ウィスキーの歴史|カクテルのお酒・ウィスキー編

お酒のカクテルとは様々なお酒を材料として使います。 世界4大スピリッツであるジン、ウォッカ、ラム、テキーラの他にも、リキュールと呼ばれる果実やハーブを使ったもの、ウィスキーやブランデー、ワインといったお酒の代表的存在のものまで使います。

その中でも今回はウィスキーの歴史を紹介します。

ウィスキーの発祥地

蒸留酒自体の誕生は、紀元前3~4世紀頃のメソポタミアで、錬金術を通して発達されたと言われています。 ウィスキーの誕生は現在も明確にはわかっていません。 有力な説が2つあり、アイルランド説とスコットランド説です。 どちらもウィスキーで有名な国で、強い説はあるものの、決定打に欠けているのが現状です。

〚 アイルランド説 〛

初代イングランド国王 ヘンリー2世

1172年、イングランド初代国王であるヘンリー2世がアイルランド侵攻。 その際にアイルランドの民衆が「 ウスケボー 」という蒸留酒を飲んでいたことを発見しました。 しかし、これには明確な証拠がなく、言い伝えという枠を出ていません。

〚 スコットランド説 〛

1494年に出された王室財務省の記録に、「 王命により修道士ジョン・コーにモルトを与えてアクアヴィッテを造らしむ 」という記述が存在しています。 これは現在ウィスキーに関して存在している最古の文献でもあります。

上記の説明で合った「 ウスケボー 」はウィスキーの語源です。 「 アクアヴィッテ 」はウィスキーのことを指す言葉ではなく、ラテン語で「 命の水 」という意味で、ブランデーにもこの言葉が使われることから、蒸留酒自体を指す言葉です。

ウィスキー密造時代

ウィスキーが誕生してからしばらくは樽詰めはしていませんでした。 蒸留したウィスキーは無色透明で、当時はそのまま飲んでいたのです、熟成が始まったのは18世紀頃からだと言われています。ではなぜ樽に入れて熟成させることを行うようになったのか、そのキッカケは密造から始まったのです。

17世紀~19世紀にかけてスコッチ・ウィスキーの製造には税が課せられていました、それはものすごく重い税であったと記録されています。 生産者はその重い税から逃れるため、スコットランド北部ハイランドの山奥深くに隠れてウィスキーを造るようになります、蒸留したウィスキーを隠すために木製の樽に入れて保存するようになりました、すると無色透明の液体が、琥珀色になり、香り高くまろやかな口当たりのウィスキーに変わっていました。 密造という造り方の副産物は樽熟成のみではありません、山奥深くの良質な水と、冷涼な空気での保存がウィスキー造りに向いているという知識を得たのです。

1822年当時のイギリス国王ジョージ4世がスコットランドを訪問した際に、密造として造ったグレンリベットのウィスキーを望みました、この出来事が全てではありませんが、一つのキッカケとして、翌年の1823年に酒税法が改正され、改正後の新税法の下で政府公認第一号の蒸留所、グレンリベット蒸留所が誕生しました。 その後他の密造をしていた業者も次第に許可を得て、1822年には14,000件もあった密造摘発件数が、1831年には700件まで激変していました。 その後約30年後には摘発数一桁となり、密造の時代は終わりました。

スコッチ・ウィスキーの定着

グリートブリテン王国最初の女王「 アン 」とジョージ1世

1707年スコットランドはイングランドに併合され、グレートブリテン王国の一部になりました。 同じ国になったからと言って元々犬猿の仲だったスコットランド人とイングランド人がすぐに仲良くなることはなく、スコットランドで飲まれていたウィスキーもイングランド人にとっては「 泥臭い田舎の地酒 」程度の認識しかありませんでした。 その泥臭い田舎の地酒であるスコッチ・ウィスキーが、ヨーロッパ中で飲まれるようになったのには2つの出来事がキッカケとなりました。

その1 連続式蒸留器の登場

コフィー式蒸留器

1831年に「 イーニアス・コフィー 」が連続式蒸留器を実用化に成功しました。 フランスで生まれたコフィーは、アイルランドの物品税監査官となり、一時ダブリンのドッグ蒸留所を保有します、そして連続式蒸留器を実用化し、特許を取得しました。 これにより比較的安価なグレーン原料のスピリッツが大量に生産できるようになりました。

スコッチ・ウィスキーはモルト( 大麦麦芽 )のみを原料とするモルトウィスキーが主流で、個性も強かったため、ロンドンの巨大市場にあはあまり受け入れられませんでした。しかし連続式蒸留器の登場で、トウモロコシなどの穀物を使ったグレーンウィスキーが造れるようになります、それによりモルト原酒とグレーン原酒を混ぜ合わせたブレンデッドが誕生すると、万人が好む洗練されたウィスキーを造り出せるようになりました。 さらに同一の蒸留所であっても異なる樽のウィスキーを混ぜることは禁止されていましたが、1860年にそれらは撤廃され、異なる蒸留所の原酒のブレンデッドが可能になりました。 そうなるとグレーン原酒は安価、大量生産が可能になり、市場で注目され始めました。

その2 フィロキセラの猛威

フィロキセラ・和名:ブドウネアブラムシ・正式学名:ダクティラスファエラ・ヴィティフォリエ

連続式蒸留器のおかげでスコッチ・ウィスキーは、大量生産、値段の安価、万人に好まれる風味を造ることに成功はしましたが、当時ロンドンではワイン、ブランデーが主流であり、ウィスキーはそのブランデー、ワイン、ビールの知名度、消費量に並ぶことはできませんでした。 しかし1860年頃からワインとブランデーに大事件が起きます、それは「 フィロキセラ( ブドウネアブラムシ )」という害虫の大量発生によるブドウ畑の壊滅です。 フィロキセラはブドウの樹に寄生する害虫で、根や葉に寄生した幼虫が樹液を吸って成長し、ブドウを枯死させてしまいます。この害虫は根に寄生するため薬剤散布などが行えず、対策方法が確立するまでになんと80年もの時間がかかりました。

ブドウを原料とするワインとブランデーが壊滅状態になると、ロンドンの紳士たちはブランデーの代わりにスコッチ・ウィスキーを飲むようになります。 飲みやすくなっているスコッチ・ウィスキーは、その後ヨーロッパ中で飲まれるようになりました。 ただスコッチ・ウィスキーはヨーロッパ中に広がったものの、アイリッシュはスコッチ程伸びませんでした、その理由の一つに連続式蒸留器の使用を採用しなかったことが大きな原因としてあります。 連続式蒸留器は生まれはフランスとはいえ、アイルランドから生まれた物なのに、なんだか皮肉な話です。

アメリカとウィスキー

ウィスキー税反乱とバーボン・ウィスキーの誕生

ウィスキー税反乱を鎮圧するために閲兵しているジョージ・ワシントンの絵

18世紀初頭にスコットランドからアイルランドに渡り、その後アメリカに渡った移民の人たちがアメリカのペンシルヴァニア周辺に移住しました。 その移住した人々は農業の傍らにライ麦などを原料に使い蒸留酒を造っていました。

18世紀後半の1775年にイギリス対イギリス領13植民地( 現在のアメリカ )の戦争が始まりました、後の「 アメリカ独立戦争 」です。そして1783年にイギリス領13植民地が勝利し、アメリカ独立戦争が終結しました。 新国家アメリカ政府は国家財政立て直しを急務とし、1791年に国内生産物に対する課税を行います。 当時アメリカにおいて国内生産、流通しているものはウィスキーがメインでした。そのためこの課税はウィスキーに対するものと認識され「 ウィスキー税 」と呼ばれるようになります。そのウィスキーは貧しいペンシルヴァニア州( アメリカ北東端 )の西部で生産され、裕福なペンシルヴァニア州東部で飲まれていました。 貧しく硬貨などの存在も少なかったため、お金の代わりにウィスキーを使って物々交換をしていたほどです。 そんな中ウィスキー税が決定すると西部の人たちは、元々の東部に対しての不公平さの不満と、西部の人たちにとってウィスキーは大きな生活の糧だということも重なり強く反発をします。

1794年に西部に派遣されてきた連邦保安官が納税拒否者に対して召喚令状を発行すると、反対運動は激化し、500人以上の武装した民衆たちによって徴税官を襲撃します。 このことを知った初代大統領ジョージ・ワシントンは武力鎮圧を決め、各州から約13,000人もの兵を率い自らペンシルヴァニア西部へと進軍します。 しかしワシントンが到着する前に解散していたので、本格的な武力衝突は起こりませんでした。 西部の人たちはその後、当時はまだアメリカの管轄外だったケンタッキーやテネシーに逃れ、その土地でとれるトウモロコシを原料とし、新しいウィスキーである「 バーボン 」が誕生しました。

アメリカ禁酒法とカナディアン・ウィスキーの台頭

1860年アメリカの大統領にエイブラハム・リンカーンが就任しました。 それにより奴隷制を否定、保護貿易を求める北部 対 奴隷制を肯定、自由貿易を求める南部でアメリカ最後の争いが起きます、後のアメリカ南北戦争です。

1861年~1865年北軍160万人、南軍90万人の軍隊が衝突し、民間人を合わせて70万人~90万人の犠牲を出し北部諸州の勝利で幕を閉じました。 南北戦争が終結すると、ウィスキー業界は大きく動き出します。 アメリカンウィスキーの企業化が進み、アメリカンウィスキーは20世紀にかけて黄金時代を迎えます。 このまま発展していくのかと思われた矢先に事件が起きます、「 アメリカ禁酒法 」です。 この世紀の悪法と呼ばれた法が始まると、アメリカ国内の蒸留所の殆どが閉鎖に追い込まれ、ウィスキー業界にとって暗黒時代が始まるのでした。

時は遡り、アメリカが独立を成した際に、独立に反発したアメリカ東部の住民は、国境を越えカナダとアメリカの国境沿いにあるカナダの五大湖周辺にも移り住んでいました。

そしてアメリカ国内では禁酒法によりアメリカンウィスキー製造はできなくなり、アメリカ国内にウィスキーが消えかけようとしたとき、五大湖周辺に移り住んでいた住民のウィスキーに注目が集まります。 隣国カナダでは禁酒法は適応されていなかったため、製造、輸出が可能なウィスキーは、映画などでも有名な「 アル・カポネ 」などのギャングの暗躍によりアメリカ中に密輸され、カナディアン・ウィスキーの地位が上がったのです。

ジャパニーズウィスキーの始まり

日本初のウィスキー

ヴィルヘルム・ハイネによるリトグラフ

1853年アメリカ合衆国海軍東インド艦隊が日本の神奈川県に来航しました、「 ペリー来航( 黒船来航 )」です。 この際に様々な日本にはないものが持ち込まれました、その中にウィスキーもあり、日本側の通訳や役人にも振る舞われました。 記録によると徳川家定にアメリカン・ウィスキー1樽が献上されたという記録が残っています。

1858年には日米修好通商条約により横浜、長崎が開港されると、ウィスキーは少しずつではあるものの、輸入が開始されました。

本格ウィスキー製造の2人

ニッカ・ウィスキー創業者・竹鶴政孝 像

西洋の文化が日本で当たり前になっていくと、洋酒を飲む人も増加します。 本場のウィスキーが輸入されてはいましたが、安価な蒸留酒に砂糖、香料を加え、偽物のウィスキーが造られ、広まり始めました。 1902年に日英同盟が締結され、スコッチ・ウィスキーの輸入が多くなっていくと、民衆のウィスキーに関するレベルも上がります、それと同時に関税自主権を回復したことにより、ウィスキーの値段が上がり始めました。

関税によりウィスキーを簡単に飲むことができなくなるのに対し、ウィスキーに対するニーズは上がります。 そこで国内で本格的なウィスキーを製造しようと二人の男が登場するのです。 一人は1899年に鳥井商店を創業した「 鳥井 信治郎 」氏。鳥井商店とは現在の大阪に本社を置く「 サントリーホールディングス株式会社 」のことです。「 やってみなはれ 」という鳥井氏の言葉を21世紀の現在も企業理念として受け継がれているそうです。 そして日本初のウィスキー蒸留所を造ると、そこへスコットランドでスコッチ・ウィスキーを学んだ「 竹鶴 政孝 」氏を迎え入れ、世界5大ウィスキーの一つとなるジャパニーズ・ウィスキーは動き始めたのです。