CATEGORY

お酒から選ぶカクテルレシピ

アメリカン・ビューティー|カクテルレシピ・作り方・特徴( ブランデーとオレンジジュース、ワインリキュール )

アメリカン・ビューティーとは、数多くある薔薇の品種の中の一つで、アメリカの首都であるワシントンD.Cのスンボルフラワーに指定されている花です。 このカクテルの由来は、おそらくそのアメリカの首都のシンボルフラワーから来ていると思われます。 見た目も、赤い薔薇のように綺麗な赤で、ポートワインを浮かばせているので、グラデーションになっていてとても美しいカクテルです。 ブランデーの風味、ドライ・ベルモットの辛口感、オレンジジュースのフルーティー、グレナデンシロップの甘みが加わり、ポートワインがアクセントとなっているカクテルです。 ポートワインが浮かんでいるため、一口飲むと、ポートワインの次に深みのある甘みが口の中に広がります。

ブランデー・スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ブランデーのソーダ割り )

スプリッツァーの白ワインをブランデーに変更したものが今回ご紹介するブランデー・スプリッツァーです。 スプリッツァーの派生カクテルとして生まれました。 レシピにはグレナデンシロップと記載しましたが、他のフルーツフレーバーに変えてみて、自分の好みを探すのも面白いかと思います。 味は、ブランデーの香りをソーダで割るスタイルで、いわゆるブランデーソーダ割りです。 違いはグレナデンシロップが入っていることで、ザクロシロップの甘みが加わったカクテルです。

アイアン・レディー|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウィスキー・ポートワイン・ドライベルモット )

マーガレット・サッチャーの大好きだったウィスキーをベースに、イギリスで古くから飲まれているポートワイン、辛口を加えるためにドライ・ベルモットを混ぜたカクテルです。 ウィスキーの香りとスッキリとドライな口当たりが特徴的なカクテルで、アルコール度数も高めなので、飲みごたえがあります。 オレンジ・ビターは隠し味的な存在で、ウィスキー、ドライ・ベルモット、ポートワインのつなぎ役として全体を整えてくれています。

ウィスキー・トゥデイ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーの水割り )

ウィスキー・トゥデイとは簡単に言うとウィスキーの水割りです。 少し違うのはレモンスライスとシュガーシロップを入れるトゥデイスタイルであること。 お好みでレモンジュースを入れてみたりしても良いかもしれません。 他にはウィスキー自体をスコッチ、バーボン、ジャパニーズなど様々なウィスキーに変えることで、自分好みのレシピを完成させましょう。

アプリコット・カクテル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 杏のリキュールとオレンジジュース )

アプリコット・ブランデーを代表するカクテルで、飲みやすさ、重すぎない甘みが特徴です。 その飲みやすい甘みのアプリコット・ブランデーをベースに、酸味と甘みのフルーティーなオレンジジュース、酸味が強めなレモンジュース、隠し味的存在のドライ・ジンを少し加えたレシピで、ショートカクテルの中ではアルコール度数も高くなく、とても飲みやすいカクテルです。

イタリアン・スクリュードライバー|カクテルレシピ・作り方・解説( アマレットとオレンジジュース )

イタリアン・スクリュードライバーは杏仁豆腐のような味わいと甘みに、オレンジジュースのフルーティーさを加えたシンプルなレシピで、甘みは強めではありますが、オレンジジュースのフルーティーさが飲みやすくしています。 アマレットとはリキュールの中の一つで、種子系のリキュールに分類されます。 杏の種子を原料としたお酒で、アーモンドのような香りに杏仁豆腐のような味わいがあり、シンプルに( ロックやソーダ割りなど )飲むこができるリキュールです。

エクソシスト|カクテルレシピ・作り方・解説( テキーラとブルーキュラソー )

特徴は何といってもその見た目です。 無色のテキーラにブルー・キュラソーを使う事で、ブルー・キュラソーの青色がそのまま反映されています。 テキーラ独特の風味・アルコール日本人にはエクソシスト( 悪魔祓い )と鮮やかな青との結びつきが理解できにくいかと思いますが、海外で青は憂鬱・恐怖を意味する色とする国もあります。 何時何処でこのカクテルが考案されたかは不明ですが、おそらく青を不吉とする文化がある国の発祥ではないかと思います。のパンチにブルーキュラソーの甘み、レモンジュースの酸味が加わり、後味が良くテキーラの余韻を楽しめるカクテルです。

テキーラ・ソニック|カクテルレシピ・作り方・解説( テキーラとソーダ・トニック割り )

ソニックスタイル でテキーラをシンプルに楽しむカクテルです。 テキーラの独特な香り、風味が全てなカクテルなので、様々なテキーラを試すと面白いっです。 カクテルでよく使われる ビアンコ でもいいし、 少し熟成した レポサド だと口当たり、香りがさらに付いていて、全く違うカクテルになります。 ライムカットを入れると記載しましたが、レモンカットでも美味しく飲めます。 マドラーで少しずつ潰しながら自分好みの酸味を出して楽しんでください。

アイ・オープナー|カクテルレシピ・作り方・特徴・意味を解説( ラムと卵黄の目覚めのカクテル )

アイ・オープナーはラムをベースに、上記のアブサンのハーブ系の香り、オレンジ・キュラソーの甘み、卵黄のコクを加えたレシピです。 アルコール度数は高めで、アルコールのパンチが効いたカクテルです。 アイ・オープナーの名前は目を開けると直訳できます、目覚めの一杯に飲むカクテルに向いているという意味です。 アルコール度数が高いので、必ずしも目覚めの一杯とは言えません。

ジャック・ター|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ラムとフルーツフレーバーリキュール )

このカクテルの特徴は何といってもベースのラムがロリンコ151を指定していることでしょう。 ロリンコは銘柄で、ロリンコの中の一つのラム、例えるとトヨタの中のプリウスといった感じです。 ロリンコ151のラムの中での種類はゴールドで、アルコール度数が75.5%もあり、火を点ければ普通に点火しちゃいます( 飲む際は十分気を付けましょう ) ゴールド・ラムの特徴でもある口当たりの良さと、ロリンコ151のガツンとパンチの効いたアルコール感に、サザンカンフォートのピーチが強めのフルーツの甘い香りにライムジュースの酸味を加えたレシピです。