モルトとは ? シングル・ピュア・ブレンド・グレーンの種類も紹介|お酒・カクテルの雑学

モルトをすくい上げる男性
目次
[ スポンサーリンク ]

モルト Malt

穀物大麦

「モルト」とは麦芽のことで、酒造やパンなどの工業製品の中で用いられる重要な素材です。

モルトは通常、大麦を水に浸し、発芽させた後に乾燥させて作られます。この過程で、麦芽に含まれる酵素が活性化され、でんぷんが糖に変換されます。この糖分は後の発酵工程で酵母によってアルコールや二酸化炭素に変換されます。モルトはビールやウイスキーの製造に欠かせない要素であり、酒の風味や香りに影響を与える重要な役割を果たしています。

デンプンを多く含んでいる麦芽は、果実と違いそのままではアルコール発酵しません。 まずはデンプンを糖化させる必要があり、その糖分に変えるために必要な酸素を大麦自身に作らせるために大麦を発芽させるのです。

特にウイスキーの原酒醸造用の乾燥麦芽を使用。 麦芽を原料として乾燥、糖化、発酵、蒸留され、樽に入れて長年貯蔵します。

シングルモルト Single malt

蒸留所付近を流れる川

シングルモルトウィスキーとは、1つの蒸留所で造られ、原料に大麦麦芽を使用した原酒の名称です。 「 シングル 」は1つの蒸留所を指し、「 モルト 」は麦芽のことで、「 シングルモルト 」と呼びます。

他の原酒を混ぜないことが最大の特徴で、その土地の水や気候と、その製造所の特性が独自の味わいとなっています。 その独自性が強烈な個性を生み、これこそがシングルモルトの魅力です。

[ スポンサーリンク ]

ピュアモルト Pure malt

ロックグラスに入ったウイスキーを回す女性の手

ピュアモルトは、モルトウイスキーのみを原料としたウイスキーを指します。一般的に、グレーンウイスキーなどを含まない100%モルトウイスキーという意味で使われます。

シングルモルトウイスキーは、大麦だけを原料として使用し、一つの蒸留所で製造されたものを指します。つまり、ブレンデッドウイスキーのように他の穀物を混ぜたものではなく、一貫してモルト大麦のみを使用しています。そのため、ピュアモルトとも呼ばれます。


ピュアモルトとシングルモルトの違い

ピュアモルトとシングルモルトは、原料と製造方法において違いがあります。

  • ピュアモルト = 原料はモルトのみだが、複数の蒸留所の原酒をブレンドして作られることもある。
  • シングルモルト = 単一の蒸留所で製造されたモルトウイスキー。

つまり、シングルモルトは必ずピュアモルトですが、ピュアモルトは必ずしもシングルモルトではありません。

グレーン Grain

並べられたトウモロコシ

グレーンウイスキーは、主に大麦以外の穀物( トウモロコシ、ライ麦、小麦など )を原料として使用して作られるウイスキーの一種です。通常、大規模な連続式蒸留装置で製造されます。

モルトウイスキーと異なり、グレーンウイスキーは一つの穀物からではなく、複数の穀物を混合して作られます。このため、より柔らかくなめらかな味わいが特徴です。

グレーンウイスキーは、ブレンデッドウイスキーの主要な構成要素の一つとして使用されることが一般的で、モルトウイスキーの複雑な風味と相まって、ブレンデッドウイスキーの全体的な味わいをバランス良く整える役割を果たします。

また、単独で販売されることもありますが、一般的にはブレンドされた製品の一部として市場に出回ります。

グレーンウィスキーの発明により、大麦麦芽100%のピュアモルトウィスキーよりもコストを抑えることができるブレンデッドウィスキーが生み出され、世界に多く流通されるきっかけになる役割を担いました。

ピュアモルトウィスキーよりも風味はマイルドなのが特徴です。 ただグレーンウィスキーはの単品は少なく、ブレンデッドウィスキーを造る原料として使用されることの多いウィスキーです。

[ スポンサーリンク ]

ブレンデッド

試飲グラスに注がれているウイスキー

ブレンデッドとは

ブレンデッドウイスキーは、複数の異なる原料をブレンドして作られるウイスキーの一種です。通常、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを組み合わせて作られます。

モルトウイスキーは、大麦を原料とし、一つの蒸留所でポットスチルと呼ばれる特殊な蒸留装置を使用して製造されます。一方、グレーンウイスキーは、大麦以外の穀物を原料とし、連続式蒸留装置で蒸留されます。

ブレンデッドウイスキーの目的は、異なる原料のウイスキーをブレンドすることで、より均一でバランスの良い味わいを生み出すことです。

モルトウイスキーの複雑な風味とグレーンウイスキーのなめらかさを組み合わせることで、幅広い味わいを楽しむことができます。

多くの有名なウイスキーブランドは、ブレンデッドウイスキーを提供しており、そのブレンドの配合や製法は各ブランド独自の秘密として厳重に守られています。

ブレンデッドのメリット

ブレンデッドウイスキーは、各製造会社に所属しているブレンダーが、鼻と舌を使って生み出します。 シングルモルトはその土地が生み出すウィスキーですが、ブレンデッドウイスキーは人が生み出すウイスキーと言えます。

日本国内のみならず、世界のウイスキーの最も流通量が多いタイプのウイスキーで、およそウイスキー流通の80%~90%です。 その大きな理由はコスト面で、大麦麦芽100%に比べて、様々な穀物を原料にしたグレーンウイスキーの方がコストを安く抑えることができるためです。

ブレンデッドウイスキーが定着した理由として、昔は近年ほど技術が発達しておらず、シングルモルトの風味や味が荒々しいウイスキーだったため、ブレンドして飲みやすくしていたという理由もあります。

まとめ

ロックグラスに注がれたウイスキー

シングルモルトは、1つの蒸留所で造られているため、その土地の特徴、個性が強く出ます。 ブレンデッドはその製造会社のブレンダーが仕上げるため、その製造会社の特徴、個性が強く出ます。 自分の好みを見つけるには、まずこの2択から選んでみてはいかがでしょうか?

シングルモルトの中にはまた様々な土地のものが存在します。

日本国内のシングルモルトは、国際的なコンテストで表彰されている非常にクオリティの高いウイスキーで、世界でも評価が高いため、ジャパニーズウィスキーから始めるのも良いかもしれません。

ブレンデッドは様々なものを飲み、気に入った製造会社関連のものに絞ると、自分好みのウイスキーが見つかる可能性が高いと思われます

[ スポンサーリンク ]

関連記事・カクテルレシピ リスト

⇒ 画像 / タイトルをクリックでレシピリストページへ

〚 他のカクテル レシピリスト 〛

おすすめのカクテル本

監修:土屋 守
¥1,650 (2024/05/27 14:48時点 | Amazon調べ)
目次