CATEGORY

その他の割り

ジャック・ター|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ラムとフルーツフレーバーリキュール )

このカクテルの特徴は何といってもベースのラムがロリンコ151を指定していることでしょう。 ロリンコは銘柄で、ロリンコの中の一つのラム、例えるとトヨタの中のプリウスといった感じです。 ロリンコ151のラムの中での種類はゴールドで、アルコール度数が75.5%もあり、火を点ければ普通に点火しちゃいます( 飲む際は十分気を付けましょう ) ゴールド・ラムの特徴でもある口当たりの良さと、ロリンコ151のガツンとパンチの効いたアルコール感に、サザンカンフォートのピーチが強めのフルーツの甘い香りにライムジュースの酸味を加えたレシピです。

キール・インペリアル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 木苺のリキュールとスパークリングワイン )

シンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・フランポワーズの酸味と甘みが飽きの来ない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル Pre-dinner cocktail )としてもおすすめなカクテルです。 キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変え、クレーム・ド・カシスをクレーム・ド・フランポワーズ変えたレシピで、キール・ロワイヤルで使っているクレーム・ド・カシスよりもクレーム・ド・フランポワーズの方が酸味が強いため、甘酸っぱいカクテルになっています。

ビア・スプリッツァー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ビールと白ワイン )

ビア・スプリッツァーは、白ワインベースカクテル、スプリッツァーの派生カクテルです。 スプリッツァーの特徴である爽やかさを、白ワインの酸味とビールの苦みに特徴を変えてはいますが、アルコール度数の低さと炭酸の爽快感はスプリッツァーの特徴を受け継いでいると言えるカクテルです。 もう一つスプリッツァーの特徴として、簡単に作ることができるという点があり、このビア・スプリッツァーもその特徴を持っているカクテルです。 お家でビールを飲んでいる方は多くいます。 たまには違うビールを飲んでみたい方にはおすすめできるカクテルです。

ブランデー・サワー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ブランデーとレモンジュース )

数ある サワー・スタイル の中でも最も古くからあるとされ、最も有名なものがウィスキー・サワーとされています。 今回ご紹介するブランデー・サワーは、ウィスキー・サワーの派生として生まれたカクテルだと言われています。 芳醇な香りが高く、まろやかな口当たりが特徴のブランデーにレモンジュースの酸味が加わり、深くまろやかな味わいとサッパリ感が混ざり合ったシンプルで飲みやすいカクテルになっています。

ウィスキー・サワー|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ウィスキーとレモンジュース )

数ある サワー・スタイル の中でも最も古くからあるとされ、最も有名なものがこのウィスキー・サワーとされています。 ベースのウィスキーは、やはりトウモロコシを原料としたバーボン・ウイスキーをお勧めします。 トウモロコシ原料の甘みとレモンジュースの酸味が加わり、深い味わいとサッパリ感が混ざり合ったシンプルで飲みやすいカクテルになっています。

テキーラ・サンセット|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( テキーラベース )

テキーラの独特なブルーアガヴェの風味に、レモンジュースの酸味、グレナデンシロップ( ザクロシロップ )の甘みをトロピカルスタイルで楽しむカクテルです。 クラッシュ・ド・アイスを使用するため、最初はテキーラのアルコールがガツンと来るかもしれませんが、徐々にそれらは溶けやすい氷と混ざり、薄くなって飲みやすくなっていきます。 見た目はオレンジ色にグレナデンシロップの赤みが混ざり、まさに夕焼けの色を演出したカクテルです。

神 風|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( ウォッカとホワイトキュラソー )

カミカゼの特徴はキレ味の鋭さとライムの酸味とパンチの聞いた高めのアルコール度数です。 ガツンとくるカクテルを飲みたい方や、お酒好きの方には持てこいのカクテルです。 このカクテルの由来は、1945年第二次世界大戦の日本部隊「 神風特別攻撃隊 」通称神風特攻隊です。 考案したのは日本の横浜米軍基地のアメリカ人であり、日本人ではありません。

キール・ロワイヤル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( スパークリングワインとカシスリキュール )

キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変えたシンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・カシスのコクのある甘みが飽きの来ない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル Pre-dinner cocktail )としてもおすすめなカクテルです。 ネーミングの意味は「 王のキール 」。 生まれた当初はクレーム・ド・カシスを25mlくらい入れて甘めのカクテルでしたが、最近では辛口傾向にあり、クレーム・ド・カシス15mlとなっている。

スローテキーラ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( テキーラとスモモのリキュール )

テキーラの独特な風味に甘酸っぱいスロージンと、酸味のレモンジュースを加えたレシピで、甘酸っぱくとても飲みやすいカクテルです。 最後にグラスにさすきゅうりをセロリに変えて飲む・食べるパターンもあります。 お好みで選んでください。 スローテキーラの「 スロー 」は「 投げる( throw ) 」や「 遅い( slow )」などの意味ではなく、「 スローベリー( slow berry )」( すもものこと )スローからきています。 レシピの中にスロージンというすももの皮をジンに浸し、糖分を加えたリキュールを使用していることからこの名前になっています。スロージンはイギリス発祥のリキュールで、日本の梅酒の様に家庭で漬け込んでつくることが多く、とても馴染みのある果実です。