CATEGORY

水割り・お湯割り

ウィスキー・トゥデイ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーの水割り )

ウィスキー・トゥデイとは簡単に言うとウィスキーの水割りです。 少し違うのはレモンスライスとシュガーシロップを入れるトゥデイスタイルであること。 お好みでレモンジュースを入れてみたりしても良いかもしれません。 他にはウィスキー自体をスコッチ、バーボン、ジャパニーズなど様々なウィスキーに変えることで、自分好みのレシピを完成させましょう。

グロッグ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説 ( ラムの水割り )

グロッグはとてもシンプルなカクテルで、ミネラルウォーターで割るため、ホワイト・ラムで作ると味気ないです。 なのでベースにはゴールド・ラムかダーク・ラムを使います。 そのゴールド・ラム、ダーク・ラムの風味や味を酸味のレモンジュースを加え原酒を楽しめるカクテルです。 ダーク・ラムとレモンジュースとお湯で割り、お好みで角砂糖。シナモンスティックを入れるのが本来のレシピで、大航海時代の壊血病を視野に入れ後にレモンジュースが加わるようになりました。

トム & ジェリー|カクテルレシピ・作り方・特徴・歴史を解説( ブランデーとダークラムと卵のホットドリンク )

味はブランデーの香り、ダーク・ラムの甘みとコクに、卵白のきめ細やかな泡がまろやかさを加えたカクテルです。 作るのは他のカクテルに比べると、とっても手間ですがクリスマスのような特別の日にはピッタリのカクテルです。 昔このカクテルは、クリスマス・ドリンクとして飲まれていましたが、現在はその風習はほとんどなくなり、何時でも飲むカクテルとなりました( ホット・カクテルなので、殆どが冬でしょうが・・・)

グリーン・レモネード|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( グリーンミントとミネラルウォーター )

ノンアルコールカクテルの部類に属してはいますが、厳密にいうとグリーン・ミントリキュールにアルコールは入ってます。 ただ入れるのは3tsp( バースプーン3杯分・およそ15ml )なので、他の材料を入れると1%程度ほどですが。 ントリキュールをエードスタイルで飲むこのカクテルの味や風味は、レモンジュースの酸味に、爽やかなミントリキュールの香りと味が爽快感をプラスします。良く冷えたグラスに、良く冷やした材料を良く冷えたミネラルウォーターで飲むとことをオススメします。

オレンジ・エード|カクテルレシピ・作り方・特徴を解決( オレンジジュースのノンアルコール )

普段フルーツを絞って飲むより、ペットボトルやパックのフルーツジュースを飲む方が多い方( 殆どの方がそうですが )は特におすすめします。 果物類を自分で搾ったものはとてつもなく美味しいです。 その果実を使ったカクテルもやっぱり美味しいです。 ぜひお試しください。

エッグ・レモネード|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 卵とレモンジュースのノンアルコール )

エッグレモネードは、卵、レモンジュース、砂糖、ミネラルウォーターの材料を使います。 まさに「 卵飲料 」 卵を主役としたレシピで、卵感が強すぎるといった方には、ミネラルウォーターをソーダやトニックウォーターに変えてもいいと思います。 他にもオレンジジュースやグレープフルーツジュースなど自分流に変えてみるのも楽しいです。