ]

ビルドとは?

材料をグラスに入れて混ぜることを言います。 この「 混ぜる 」にはいくつか種類があり、今回のカクテルには「 ビルド 」を使用します。

お家で簡単にする人向け

バースプーンやマドラーをグラスの内側に沿って底まで入れます。 グラスに当てたままクルクル回します。 炭酸系を使っている場合は、早く混ぜると炭酸が膨れてこぼれてしまうだけでなく、炭酸自体も抜けてしまうのでゆっくり回すように注意しましょう。

本格的にやってみたい人向け

Step 1 = まず左手はグラスの底を押さえます(ドリンクを体温で温めないため)右手はバースプーンを持ちます。(左利きの人は逆になります)
Step 2 = バースプーンを写真にあるように中指と薬指の間に挟みます。
Step 3 = 親指と人差し指もバースプーンを挟んで持ちますが、この2本の役割は、落とさないようにするためだけのものなので軽く持ちましょう。
Step 4 = バースプーンの背中をグラスの内側の縁に沿って底へ持っていきます。
Step 5 = 自分の体より向こう側へ回す際は薬指で左回りに押すように持っていき、自分の体側に戻す際は右周りに中指で引き戻すようにバースプーンを移動させます。 この時にバースプーンの背中は常にグラスの外側へ向いています。

この動作の繰り返しになります。 最初は難しいと思うので、大きめのグラスに氷のみで練習すると良いでしょう。 慣れると便利なので、ぜひマスターしてください。

  • バースプーンの詳しい使い方は ⇒ コチラ

[ スポンサーリンク ]

カクテルを飲むタイミング用語 TPO

オールデイカクテル All day

カクテルには様々なシチュエーション向けに考案されたものがあります。

主に食欲を増進させるためにサッパリとさせている食前酒や、デザートのようなテイストの食後向けカクテル。 眠る前に飲むカクテル、飲み過ぎた後の迎え酒などと様々です。 オールデイ・カクテルとは、そういったシチュエーションなど向き不向きが無いカクテルのことです。

プレディナー Pre dinner cocktail

プレディナー・カクテル( 食前酒 )とは食事前に飲むお酒のことです。胃を刺激して消化液の分泌を促進することで、消化器官の負担を軽くする働きがあり、食欲増進の効果もあるそうです。

プレディナーの習慣が誕生したのは、18世紀後半から19世紀にかけての間にフランス、イタリアの貴族間から始まったそうです。 現在では西洋料理に飲まれることが文化として定着しています。

プレディナーの特徴はアルコール度数が低いこと、スッキリとした口当たりに爽やかさや爽快感があるものが多いです。 テイストは爽やかな甘味、少しの苦味や酸味が特徴的です。

お酒の種類はスパークリングワインやビールなどの炭酸類が多く見られ、リキュールではアペロールカンパリといった少し苦みがり、ハーブなどの香りがするリキュールが使われることが多いようです。 カクテルも香り、苦味、爽やかさを使ったものが多く、種類も豊富にあります。

  • カクテルを飲むタイミングの名称紹介は ⇒ コチラ

[ スポンサーリンク ]

このカクテルのおすすめ グラス

タンブラーグラス Tumbler glass

カクテルのみならず様々なドリンクに使われる最も一般的なグラスです。

「 タンブラー Tumbler 」の語源は「 倒れるもの 」や「 転ぶもの 」の意味があり、元々獣を狩り、残った角等をくり抜いてコップにし、底が真っ平にはならなかったので、よく倒れていたことからこの名前が付いたそうです。

別名ハイボールグラスとも呼ばれることがあり、主にハイボールスタイルや、ソフトドリンクなどに使われています。 オールドファッションドグラス( ロックグラス )を原型として誕生したとも言われ、オールドファッションドグラスをそのまま縦に長くしたような形をしています。

使い勝手が良く、容量も多く入るため、どの家庭にも必ずいくつかはあるグラスで、用途がおおいためか容量の種類も一番多くあると言っても過言ではないでしょう。

素材もガラス製だけではなく、木製、金属製、陶器、プラスチック製と様々なものがあります。 容量は6オンスの180ml、8オンスの240ml、10オンスの300mlが一般的で、飲食業界では略して6タン、8タン、10タンなどと呼ばれているそうです。容量は180ml ~ 300mlが一般的。

ミュールカップ Mule cup

ウォッカベースの代表的なカクテル「 モスコミュール 」を飲む際に使われているマグカップです。

素材は銅製で、銅製とは抗菌作、熱伝導に優れ、古くから調理器具や食器などに使われている素材です。冷たいドリンクを入れると、カップ自体が急冷されて、長時間その冷たさを保持します。

モスコミュールが世界中で飲まれると同時にこのマグカップも有名になりました。現在日本でモスコミュールを飲む場合は、ガラス製のグラスが使われることが多いですが、本来はこのマグカップを使います。 キンキンに冷えたモスコミュールは絶品なので、ぜひ一度はこのマグカップでお試しください。

容量は 250ml ~ 600mlと幅広くあります。

ジュレップカップ Julep cup

ジュレップカップの「 ジュレップ 」とは、カクテルのスタイル名で、スピリッツに潰したミントの葉と砂糖を混ぜ、砕いた氷を詰めたグラスへ注いだカクテル・スタイルです。

もともと「 ジュレップ 」とは「 苦い薬を飲むための水 」という意味があり、バーボン・ウィスキーの強さを和らげるために使う水にミントの葉を加えたことが始まりと言われています。

ミュールカップ同様冷たいドリンクを飲むときにその特徴を最大に発揮するカップです。 素材は真鍮にシルバーメッキ仕上げなので、冷たいものを入れると結露が発生し、視覚、触覚、味覚で冷たさを感じることができ、涼しい雰囲気を演出できます。 主にウィスキーベースの「 ミント・ジュレップ 」に使われることが多いです。

このカクテルに使う道具