CATEGORY

リキュール ベース

アプリコット・カクテル|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 杏のリキュールとオレンジジュース )

アプリコット・ブランデーを代表するカクテルで、飲みやすさ、重すぎない甘みが特徴です。 その飲みやすい甘みのアプリコット・ブランデーをベースに、酸味と甘みのフルーティーなオレンジジュース、酸味が強めなレモンジュース、隠し味的存在のドライ・ジンを少し加えたレシピで、ショートカクテルの中ではアルコール度数も高くなく、とても飲みやすいカクテルです。

イタリアン・スクリュードライバー|カクテルレシピ・作り方・解説( アマレットとオレンジジュース )

イタリアン・スクリュードライバーは杏仁豆腐のような味わいと甘みに、オレンジジュースのフルーティーさを加えたシンプルなレシピで、甘みは強めではありますが、オレンジジュースのフルーティーさが飲みやすくしています。 アマレットとはリキュールの中の一つで、種子系のリキュールに分類されます。 杏の種子を原料としたお酒で、アーモンドのような香りに杏仁豆腐のような味わいがあり、シンプルに( ロックやソーダ割りなど )飲むこができるリキュールです。

キール・インペリアル|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( 木苺のリキュールとスパークリングワイン )

シンプルなレシピで、爽やかさとクレーム・ド・フランポワーズの酸味と甘みが飽きの来ない味となっていて、食前酒( プレディナー・カクテル Pre-dinner cocktail )としてもおすすめなカクテルです。 キールのレシピの白ワインをスパークリングワインまたはシャンパンに変え、クレーム・ド・カシスをクレーム・ド・フランポワーズ変えたレシピで、キール・ロワイヤルで使っているクレーム・ド・カシスよりもクレーム・ド・フランポワーズの方が酸味が強いため、甘酸っぱいカクテルになっています。

クロンダイク・ハイボール|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( フレーバードワインのジンジャーエール割り )

クロンダイク・ハイボールのベースは、ベルモットと呼ばれるフレーバード・ワインのことです。 白ワインをベースに香草などのハーブや様々なスパイスを使って作られ、スイート・ベルモット(写真右)はさらにカラメル着色し、甘みを足しています。 その両方のベルモットを使い、ワインの香りとベルモット特有の甘みに、レモンの酸味をプラスし、それらをジンジャーエールで割るレシピ。爽やかな甘みと、レモンの酸味、ジンジャーエールの辛みがクセになる美味しさです。

イエーガー・オレンジ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( ハーブリキュールのオレンジジュース割り )

イエーガーマイスターは、ほのかな苦みと甘さ、そして数多くのハーブ・スパイスを調合し、複雑、奥深いコクがあるリキュールで、そのイエーガーマイスターとオレンジジュースというシンプルな組み合わせの深みのあるフルーティーなカクテルです。 レシピには「 フルート 」と記載していますが、材料をグラスに入れて ビルド し混ぜてしまっても美味しく飲めます。

アメリカーノ|カクテルレシピ・作り方・特徴・由来を解説( カンパリとベルモットのソーダ割り )

ハーブ系リキュールのカンパリの苦みと香りに、甘みとコクのスイートベルモットをソーダで割ったカクテルです。 飲みやすさ、飽きの無さ、サッパリ感から、食前酒( プレディナーカクテル Pre-dinner cocktail )として飲むこともお勧めできます。 アメリカーノはその名の通りイタリア語の名前で、イタリア産の材料をアメリカンスタイルにしたカクテルです。 今回ご紹介したレシピは、元のレシピではなく、元々はカンパリを使わずに、ビター・ベルモットを使用していました。 ビター・ベルモットの代用としてカンパリを使用し、このレシピが広く浸透していったため、現在ではカンパリをベースとしたレシピが飲まれています。

アプリコット・フィズ|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( 杏のリキュールのソーダ割り )

杏独特の香りに甘さが加わったリキュールに、酸味のレモンジュースを加えるフィズスタイルのカクテルで、甘みが強すぎずサッパリとした味わいなので飽きが来にくく、食前酒( プレディナーカクテル Pre-dinner cocktail )として飲むこともお勧めできます。 このカクテルに使用するアプリコット・ブランデーとは、杏のリキュールのことで、杏の種や果肉をブランデーに漬け込み糖分を加えたお酒です。 アプリコットのリキュールは、もう一つ杏の果肉、種を粉砕し、発酵させ発酵液を蒸留し、糖分、香料を加えて作るものがあります。

グリーン・レモネード|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( グリーンミントとミネラルウォーター )

ノンアルコールカクテルの部類に属してはいますが、厳密にいうとグリーン・ミントリキュールにアルコールは入ってます。 ただ入れるのは3tsp( バースプーン3杯分・およそ15ml )なので、他の材料を入れると1%程度ほどですが。 ントリキュールをエードスタイルで飲むこのカクテルの味や風味は、レモンジュースの酸味に、爽やかなミントリキュールの香りと味が爽快感をプラスします。良く冷えたグラスに、良く冷やした材料を良く冷えたミネラルウォーターで飲むとことをオススメします。

バナナ・ビア|カクテルレシピ・作り方・特徴を解説( バナナリキュールのビール割り )

このカクテルはビールにもう一つ違いを付けることができるカクテルで、名前の通りバナナリキュールを入れて、バナナの風味を加えたビールです。 リキュールなので甘みも加わり、とても飲みやすくフルーツ感があります。 1杯目のビールではなく、3杯目くらいにむいてるかな、と思います。