hakaru
AUTHOR

hakaru

はじめまして、サイト管理者のhakaruです。 過去にバーで働いていた知識を生かし、お家で誰でも簡単に作れて、しかも飲みやすいお酒を紹介しています。

スローワルツ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( クランベリージュースとコーラ )

クランベリージュースの甘酸っぱさ、コーラの甘みと爽快感を合わせたドリンクに、フレッシュの巨峰を搾って入れることで、上品なグレープの香りと風味を加え、微量のレモンジュースとシュガーシロップでアクセントとして全体を整えたカクテルです。 ジュースというよりは、上品なカクテルとして子供だけではなく大人の雰囲気を持つカクテルで、非常に飲みやすく、味わい深いドリンクです。

春 望|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 梅酒・オレンジキュラソー・ライチリキュール )

「 春望 」とは中国の唐の時代に生まれた詩で、755年~763年にあった安史の乱の最中に詠んだ五言律詩( 一句五字、八句でできている詩のこと )として記録に残っています。「 春望 」とは中国の唐の時代に生まれた詩で、755年~763年にあった安史の乱の最中に詠んだ五言律詩( 一句五字、八句でできている詩のこと )として記録に残っています。生みの親は中国史の中でも代表的な詩人である「 杜甫 」。 杜甫の代表作であり、日本でも有名な漢詩の一つです。 全てリキュールなので甘みは強めですが、サッパリとした甘みなのと、ライチの香りが重さを軽減していて飲みやすくなってるカクテルです。

焼酎モヒート|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 焼酎・ライム・砂糖・ミントの葉 )

ラムベースの代表的ロングカクテルの「 モヒート 」から派生したバリエーションカクテルで、ベースに使うラムを焼酎に変更したレシピです。 芋焼酎の独特の香りと、ミントのハーブの香りが特徴で、ソーダの爽快感をミントが大幅にアップしてくれています。

コーク・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビールとコーラ )

今回ご紹介したカクテルは、ビールとコーラという異色の組み合わせです。 甘みと独特の香りのコーラに、苦みと麦の香りが特徴のビールをハーフ & ハーフで飲むというカクテルで、どちらも世界中で知れ渡り、日常で飲まれているにもかかわらず、この組み合わせはあまり見かけることがありません。 しかし飲みごたえと爽快感のある両者が合わさり、ビールの苦みが和らぎ、代わりに甘みが加わったことと、元々低いアルコール度数がさらに低くなり、飲みやすさが大幅にアップしています。

ヌーヴォ・ダイキリ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ボジョレーヌーヴォー・ライムジュース )

「 ヌーヴォ・ダイキリ 」のヌーヴォとは、日本でもおなじみの「 ボジョレー・ヌーヴォー 」のことです。「 ヌーヴォ・ダイキリ 」のヌーヴォとは、日本でもおなじみの「 ボジョレー・ヌーヴォー 」のことです。 フランス・ボジョレー地区でその年に収穫したとれたてブドウを醸造した新酒ワインのことです。ダイキリとはラムベースの代表的存在のカクテルで、ラムとライムジュースというシンプルで古くから飲まれ続けているカクテルです。ボジョレー・ヌーヴォーを使いダイキリのように提供するカクテルが「 ヌーヴォ・ダイキリ 」です。 フレッシュで渋味が少なく、フルーティーな味わいが特徴のボジョレー・ヌーヴォーに、ライムジュースの柑橘系の酸味を加えたレシピで、アルコール度数は低めで、爽やかな赤ワインと柑橘系の風味を楽しめる飲みやすいショートカクテルです。

スプリッツァー・ルージュ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 赤ワイン・ソーダ )

白ワインカクテルの代表的存在の「 スプリッツァー 」の白ワインを赤ワインに変更したレシピです。 赤ワインをソーダで割るので、渋味などが緩和され大変飲みやすくなります。 また赤ワインはライトボディでもミディアムボディでもフルボディでも構いませんが、元々そのまま飲むワインをソーダで割るので、お好みによっては薄まるという印象をもってしまう場合もありますので、果実感、渋味、コクが強い「 フルボディ 」をおすすめします。

アップルジャック|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( アップルブランデー・グレナデンシロップ・レモンジュース )

「 アップルジャック 」とはアメリカの古くからあるリンゴを原酒とし、凍結濃縮法と呼ばれる伝統製法でつくられているお酒のことで、現在ではアップルジャック = アップルブランデーとして認知されているようです。 アップルジャックの名前をそのままカクテル名にしているカクテルで、アップルブランデーのフルーティーな甘みに、グレナデンシロップの爽やかな甘み、レモンジュースの柑橘系酸味をアクセントに加えているレシピで、香り、酸味、甘みがバランスよく混ざり合った飲みやすいカクテルです。

ブランデー・フィックス|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ブランデー・チェリーブランデー )

芳醇な香りのブランデーに、チェリーの香りと甘みのチェリー・ブランデー、柑橘系酸味のレモンジュース、そして微量のシュガーシロップを加え、グラスに詰めたクラッシュ・ド・アイスに注ぐというレシピ。 風味自体は材料の中でチェリー・ブランデーが強い主張をもっており、レモンジュースが甘みを抑え飲みやすくしているものの、はじめの香りから後味までやはりチェリー・ブランデーが強く感じられるカクテルです。

オールド・パル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ライウィスキー・ドライベルモット・カンパリ )

「 オールド・パル Old pal 」とは「 古い友人 」や「 懐かしい仲間 」という意味です。世界的に最も有名なカクテルの一つで、古典的なカクテル。 かすかな苦みとスパイシー感が特徴のライ・ウィスキーと、辛みと香りが特徴的なフレーバー・ド・ワインのドライ・ベルモットと、苦みが特徴のハーブ系リキュールのカンパリをそれぞれ同じ分量で割ったレシピです。 辛みと苦みのある甘みに、ウィスキーの芳醇さとハーブの香りが特徴のカクテルです。

ウィスキー・ミスト|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーとクラッシュド・アイス )

ウィスキーをクラッシュ・ド・アイスの中に入れ、レモンの香り付けをしただけのシンプルの中のシンプルなカクテル。 カクテルと言うよりは、「 呑み方 」と言った方が正しいのかもしれません。ウィスキーを楽しむためにロック、水割り、ハイボールなど 様々な呑み方があり、今回のウィスキー・ミストもその数ある呑み方の内の一つと考えていください。 クラッシュ・ド・アイスの中にウィスキーを入れるので、まずはキンキンに冷えたウィスキーを楽しみます、その後徐々にクラッシュ・ド・アイスが溶け、ウィスキーの水割りのような状態になっていくのを楽しむことができます。